犬は「一緒に寝る相手」を選んでいる?

犬は「一緒に寝る相手」を選んでいる?

お気に入りに追加

飼い主が昼寝をしていたり就寝しようとすると、後を付いてきて一緒に寝ようとする犬は多いです。しかし、ここで疑問が浮かび上がります。犬は一緒に寝る相手を選んでいるのでしょうか。今回はこの犬の心理について探っていきましょう!

24332view

犬は一緒に寝る相手を選んでいるの?

女性の横で眠る犬

いつも夜になると、愛犬が家族と一緒に寝るためについてくるというご家庭は珍しくないでしょう。しかし、誰でもいいというわけではなく、「家族の中でもこの人」と決まっていることも多いです。犬は一緒に寝る相手を選んでいるのでしょうか。

安心感のある人と一緒に寝る

まず犬が一緒に寝たいと思う相手の条件として、信頼できる人、安心感のある人というポイントが挙げられます。寝ているときは最も無防備な瞬間ですから、やはり信頼できる人とでなければ寝たくないという心理が働くようです。

さらに「家族の中でもお母さんだけ」「お父さんだけにくっついていく」など、各ご家庭によってついていく人はバラバラですが、毎回決まった人についていくという家も多いです。これは「家族の中で誰が一番安心感があるか」という基準で選んでいる可能性が高いです。

人間も同じですが、同じ部屋で眠る相手は安心感のある自分が心を許している人となるべく眠りたいですよね。そちらの方がぐっすり眠れるという人も多いでしょう。犬も同じ考えを持っていると考えられます。

家族内であれば誰でも良いという犬も

家族と犬

信頼できる人、安心感のある人という判断基準で一緒に寝る相手を選んでいる可能性はあります。しかし、中には「私たちの家では特に決まっていない」というご家庭もあるでしょう。

この場合、特定の誰かが最も信頼できる、安心感があるのではなく、家族全員を同じくらい信頼している、安心感があると思われていると考えられます。つまり、犬は家族を皆平等に見ていると言えるでしょう。

しかし、中には「とにかく誰でもいいから寝るときも一緒にいて!」という甘えんぼうな子もいます。この場合もやはり一緒に寝てくれる人であれば誰でも良いと考えている可能性が高いでしょう。

寝る場所の寝心地も重要?

白いブランケットにくるまれて眠る犬

一緒に寝る相手を選んでいる場合と家族なら誰でもOKと考えている場合、2パターンがあると考えられますが、寝心地を追求した上で寝ている犬もいます。

人間も同じですが、犬にとって寝る場所は非常に重要です。安心感があり、尚且つ寝心地が良い場所を選ぶ傾向にあります。寝心地が良い場所というのは、静かで室温もちょうど良いといったポイントが挙げられます。

しかし、ふかふかのブランケットや布団に慣れてしまった犬の場合、贅沢に感じますが、やはりふかふかの気持ち良い寝床を求め、その場所に寝ている家族についていくことが多くなる、という傾向もあるようです。

以上のことを踏まえると、最も重要視している点は安心感や信頼できるか否かという点であることは確かですが、さらに寝心地の良い場所で寝ている人、という基準が王蹴られている可能性もあります。

基本的に一緒の布団では寝ない方が良い

ベッドで犬と眠る女性

ここまで犬は一緒に寝る相手を選んでいるか否かについて考察してきました。しかし、一般的に唱えられている話として、「基本的に人間と犬は一緒の布団で寝ない方が良い」という話があります。これは大きく分けて2つの理由が挙げられます。最後にこちらもしっかり理解しておきましょう。

主従関係に支障を来たす可能性

まず人間と犬が一緒に寝ない方が良い理由として、主従関係に支障を来たす可能性があるという理由が挙げられます。本来、犬は格上と見なす相手と寝床を一緒にしないという説が唱えられています。

野生でなくなった現在、人間と犬との関係性も徐々に変わってきているため、一概にこれが当てはまるとは限りませんが、上下関係をしっかり維持するためには布団を一緒にしない方が効果的です。

しっかり主従関係を築けていない状態で一緒に寝るようになってしまうと、犬側は「自分も飼い主と同等の立場である」と勘違いしてしまい、徐々に自分の方が上に出ようとする犬もいます。すると、しつけにも悪影響を及ぼします。

一緒に寝るようになり、徐々に「愛犬が言うことを聞かなくなってるかも」と感じるようになったら、一度一緒に寝ることをやめてみてはいかがでしょう。

犬の持つ菌が感染するリスクも

しつけ上の問題だけが理由ではありません。犬は人間の持っていない菌を多く持っています。そのため、一緒に寝ることで犬の持つ菌が布団に付着し、飼い主に感染してしまう恐れがあります。

実際世界を見ると、一緒に寝たりキスをすることで犬の持つ菌に感染してしまい、症状が出てしまったという例も報告されています。飼い主側の健康のためにも、犬と同じ布団やベッドで寝ることはなるべく避けるべきでしょう。

まとめ

眠るチワワ

いかがでしたでしょうか。犬が一緒に寝る相手を選んでいるか否かは、各ご家庭によって異なります。しかし、信頼でき安心感のある人と一緒に寝たいと思い、人を選んでいる可能性は十分にあります。どうしても愛犬と一緒に寝たいという方は、最後にご紹介したリスクも理解した上で就寝するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。