いつものご飯にちょい足し!ドッグフードのトッピングにぴったりな食材5選

いつものご飯にちょい足し!ドッグフードのトッピングにぴったりな食材5選【獣医師監修】

お気に入りに追加

ドッグフードだけではあまり食べてくれない…そんな時、いつも与えるドッグフードにほんのちょっぴりトッピングをしてみましょう!今回は、そんな「ちょっぴりトッピング」に最適な食材を5つ、ご紹介したいと思います!

5607view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

ドッグフードのトッピングにオススメの食材5つ

ごはんを見上げいる犬

1.鶏肉

鶏肉は、部位によって様々に使い分けができる食材です。
ササミや胸肉はカロリーが低く、たんぱく質も豊富です。もも肉は、適度に油分もあり、その分、カロリーも高くなってしまいますが、食べ応えもあります。

また鶏肉をゆがいたスープも、ドライフードをふやかして与えても良いでしょう。

2.ヨーグルト

ヨーグルトの写真

発酵食品であるヨーグルトは腸内環境を整えます。それだけではなく牛乳由来の食品でもあるため、たんぱく質、カリウム、ビタミンなども含まれています。愛犬にヨーグルトを与える時は必ず砂糖の入っていないものを与えましょう。ただし、あたえすぎは気を付けましょう。 また、乳製品に対してアレルギーを起こしたり、体調を崩す子もいますのであげる際は注意しましょう。

3.魚粉

フィッシュミールとも言われている魚を原材料とした粉です。

犬の体は植物性のたんぱく質よりも、動物性のたんぱく質の方が吸収率が高いので、肉同様、魚も犬にとってとても優れた食品と言えます。また、魚には老化の進行を遅らせる栄養素も含まれています。

4.大豆製品

大豆の写真

薄揚げ、豆腐、きなこ、豆乳などの大豆製品も、ちょい足しトッピングとして手軽に使える食品です。大豆食品には、腸内環境を整える、老化を抑制する抗酸化作用がある悪玉コレステロールを減らすなど、優れた働きがあります。

ゆでた大豆をすりつぶしたもの、豆腐を軽く潰したもの、砂糖抜きのきなこなどが、ドッグフードのトッピングとして使えます。

5.キャベツ

キャベツの写真

キャベツは、ゆがいたものでも、生のものでもどちらでも構いませんが、生のままだと消化がうまくできず下痢になったりする子もいるので、ゆがいたもののほうがいいかと思います。
また加熱したものをトッピングすると、キャベツに含まれているβカロテンという栄養素が吸収されやすくなります。

食事の材料としてドッグフードにトッピングするほかに、体重のコントロールが必要な愛犬のおやつとして、もしくはかさましの食材として与えることもできます。ただし、キャベツも尿石の原因になる場合もあるので、注意しましょう。

ドッグフードにトッピングをする時の注意点

ドッグフード

初めての与える食材を一度に大量に与えない

乳製品や大豆製品はアレルギーを起こす要因を含んでいる食材です。それ以外の食べ物でも、初めて与える時は少量から始めて、その食べ物によって体調の異変が起こらないかどうかを確かめながら、量を少しずつ、増やすようにしましょう。

トッピングとして使用する食材を主食にしない

今まで、あまり美味しそうに食べなかった愛犬が、トッピングをすることで喜んで食べるようになると、飼い主として嬉しく思いますが、だからといって、あくまでトッピングの量と主食のドッグフードの量を逆転させてはいけません。

もし、このトッピングの量を増やしながら、完全手作り食に移行していくのであれば、トッピングの量を増やすのではなく、トッピングの種類を増やして様子を見ながら進めていく必要があります。

偏食する傾向が見られたら一旦中止する

トッピングだけを食べ、ドッグフードを残すようになったら、栄養が偏るか、栄養が不足してしまいます。もしトッピングだけを食べる、と言った偏食をするようになったら、トッピングの量を減らして、本来のドッグフードのみの食事に戻していきます。

まとめ

トッピングされたドッグフード

今回は「ちょい足し」が簡単にできる食材をピックアップしました。
本格的に手作り食にするのであれば、もっとたくさんの食材や栄養素のことを考慮する必要がありますが、ふだん、ドッグフードに加えるだけなら、まずは愛犬が喜んで食べる食材から試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。