犬が食べても大丈夫な魚介類8つ

【獣医師監修】犬が食べても大丈夫な魚介類8つ

お気に入りに追加

犬が食べても大丈夫な8つの魚介類、その魚介類に含まれている栄養素、その栄養素に期待することができる効果についてご紹介しています。

9508view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬が食べても大丈夫な魚介類①「鮪(マグロ)」

焼き魚を食べようとしているビーグル

犬にマグロを与えるときは、脂肪分が少ない赤身の部分を与えましょう。マグロの赤みにはタンパク質や良質な脂質が豊富に含まれています。新鮮なマグロであれば生のまま与えても良いと思いますが、茹でるなど加熱してから与えることをおすすめします。

犬が食べても大丈夫な魚介類②「鱈(タラ)」

鱈の切り身、白い背景

タラは脂肪分が少ない白身のお魚です。タラに多く含まれているビタミンDには、カルシウムの吸収を促進するという効果を期待することができます。焼いたり茹でたりなど加熱したものを与えるのがおすすめです。生のタラは与えない方が良いでしょう。

犬が食べても大丈夫な魚介類③「鯵(アジ)」

白いお皿に並んだ三匹の鯵

DHAやEPAなどの健康の促進や維持に良いとされている栄養素を豊富に含むものとして有名なアジは、犬の健康と美容にも良い食材です。愛犬の健康と若々しさ、被毛の美しさなどの維持に役立てることができます。アジの干物は塩分が非常に高く、犬に与えるものとしては相応しくありません。味付けがされていないものを購入し、加熱したら皮と小骨をしっかり取り除き、ほぐした身を与えましょう。

犬が食べても大丈夫な魚介類④「鰈(カレイ)」

焼かれている二匹のツノガレイ

カレイは消化が良く、脂肪分が少なく、タンパク質を豊富に含むお魚です。小骨が非常に多いため、加熱した後にしっかりと取り除いてから、ほぐした身を与えましょう。

犬が食べても大丈夫な魚介類⑤「鮭(サケ)」

鮭の切り身、刺身

サケに含まれているオメガ3系脂肪酸は犬の皮膚や被毛の健康と美しさをサポートする効果を期待することができます。しかし、サケは脂肪分が多く、カロリーも高いですので与える量に注意しましょう。味付けされていないサケを加熱してから与えましょう。 また生で与えるのはひかえましょう。

犬が食べても大丈夫な魚介類⑥「秋刀魚(サンマ)」

焼かれている三匹の秋刀魚

サンマに含まれているDHA・EPAには老化を予防する効果を期待することができ、犬の健康と若々しさの維持に役立てることができます。犬にサンマを与える場合には、丸ごと焼いてから小骨をしっかりと取り除き、ほぐした身を与えましょう。

犬が食べても大丈夫な魚介類⑦「鯖(サバ)」

二匹のマサバ、白い背景

サバには多くのミネラル類が含まれています。その中でもセレンには強力な抗酸化作用があり、犬のアンチエイジングにも効果を期待することができます。セレンはタンパク質と結合することで吸収力を高めることができるため、良質なタンパク質と一緒にサバを与えるのがおすすめです。

犬が食べても大丈夫な魚介類⑧「鯛(タイ)」

葉の上に並べられた二匹の鯛

タイは消化が良く、脂肪分が少なく、タンパク質を豊富に含むお魚です。サッと湯がく程度でも良いので、加熱してから与えましょう。骨をしっかり取り除き、身をほぐしてあげましょう。タイはヘルシーなお魚なので、間食やおやつとして与えるのもおすすめです。

あまり与えない方が良い魚介類

魚介類(貝・カニ・エビ・レモン・グリーン)

  • 海苔
  • ワカメ
  • ひじき
  • しらす

健康に良さそうなイメージのある食材ばかりですが、犬にはあまり与えない方が良い食材です。

海苔

海苔を与えるときは味付けされていないもので水でふやかしたものが良いです。乾燥した海苔は口の中に張り付いてしまいます。味付けされた海苔は糖分や塩分が多いです。

ワカメ

食物繊維を豊富に含むワカメですが、犬に与えるには食物繊維が多すぎるため未消化になりやすいです。

ひじき

カルシウムを豊富に含むひじきですが、犬に与えるにはカルシウムが多すぎるため尿石症などになりやく体調を崩す場合もあるので注意が必要です。

しらす

生のしらすも乾燥させたしらすも塩分が高すぎます。塩分をギュッと濃縮させているからです。少量でも犬の健康を害する恐れがあります。

与えてはいけない魚介類

  • イカ
  • タコ
  • エビ
  • カニ
  • ウニ
  • ウナギ
  • ホタテ
  • カキ

これらの魚介類は犬の健康を害する恐れがあるため、与えてはいけない食材です。魚介類は消化が悪いものも多く、下痢や嘔吐の原因になりやすいためです。

まとめ

魚とぼんやり写る背景の犬

犬が食べても大丈夫な魚介類(主に魚)を8つご紹介しました。どんなに新鮮なお魚であっても、犬に与えるときはしっかり加熱してから与えることをおすすめします。また、味付けされていないものを与えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。