犬が飼い主から離れて座るときの心理5つ

犬が飼い主から離れて座るときの心理5つ

お気に入りに追加

この記事では「犬が飼い主から離れて座るときの心理」というテーマで、ワンちゃんが飼い主さんから離れて座っている時、一体どんな気持ちなのか?ということを調べてみました。「いつも近くにいるのが好きだけど、どうして離れて座っているの時があるのかな?」という疑問にお答えできるかもしれません。是非、チェックしてみてくださいね!

8294view

飼い主から離れて座るときの心理1:安心している

伏せるダックスフントの背景に親子

飼い主さんの近くで過ごしていたワンちゃんが、フッと立ち上がって遠くの方に座りに行くことがあります。
一見、飼い主さんのことが嫌になったから離れたいのかな?なんて印象を受けますが、飼い主さんのことを信頼しているからこその行動なんです。
「飼い主さんが守ってくれる」「離れていても大丈夫と感じている」ので、ポジションを変えたくなったタイミングで飼い主さんから離れて座ることがあります。

飼い主から離れて座るときの心理2:静かに過ごしたい

ソファーに座るビーグル犬

飼い主さんや家族が大きな音でテレビを見ていたり、大きな声でおしゃべりをしていたりする場合、静かな所で休みたいタイミングのワンちゃんは、飼い主さんから離れて過ごすでしょう。

ワンちゃんが休み終わったり、飼い主さんたちが静かになったりしたら戻ってくる場合、このような「静かに過ごしたい」心理からの行動だったと言えます。

飼い主から離れて座るときの心理3:お気に入りの場所に居たい

白いソファーに座るジャックラッセルテリア

ワンちゃんがいつも休んでいる定位置や、お気に入りの寝床が飼い主さんがいる位置から離れた所にある場合、飼い主さんから距離があってもそこに居たい気持ちが勝るとき、「離れて座る」という行動を取る場合があります。
飼い主さんと離れていても安心できる関係性なので、嬉しいことですね。

飼い主から離れて座るときの心理4:様子を伺っている

ソファーに座っている黒いフレンチブルドッグ

飼い主さんに怒られた場合や、飼い主さんの機嫌が悪い場合などに、離れた所からオスワリの状態で飼い主さんの様子を伺っていることがあります。
飼い主さんのことをよく見ている気を遣うタイプのワンちゃんがよくするようで、飼い主さんに笑顔が戻ったり、優しく呼ばれたりすれば、すぐに近くで過ごすようになるのが特徴です。

飼い主から離れて座るときの心理5:何か見たいものがある

窓の外を見る白い犬の後ろ姿

窓や外が見える場所の近くで、外を観察することが好きなワンちゃんも多いですよね。
窓辺などのお気に入りの場所が、飼い主さんがいる場所から離れた所にある場合、飼い主さんの近くから窓辺に移動して座っていることがあります。

誰かが家に返ってくる時間になると、窓辺に移動して座っているワンちゃんや、外で気になる音がしたときに様子を見に行くために、「飼い主さんから離れて座る」ことが例として挙げられます。

まとめ

陽だまりで寝ている茶色いチワワ

いかがでしたでしょうか?犬が飼い主から離れて座るときの心理として、

  • 安心している
  • 静かに過ごしたい
  • お気に入りの場所に居たい
  • 様子を伺っている
  • 何か見たいものがある

の5つの例を挙げてきました。
愛犬や周りのワンちゃんに当てはまりそうな気持ちはありましたでしょうか?

多くは「離れていても安心できる」と感じているからこその行動でしたね。
愛犬が離れていっても(物理的距離の場合)飼い主さんのことを嫌いになったわけではないので、そっとしておいてあげることが大切かもしれませんね!

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。