ブラッシング好きな犬にする方法とは?3つのステップで解説!

ブラッシング好きな犬にする方法とは?3つのステップで解説!

お気に入りに追加

ブラッシングは犬の皮膚の健康の為にも必要不可欠な事ですが、ブラッシングが大好きなワンコになるには、飼い主さんの根気が大事になってきます。この記事では6歳で家の子になったブラッシング嫌いのシーズーに実践した方法を説明します。

3562view

ブラッシングは毛並みが綺麗に見えるようにする以外にも、ノミやダニの予防や血行促進等、健康の維持にも効果があり、長毛種のワンコは毛玉ができないためにも必須のお手入れです。ブラッシングが大好きな子になるために、お家にやって来たその日から頑張りましょう。

ステップ1 まずは手で触れるように

病院で獣医師に診察されている犬

まずは、皮膚の状態が悪かったり関節等に炎症を起こしたりして触ると痛い場所がないかを、獣医さんに診てもらいましょう。また、既に毛玉だらけのワンコはサロンや病院で短くカットしてもらい、お手入れしやすい状態にしましょう。

最初は、手でどこを触っても平気な子にしましょう。パピーちゃんは、遊びの延長で全身を触り、慣れさせます。
成犬の場合は、どこを触られるのが嫌なのか、どこを触ると喜ぶのかを確かめます。触られて嫌な場所には、指先でチョンと触れてすぐに「触らせてくれてありがとう」とお礼を言っておやつをあげるのを繰り返し、少しずつ触られることに慣れさせていきましょう。

指先で平気になったら、指を2本にしたり触れる時間を1秒から2秒に増やしたりして、徐々に慣れさせていきましょう。ここで焦るのは禁物です。また、一日に何度も嫌な場所を触られるとストレスになりますので、1~3度程度に留めておきましょう。

触られるのがただ単にイヤなのではなく、トラウマ等で触られることに恐怖を感じている場合は、専門家に相談して、自分のワンコに合った慣らし方を見つけていきましょう。

ステップ2 ブラシでタッチ

ブラッシングされている犬

初めて使用するブラシは、ソフトスリッカーやラバーブラシ、豚毛ブラシ等を選びましょう(スリッカーブラシは、飼い主さんも愛犬もある程度お手入れに慣れてからの方が良いと思います)。ステップ0と同時進行でステップ1をしても大丈夫です。

パピーちゃんや若いワンコは、体力が有り余ってるとブラシにじゃれてきたりしますので、ブラッシングを始める前は散歩や遊びで疲れさせたりしておくと良いです。

パピーちゃんは、背中部分をサッとブラシでひと撫でして、すぐに「良い子だね」と褒めながらおやつをあげます。これで、一日目のブラッシングはおしまいにします。いきなりたくさんすると、ブラシが苦手になってしまうので最初は少しずつ慣らしていきましょう。

成犬の場合は、触られて平気(好き)な場所をブラシでひと撫でして、「良い子だね」と褒めながらおやつをあげます。パピーちゃんと同じく、最初はそれでおしまいにしましょう。ひと撫でもできない場合は、ブラシを少しだけ当てるのみにしましょう。

ブラシ自体が嫌いで、ブラシを見るだけで嫌がる子は、ブラシを見せてすぐおやつをあげるという所から初めていきましょう。

ステップ3 徐々に全身に

女性にブラッシングされている犬

ブラシでひと撫でできるようになったら次の日は2回で、その次は3回と少しずつブラシ量を増やしてきましょう。足やお腹、お尻周りは過敏で触られるのは平気でも、ブラシは嫌な子も多いので、とにかく焦らずゆっくり褒めながらやっていきましょう。どうしても嫌がる場所は、ブラシを少し当てて褒めるを繰り返すと良いでしょう。

全身をブラッシングできるようになったら、今度はおやつを上げるペースを減らしていきましょう。今まで、ひと撫でごとにおやつをあげていたので2回ごとにあげるようにと減らしていきます。うちでは一週間ごとに減らしていきました。

最終的には、ブラッシングを終えたらのご褒美のみになるくらいに減らしましょう。ただ、時々はひと撫で事におやつをあげる日を作ったり、苦手だった場所をブラシしたときにあげたりする日を作ると良いです。時々おやつが出てくることで、ワンコが「今日のブラッシングでは、おやつが出るかな」と楽しみにしてくれるでしょう。

一度のおやつの量は?

飼い主の手からオヤツを食べる犬

一度のおやつの量は、手の小指の爪の先ほどで十分です。また、食べるのが大好きな子はフード一粒で十分です。犬の大きさや年齢、体調に合わせて量を調整してください。

そして、ブラシに慣れたらおやつを徐々に減らすという過程は必ず行ってください。おやつを上げ続けると、おやつがないとブラシをさせてくれない子になる可能性もありますし、健康にも良くありません。

最後に

ブラシを咥えて見つめる犬

時間は掛かりますが時間を掛けた分、愛犬はブラッシングが大好きになるでしょう。決して、嫌がる子に無理やりにはしないでください。そして、毎日根気よくブラッシングに慣れさせていきましょう。ブラッシングに慣れた後も、飼い主か愛犬どちらかが体調を崩すなどしない限りは毎日必ず行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。