犬の後脚に起こるレッグペルテス病とは

【獣医師監修】犬の後脚に起こるレッグペルテス病とは

お気に入りに追加

犬の大腿骨に起こる病気、レッグペルテス病。聞きなれない名前ですが、人気のトイプードルにもよく見られる病気です。この記事では、レッグペルテス病について、病気の早期発見のために知っておきたい情報をご紹介して参ります。

5786view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

レッグペルテス病という病名をお聞きになったことはあるでしょうか。犬に起こる後脚の病気であり、特に人気のある小型種に多く見られるものです。

散歩や駆けっこなど、動く事が好きな犬にとっては、かなりの不自由を強いられる病気であり、また痛みが出るケースもあるため、飼い主による早期発見と病院での適切な治療が求められます。

しかし病気を早期発見するためには、まずは知識を持っておく事が必要。症状を知らなければ見逃してしまうこともあります。そこでここからは、レッグペルテス病について、概要や症状、治療方法など詳しくご説明いたします。

レッグペルテス病とは?

犬の後ろ足

レッグペルテス病とは、別名として「大腿骨頭壊死症」とも呼ばれ、犬の後ろ足にある大腿骨への血液の流れが滞り、結果大腿骨頭部分に変形や壊死、骨折などの障害が起こるという病気です。

片脚だけに見られる事が多いですが、両脚に発症する事もあります。レッグペルテス病は、特に小型犬の発症確率が高く、その中でもパピー期の個体に多く見られる病気です。

レッグペルテス病の症状

階段を下りる犬

大腿骨部分の病気であるため、歩行に異常が見られるようになります。具体的には、足を引きずったり庇うようにして歩いたり、力が入らないような様子が見られたりします。他にも、下半身の痛みにより触られるのを嫌がるなどの様子が。普段通りの運動や散歩をすることはできません。

元気がなくなったり、食欲が低下したり、座っている事が多くなったりと、日常生活の中で変化が出てくるので、愛犬の様子をよく観察しておきましょう。少しずつ症状が進行する場合と急に発症する場合があるので、何か異常が見られたらすぐ病院へ。

レッグペルテス病の原因

トイプードル

はっきりとした原因は不明ですが、大腿骨の結束部分にある血管が傷つくことで起こるとされています。また、遺伝的な要素が大きいともされており、発症率の特に高い犬種として下記のような種が挙げられます。

  • トイプードル
  • ウェストハイランドホワイトテリア
  • ポメラニアン
  • ヨークシャーテリア
  • ミニチュアピンシャー etc.

予防方法

犬触る手

レッグペルテス病については不明な部分がいまだ多く、具体的な予防方法は存在しません。日常的に犬の様子に目を配り、異常がないかチェックすることが必要です。

治療方法

獣医と犬

内科的治療

症状が比較的軽い場合は、抗炎症剤や鎮痛剤を投薬するなど内科的な処置を行います。また運動を制限し安静に過ごさせるようにします。しかしこれらは根本的な治療にはならず、進行する可能性もあるため、様子によっては外科治療へと切り替えます。

外科的治療

手術による治療。原因となる骨頭部分を切除します。術後にはリハビリが必要ですが、正常に歩けるようになる確率が高く、根本的に病気を治す事ができます。リハビリは無理をさせないように行い、適切なマッサージなどを織り交ぜるのも良いでしょう。稀に後遺症が残ることもあるので、早期治療が何よりも大切です。

愛犬の様子をよく見ておこう!

いつまでも走り回れるように

犬は走り回るのが大好きな動物。歩行が不自由になってしまうと、ストレスの原因にもなります。何かいつもと違うなと感じたら、些細なことでも詳細をメモしておき、信頼できる獣医師に相談しましょう。どんな病気でも早期発見早期治療が病気の回復に最も有効となるのです。

小型犬を飼われている方は特に注意してあげましょう。日頃から愛犬の様子をよく観察し、体調変化に気をつけて、いつまでも健康に運動させてあげられるよう努めたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。