犬が飼い主の足にじゃれつく心理4つ

犬が飼い主の足にじゃれつく心理4つ

お気に入りに追加

犬が足元でじゃれる様子は可愛いですよね。犬はどういう気持でじゃれついているのでしょうか?今回は犬が飼い主さんの足にじゃれつく4つの心理をご紹介します。

7353view

飼い主さんの足にじゃれつく犬

こちらを見上げるミニチュアダックスフンド

犬の行動は、何かしらの意味があることが多く、頭をくっつけてきたり、手をおいたりするのも意味があります。
そして、足に近づいてきてじゃれつくのにも同じように意味があります。
プラスの感情だけではなく、マイナスなものも……。
犬は何を考えてじゃれついているのでしょうか?
犬が飼い主さんの足にじゃれつく4つの心理をご紹介します。

犬が足にじゃれつく4つの心理

芝生を笑顔で走る犬

1.遊びたい

遊びたいという気持ちを表していることが考えられます。
犬は遊びたいという欲求が強く、特に信頼している相手である飼い主さんと遊ぶのはとても楽しいため、遊びをねだってきます。
足にじゃれつくことで構ってもらえると覚えると、遊びたくなると足元に移動し、すりついたり、甘噛みしたりするようになります。

しかしそれでは飼い主さんが困ってしまいますよね。
足にじゃれつかれると間違えて蹴ってしまったり、踏んでしまったりする可能性があり、危険なためやめさせた方が良いでしょう。
犬に足はおもちゃではないことや、じゃれついたら構ってもらえないということを覚えてもらうしかありません。
犬は賢いので、繰り返し教えてあげるとちゃんと覚えることができるので、まずは構うのをやめるところからはじめてみましょう。

2.興奮している

犬はとても感情表現が豊かな動物です。
嬉しくてたまらないとき、思わず足元へかけていってじゃれつくことがあります。
上下関係がはっきりとしている犬の世界では、相手にじゃれつくのは上の犬が下の犬にやる行動です。
しかし、興奮しているとそういったことも忘れてしまうこともあります。
そんなときは犬が落ち着くまで少し待ってあげましょう。
落ち着けばじゃれつくのをやめてくれるかもしれません。

それでもやめないときは、もしかすると犬が飼い主さんを下に見ているかもしれません。
日頃の行動に心当たりがあるようであれば、犬との関係を一度見直してみた方が良いでしょう。
見直した上でどうしつけをするか、どう関係を築いていくかを考えてみるといいですね。
ドッグトレーナーさんに相談してみるのも解決策のひとつです。

3.習性

動いているものに反応するという犬の習性から、足にじゃれついているのかもしれません。
これは子犬に多く、まだ行動をコントロールできないためです。
また、狩猟犬などは獲物を狩る本能が強いため、こういった行動をとることもあります。
動いているものに対して反応しているので、動きが止まれば犬も落ち着きます。

この場合、甘噛みをすることが多いので、きちんと叱らないと後々強く噛み付くようになるので注意が必要です。
特に成犬であれば、犬自身が軽く噛んだつもりでも痛かったり、怪我をしたりすることもあるのできちんとしつけをしましょう。

4.威嚇

実はじゃれついているのではなく、威嚇や攻撃をしているのではありませんか?
歯をむき出しにしていたり、唸っていたりすれば威嚇をしている可能性が高いです。
尻尾をまるめるなどしている場合は、恐怖を感じているのかもしれません。

嫌なことをされた記憶があると、それから逃げるために、足元で飼い主さんの手を避け続けるなどします。
一見じゃれているように見えても、犬にとっては危険を感じて抵抗をしているかもしれません。
なにか犬にとって嫌なことはありませんか?
早めに気づいてやらなければ、本気で噛み付くなどする可能性があるので危険です。

やめさせる方法

指示を出す手と黒い柴犬

足元でじゃれつくのは可愛いかもしれませんが、できるだけやめさせたほうがいいでしょう。
犬を踏んでしまったり、蹴ってしまったりする危険性があります。
まずは、「おすわり」や「まて」で落ち着かせるようにしましょう。

もしそういった指示がまだきけないようであれば、そこから練習する必要があります。
おすわりやまてができるようになると、犬も一旦冷静になることを学習します。
じゃれついてきたときに遊んであげたり、おやつをあげたりすると、じゃれつくといいことがあると覚えてしまうのでやめましょう。

また大声を出すこともやめてください。犬の興奮をさらに煽ることになり逆効果です。
おすわりやまてから練習する必要があるとしたら、じゃれつくのを止めるには時間がかかるかもしれません。根気強く取り組みましょう。

まとめ

芝生の上で飼い主にお手をする犬

犬が足にじゃれつくのは遊びたい、構ってほしいという欲求や興奮状態であることが多いです。
飼い主さんに対するプラスの感情が高まって、じゃれついてしまうようですね。
しかし、中には嫌なことから逃げていて威嚇している場合もあります。
歯をむき出しにしたり、唸ったりしていないか確認してみましょう。

足にじゃれつく姿は可愛いですが、犬を踏んだり蹴ってしまったりすると危険なので、やめさせるようにしましょう。
きちんと学習すればやめることはできるので、少し上手くいかないことがあっても気長に根気強くしつけを行うことが大切です。
日頃から、おすわりやまてといった指示がきけるようにしておくといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。