目の悪い犬がする仕草や行動5つ

目の悪い犬がする仕草や行動5つ

人間も年老いていく内に視力が悪くなっていくことがありますが、犬も同様の症状が起こることが多いです。では、愛犬の目が悪くなっているかどうかを見分けることができるのでしょうか。今回は目の悪い犬がする仕草や行動を見ていきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

目の悪い犬がする仕草や行動

見上げるダックスフンドの顔アップ

シニア期に突入すると、犬も人間と同じように、視力が以前よりも低下してしまうことがあります。また、病気が原因で視力が低下していることも考えられます。
では、目が悪くなってしまった犬は、どのような仕草や行動をとるようになるのでしょうか。

1.物にぶつかることが増えた

オレンジのボールをくわえた犬

まず起こる変化として、見えているはずの物を認識することができず、目の前の電柱や飛んできたボールなどに、ぶつかってしまうという変化が起きます。
「あれ?今まではすんなりボールを避けたり取ったりしていたのに」
「今、目の前の電柱が見えてなかったのかな?」など、飼い主さんが違和感を抱くようになった場合は、視力が低下している可能性があります。

目が悪くなってしまえば、動体視力も落ちてきますので、徐々に動く物に対する反応も悪くなる傾向があります。
ぶつかってばかりでは怪我をしかねませんので、早めに獣医さんに相談しましょう。

2.段差を上手く昇降することができない

階段の匂いを嗅ぐ白い犬

さらに大きな変化として、以前はすんなり昇降できていた階段や、小さな段差を怖がって降りようとしなくなる、あるいは昇ったり降りたりする際に、足を踏み外してしまうような場面が見られます。
やはり、犬自身も「見にくいな」という違和感から、階段や段差を昇降することに対して恐怖感を抱くようになります。
そのため躊躇したり、あるいは諦めて飼い主さんに助けを求めるような行動を起こしたりします。

目が悪いのであれば、小さな段差であってもつまずいてしまったり、シニア犬であればちょっとした足の踏み外しが、大きな怪我の原因になったりすることもあります。
無理はさせず、どうしてもそこを通らなければいけないのであれば、飼い主さんが抱っこするなどして助けてあげましょう。

3.近付くとビクッと驚くことが増えた

急に背中を触られて驚く犬

犬は、視覚よりも聴覚や嗅覚に頼ることが多いです。
そのため、基本的には誰かが近付いてきても、匂いや音で認識することが可能です。
しかし、視覚も全く使っていないわけではありません。

目が悪くなると、聴覚、嗅覚、視覚の3つの要素の内、1つが不自由になってしまいますので、以前よりも様々なことに対する反応が鈍る傾向にあります。
飼い主さんが近付いても、直前まで気付かないという変化も見られるでしょう。

したがって、すぐ側まで近付いた際に、「あれ?そんな近くにいたの?」というような驚いた反応をするようであれば、目に問題が生じている可能性があります。

4.前よりも警戒心が強くなる

両手を伸ばして唸る犬

先ほど、近付くと驚くような行動が増えるという話がありましたが、それと同時進行で見られる変化として、以前よりも警戒心が強くなるという性格の変化を見られることがあります。

やはり、視界が以前よりも悪くなる、視覚に頼ることができなくなるということで、少々怖がりになってしまったり、あるいは臆病な性格が見え隠れするようになったりすることが多いです。

そのため、飼い主さんが近付いているのに、すぐ近くに来るまで気付かず、少し唸るような行動を取る犬もいます。決して飼い主さんを嫌いになったわけではなく、「誰だ…」と警戒しているだけですので、この場合は近付いて名前を呼ぶと、ふと表情が柔らかくなります。

5.走るなど活発な行動が見られなくなる

外で伏せをして休む柴犬

目が悪くなることで、以前よりも活発な行動が見られなくなるという変化もあります。
やはり視力が低下していますので、走ったりジャンプしたりといった行動は、怪我をするかもしれないという恐怖から、犬自身も躊躇するようになります。

他にも、散歩中に軽快に歩いたり走ったりしていた犬が、ゆっくりと進むようになったり、以前よりも慎重に地面の匂いを嗅いだり、立ち止まって周りの音を聴いたりしながら進むという行動の変化も見られやすいです。

まとめ

飼い主に頭を撫でられるゴールデンレトリバー

いかがでしたでしょうか。
このように、目が悪くなると行動や仕草だけでなく、性格にまで影響してくることがあります。
怪我をしてからでは遅いので、「ちょっと変だな」と違和感を抱いたら、病院で診てもらうようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。