犬の食事にオイルを取り入れよう!主な種類とメリット

犬の食事にオイルを取り入れよう!主な種類とメリット

お気に入りに追加

油分の摂りすぎは肥満の元、健康を害するというイメージは誰にでもあるかと思います。しかし、適したオイルを適量摂取することは、むしろ健康増進につながることがわかっていて、これは犬にも当てはまる部分があります。そこでこの記事では、犬に対するオイルの効果について詳しくご説明いたします。

2278view

オリーブオイル、亜麻仁油、ココナッツオイルなど、人間の健康に良いと推奨されるオイル食品が近年多く販売されています。実際に毎日、健康のためにと摂取されている方も多いのではないでしょうか。

私たち人間はもちろんですが、愛犬家としては犬の健康にも気を遣ってやりたいもの。なるべく健康に長生きすることを願う方がほとんどでしょう。では、人間にとって健康を増幅させるオイル類は、犬にとってはどう影響するのでしょうか。

犬と油

ココナッツオイルと子犬

犬に油分を与えると聞くと、少し悪いイメージが湧きませんか?確かに油の摂りすぎは、犬の膵臓に大きな負担がかかり、獣医師への相談が必要となりますが、これは多量の油を飲んだり舐めたりしてしまった場合。適度な量であれば問題はありません。実際、ドッグフードには油が使われているものが多く、被毛や皮膚の健康を保つ役割をしています。ドライフードは、見た目もテカテカと艶のあるものが多いですね。

ただし、この油は空気に触れると酸化し、劣化してしまいます。劣化した油は体に悪く、動脈硬化や活性酸素増加の原因となることも。ドッグフードの開封後はなるべく空気に触れないよう、保存方法に工夫が必要です。

健康のための油

舌なめずりをするダックスフンド

スーパーフードといった健康食材がブームを起こし、様々なオイル類が人間の健康に良いと指示されるようになりました。テレビやメディアでも、ダイエットや病気予防にと、よく取り上げられていますね。では、こういったオイル類は、犬にとってはどうなのでしょうか。

結論を言うと、人間にとって体に良いとされるオイルには、犬にとってもメリットがあるものが多く、与え方に気を付ければ、犬の健康増進にもつながり得ます。

ここで犬に摂取させて良いオイル類を紹介します。それぞれ与えるのは、人間と同じもので構いませんが、多くても一日に小さなスプーン一杯分程度にしましょう。小型犬なら小さじ半分または4分の1程度でも良いようです。愛犬の様子を見ながら、フードにかけるなどして少量を与えます。また、オイルは酸化しやすいので、封を開けてから時間が経ったものは避けましょう。

亜麻仁油

亜麻仁油

亜麻仁油には、必須脂肪酸が含まれています。必須脂肪酸とは、体内では合成できず、食事から摂らなければならない脂肪酸のこと。さらにこの必須脂肪酸は、オメガ6と呼ばれるものと、オメガ3と呼ばれるものに分かれます。

どちらも健康を保つために必要なですが、オメガ3脂肪酸は、犬用のフードにはほとんど含まれていません。そして、そんなオメガ3脂肪酸を多く含むのが、亜麻仁油です。効能としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 癌の発生を抑制
  • 血液をさらさらにする
  • 脳や神経の働きを助ける
  • アレルギー抑制
  • 被毛や皮膚を美しく健康に保つ

ココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、スーパーフードとして身近になったオイルですが、中鎖脂肪酸を多く含みます。これは、肝臓機能のサポートや脂肪燃焼効果を持つと言われています。ただ、与えすぎると逆に肝臓への負担となる場合があるようなので、適量を守りましょう。効能は以下のようなものが挙げられます。

  • 心臓病予防
  • 脳機能低下を抑える
  • 関節を守る
  • 臭いの軽減
  • 被毛や皮膚を美しく健康に保つ
  • 抗菌、抗ウイルス
  • 消化や栄養素の吸収を助ける

オリーブ油

オリーブ油

オリーブオイルは、ビタミン類の他にオレイン酸を含みます。動物性の脂質は体内で固まってしまうのですが、オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つであり、体内で固まらないのが特徴です。血中の中性脂肪やコレステロール値の調整に役立ちます。与えすぎは下痢の原因になるので注意。効能は以下のようなものが挙げられます。

  • 抗酸化作用
  • 免疫力の向上
  • 脳のアンチエイジング
  • 被毛や皮膚の健康維持

適した与え方で健康生活を

オリーブオイルを使って料理をする人と犬

犬とオイル類の効果について書いてきましたが、身体に良いと言われる健康食品であっても、スーパーフードであっても、適切な条件で与えることが大切です。どんなものでも、与えすぎは良くありません。

犬にオイル類を与えるときは、個体の健康状態や体質を鑑みた上で、適切な種類のものを適量与えるようにしてください。また、初めて与えるときはごく少量から与え、しばらく様子を見るようにしましょう。一部、健康に良いオイルを用いた犬用のおやつもありますので、試してみるのも良いですね。

上手くオイルを用いることで、愛犬の健康も飼い主さんの健康も保てるよう、努めていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 あんず

    愛犬のフードにはひまわり油大豆油フィッシュオイルが入っているのですが、膀胱炎になりかけたことから、より抗酸化作用がある亜麻仁油を取り入れています。
    朝晩のご飯にほんのすこしだけオイルを垂らしてあげています。
    匂いもなく抵抗なく食べてくれます。
    目に見えて変わるというわけではありませんが、引き続き食べさせて行くつもりです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。