犬のデンタルケアを自宅で!方法やおすすすめグッズ

犬のデンタルケアを自宅で!方法やおすすすめグッズ

お気に入りに追加

歯は人間にとっても犬にとっても大切なものです。そんな歯を守るためにぜひ自宅で行って欲しいのがデンタルケア。デンタルケアは自宅でも簡単に行えます。日頃から歯を大切にしていれば、老犬になっても健康な歯でご飯を美味しく食べれる確率が上がります本日は犬にとってのデンタルケアの必要性と自宅でもケアできる方法や便利グッズをご紹介します。

476view

犬にデンタルケアは必要

犬と歯

歯周病予防

デンタルケアの方法とおすすめグッズをご紹介する前にぜひ考えてほしいのが、犬のデンタルケアは本当に必要なのかという点。結論を言いますと、犬のデンタルケアは大変重要で、デンタルケアを怠ってしまうと後々取り返しのつかない病気になることも。

その代表的な病気が歯周病です。歯周病とは歯についた汚れが固まることでできる歯石が、歯茎に炎症をもたらす病気で、ひどい場合は歯が全て抜け落ちてしまう可能性もあります。

病院で行われる歯周病の治療は、歯についた歯石を除去しなければならないのですが、犬の歯石取りは大変で、暴れないように麻酔をかけて行われます。そうなると犬に負担もかかりますし、経済的にも負担が大きくなります。そのような事態を防ぐためにも、日頃から歯ブラシを行い、歯磨きを嫌がるとしてもデンタルケアをしっかりと行うことが大切です。

病気の予防

デンタルケアを行わないと、歯周病になる可能性があるというのは知っている方も多いでしょうが、最近の研究で口内の細菌は歯肉に影響を与えるだけではなく、体の様々な気管に悪影響を及ぼすとわかっています。

上顎を通じて鼻孔に細菌が感染し骨を溶かしてしまう事例もありますし、心臓や腎臓に血流を通して口内の細菌が感染し病気を引き起こすというデータもあります。

デンタルケアを行っていても、個体によっては口内細菌の影響で病気を引き起こす可能性はありますが、デンタルケアを行わない場合と比べると確率は大変低くなります。愛犬の健康を守るために、飼い主は出来る限りのことをしてあげましょう。

食欲の低下を防ぐ

デンタルケアを怠り、歯周病などが進行し歯がなくなってしまうと犬は食べ物を噛むことができなくなります。最近では歯が悪い犬でも食べれるような流動食やペースト状の餌もありますが、やはり自分の歯で噛みながら食べないと食べる気がしない子は多いようです。もちろん、個体差にもよるでしょうし犬によっては、流動食でも美味しく食べられる場合もあります。

しかし、犬は本来噛む食感も食事の楽しみであることが多いのでやはり出来るならばデンタルケアを日頃から行い、自分の歯で美味しく餌を食べれるようにしてあげましょう。

デンタルケアが必要な犬

犬と歯

歯周病と診断されている犬

すでに歯周病であると診断されている犬は、今からでもデンタルケアを行う必要があります。「すでに歯周病になっているのだから、今さらデンタルケアをする意味はあるの?」と思っている方。歯周病は進行をすると大変なことになります。

歯周病を患ったとしても、早期発見であれば正しい治療とホームケアによって、それ以上の進行を防ぎ歯が抜けるなどの重篤な症状を防げるかもしれません。歯周病と診断をされたからこそ、早急なデンタルケアが必要になるのです。

歯石が溜まっている

犬の歯を見たときに、歯石が溜まっているのが見えるようならばデンタルケアを行うことをおすすめします。歯垢が固まることでおこる歯石は歯周病の原因となます。本当は歯石となる前に、しっかりとデンタルケアを行うことが大切なのですが、口の中を見たときにすでに歯石となっているならば、早めにデンタルケアを行いそれ以上の悪化を防ぐことがおすすめです。

最近では犬の歯石取り薬などもあり、市販で購入も可能です。歯石を放っておくと死肉を炎症させ予想以上に悪化する可能性がありますので、早めに対処をするように心がけましょう。

口臭がきつい

デンタルケアを行う目安としてぜひ知っておいて欲しいのが口臭です。口臭は歯の間に食べカスが挟まっていたり歯垢が残っていたりすることで、臭いがきつくなります。つまり、歯周病などの原因となる細菌が口の中で繁殖をしている可能性があるということです。口臭ケア用のアイテムや口臭予防の歯磨きなどを使えば、口臭を防いでくれますので、口の匂いが気になった場合は、デンタルケアを検討してみましょう。

お家で出来る犬のデンタルケアの方法

犬と歯

歯ブラシでブラッシング

デンタルケアを行う場合、最もポピュラーな方法が歯ブラシでケアをすることでしょう。歯ブラシは犬用のものもありますが、子供用の小さな歯ブラシを使っても良いでしょう。

歯ブラシを選ぶポイントは歯の内側までしっかりと磨けるかという点です。表側は簡単に磨けますが、歯の内側はかなり磨きづらく時間もかかってしまいますので、愛犬も嫌がってなかなか磨けません。

歯ブラシを使ってデンタルケアを行う場合は、自分の手に収まりやすく、使いやすいものを選ぶようにしましょう。歯ブラシを使うのが難しいならば、指で磨くアイディア商品を使うのがおすすめです。

ペット用歯ブラシ

ペット用歯ブラシ, KIMINO 【ペットのデンタルケア♪】 犬用歯ブラシ ペット用 指歯ブラシ ブラッシングで口腔ケア シリコン製 歯磨き 収納ケース1個付き[6個セット]
1,180円(税込)

指につけるタイプの歯ブラシですから使いやすく、歯ブラシを嫌がる子でもスムーズに受け入れてくれやすいと、口コミで人気の商品です。通常の歯ブラシではうまく磨けないと悩んでいる方は、ぜひ試してください。

どうしても歯みがきをすると口を閉じてしまうという場合は、口を閉じないように固定するデンタルコルセットもありますので、合わせて使用すると効率がよくなります。

歯みがきジェルを使う

歯をゴシゴシと磨くのが苦手というならば、ジェルを歯につけるだけでケアが出来る商品がおすすめです。指にジェルをつけてそのまま愛犬の歯に塗るだけで使える簡単な商品ですし、歯ブラシを普段からしている場合でも歯ブラシにつけてから行えばケアの効果がアップします。

ペットキッス

ペットキッス (PETKISS) 歯みがきジェル リーフの香り 40g
438円(税込)

こちらは歯みがきジェルの中でも人気ランキングが高いオススメの商品です。使いやすく、使用後は口臭もスッキリすると話題になっています。

おやつでデンタルケアをする

犬が大好きなおやつでデンタルケアをする方法もあります。デンタルケアをしてあげたいけれど、歯みがきをするのを嫌がるし、口の中に指を入れられるのも拒否するためジェルを塗ることもできない。そんな悩みを抱えている方は、おやつを食べることでデンタルケアが手軽に出来るものがおすすめです。

グリニーズエイジングケア 歯磨き専用ガム

グリニーズ グリニーズ エイジングケア 超小型犬用 2-7kg 60P 歯磨き専用ガム デンタル おやつ
3,050円(税込)

こちらは噛むことで歯垢を除去し、口臭まで予防をしてくれるおすすめ商品。様々な健康食品を出しているグリニーズのおやつという点も信頼が厚く、人気の高いポイントとなっているようです。

おもちゃでデンタルケアをする

遊ぶことが大好きならばおもちゃで遊ぶだけでデンタルケアができる商品もおすすめです。おもちゃを噛むことで、歯垢を除去してくれるため、遊んでストレス解消もできる優れもの。

LaRoo犬のおもちゃ

LaRoo 犬おもちゃ ドーナツ型 デンタル玩具 耐久性 ストレス解消 ドッグおもちゃ 小中大型犬用 (グリーン)
1,750円(税込)

最近のおもちゃランキングでも上位に入っているこちらのおもちゃは、見た目もおしゃれで噛ませて遊ぶだけではなく、投げたり、キャッチさせたり、引っ張り合いっこをしたりと、使い方がたくさんあるおもちゃです。デンタルケアだけではなく、新しいおもちゃとしての機能性も求めるならばぜひおすすめです。

犬のデンタルケアができるサプリを活用する

犬と歯

デンタルケアとして使うならばサプリメントもおすすめです。最近では犬用のサプリメントも充実しているため目的にあった商品を簡単に探せます。歯石を押さえるサプリメントをお探しならばこちらがおすすめ。

プロデン デンタルバイツ犬用

プロデン デンタルバイツ犬用
1,446円(税込)

アメリカの専門機関から認定された効果で、摂取することで歯垢や歯石の付着を減少させる働きがあるサプリメントとして話題をよんでいます。サプリを与える際は、できるだけ水を摂取する方が良いとされていますので新鮮な水を用意することを忘れないでくださいね。

口腔内の衛生を守るサプリメント

普段の歯みがきが苦痛だと感じている飼い主と飼い犬にぜひおすすめしたいサプリがこちら。

マインドアップ 犬康ケア口腔衛生サポートサプリ

マインドアップ 犬康ケア 口腔衛生サポートサプリ
1,944円(税込)

歯ブラシなどの器具を使用せずにサプリのみで口腔ケアができる商品として開発されたこちらは、食事に混ぜるだけで使用可能。もちろん、歯に直接塗っても構いません。口腔内の細菌を除去し健康な歯を守るサプリメントをぜひ活用ください。

犬のデンタルケアを獣医さんにお願いする

犬と医者

犬のデンタルケアを獣医師にお願いすることも可能です。施術内容はその犬の状態によって異なりますが、あまりにも歯石が溜まっているようならば歯石取りが行われます。通常であれば麻酔をして行われるのですが、最近では犬に麻酔をかけることへの負担を考慮して無麻酔で行う場合もあります。

しかし、無麻酔で歯石取りを行うと、麻酔時のように完全に歯石を除去できないだけではなく、犬の体に負担をかけるのではと異議を唱える獣医師もいます。麻酔をかけて行うのか、無麻酔で行うのか、それとも歯石取りは行わず、薬や家庭でのデンタルケアで様子を見るのかはその獣医師によって判断が分かれますので、ぜひ自分の考えに合った信頼できる獣医師に相談をしましょう。

金額

デンタルケアの金額は、どのような施術を行ったかによって金額が大きく変わります。例えば、麻酔を行えばそれだけ高額な金額がかかりますし、逆に歯石取りなどはせずにデンタルケアの指導だけであれば診察料のみになることもあります。

ただ、歯石取りを行うのであれば2~4万円ほどの治療費は覚悟をしておきましょう。逆に指導だけやフッ素を塗るだけで終わるならば3千円程度で終わることもあります。どうしても、病院での金額が気になるようならばあらかじめいくらかかるかというのを問い合わせてから、診察を受けるようにしましょう。

まとめ

犬と歯

犬のデンタルケアは歯の健康だけではなく、体全体の健康にもつながる大変重要なことです。犬のデンタルケアを怠ると、それだけで取り返しのつかないことになるかもしれません。口の中を見たときに少しでも気になる部分があるようならば、早めに獣医師に相談をし、早期治療や早期ケアを行うように心がけましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。