犬に与えると死ぬかもしれない食べ物7つ

【獣医師監修】犬に与えると死ぬかもしれない食べ物7つ

お気に入りに追加

犬に食べさせると危険な食材は、犬を飼っている飼い主さんならば誰でも気になる注意点です。危険な食材の中には、犬が口に入れてしまうと死に至る恐れのある超危険な食材も存在します。今回は犬に与えると死に至る可能性もある食材のみをご紹介します。

18976view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に与えると死ぬかもしれない食べ物は?

病院で横になる犬の足

人間にとっては無害でも、犬にとっては危険な食材となる食べ物は多く存在します。
犬の飼い主であれば、それらを調べて絶対に口に入らないよう、注意する必要があります。
今回は、犬に有害となる食材の中でも、特に危険な死に至る恐れのある食べ物をご紹介します。

1.チョコレート

チョコレート

犬に食べさせてはいけない食べ物として、チョコレートは犬を飼っていない人でも知っている食材としても有名ですよね。
このチョコレートは、食中毒を引き起こすだけでなく、犬を死に至らしめる恐れがあります。

犬にとって猛毒となるテオブロミンが含まれているチョコレートは、下痢や嘔吐を引き起こします。大量に食べてしまうと、6~24時間で死に至る危険性があるのです。
したがって、口に入れてしまった可能性が考えられる場合は、すぐに病院へ連れて行き、対処してもらいましょう。

2.ぶどう(レーズン)

レーズン

果物と聞くと、全体的に犬も食べられると勘違いしている人がいますが、果物の中には犬にとって猛毒となる食材もあります。その1つがぶどうです。

ぶどうやレーズンは嘔吐や下痢を引き起こします。
その後、急性腎不全を引き起こし、2~3日後に死に至ったケースも報告されています。

「お腹を壊しただけかな?」と勘違いし、様子を見ていたら亡くなってしまった、というような悲劇を起こさないためにも、ぶどうを間違えて口に入れてしまった場合にはすぐに獣医さんに診てもらいましょう。

3.タマネギ

たまねぎ

チョコレートと並んで、昔から犬に与えてはいけない食べ物の代表として知られているタマネギには、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。
この成分が、動物の体内で溶血性貧血を引き起こします。

中にはタマネギを大量に摂取してしまったことで、呼吸困難や死に至ることもあります。
キッチンに入ってきた愛犬が、落ちていたタマネギの欠片を食べてしまった…ということがないように気を付けましょう。

4.キシリトールガム

キシリトールガム

私たちが食べるキシリトールガムには、名前の通りキシリトールが大量に含まれています。
このキシリトールは下痢や嘔吐を引き起こすだけでなく、肝不全などの症状も引き起こします。

また症状が現れるまでの時間が非常に短いため、すぐに対処しなければ死に至る危険性が極めて高くなる超危険食材です。

キシリトールはガムだけでなく、歯磨粉などにも含まれています。
間違えて犬が舐めてしまわないよう、犬の手の届かないところに置くなど注意が必要でしょう。

5.マカダミアナッツ

マカダミアナッツ

基本的に犬にナッツ類はNGと言われていますが、その中でもマカダミアナッツは特に危険度が高いです。
口に入れるとやはり始めに下痢や嘔吐などの症状が現れ、その後腎不全になり死に至ることがあります。
ナッツ類に関しては、すぐに病院へ連れて行き対処してもらうことで、回復できると言われています。愛犬を助けるためにも、早めに病院へ連れて行き、早期回復を目指しましょう。

6.アボカド

アボカド

女性に人気のアボカドは、犬にとって中毒症状を引き起こす危険食材です。
嘔吐や下痢といった他の危険食材と同じ症状が出ますが、アボカドの場合、この症状が脱水症状へと繋がり死に至るケースがあります。

犬の中には、「食べても食中毒症状が出なかった」という子もいたようですが、やはり症状が引き起こされ死に至るケースがあると知って与えるのは非常に危険です。
アボカドは与えないようにしてください。

7.アルコール飲料

ビール

食べ物ではなく飲料ですが、人間にとっても飲みすぎると良い物とは言い難いアルコール飲料は、犬にとって猛毒です。
犬はアルコールを体内で分解することができないため、少しの量でも死に至る危険性があります。

アルコールを摂取してしまうと、昏睡状態に陥ってしまったり、足下がふらふらしたりするといった症状が引き起こされます。
アルコールをこぼしてしまった床などは徹底的に拭き、拭き残しがないようにしましょう。

まとめ

横になった犬を撫でる獣医師

このように、家の中には口に入れることで愛犬が死に至る危険性のある食材が潜んでいます。
愛犬が手を出せない場所に保管したり、あるいは床に落としてしまったりしないよう注意を払うことが事故の予防になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。