サマーカットで犬が熱中症に?!本当にカットが必要か考えよう

【獣医師監修】サマーカットで犬が熱中症に?!本当にカットが必要か考えよう

暑い季節には犬の毛を短くカットして涼しくしてあげたい、と思う飼い主さんをいますよね。でも間違ったサマーカットは逆に犬にとって良くないのです。サマーカットをして熱中症になることも……。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

サマーカットとは?

カットされるシーズー

犬の毛の役割

犬の毛はただ生えているだけではありません。

  • ノミやダニから皮膚を守る
  • 紫外線や日光から皮膚を守る
  • 体温を調節する
  • 体が濡れて冷えてしまうことを防ぐ

こういった役割があります。
毛があるから暑いというわけではなく、毛が断熱材の役割を果たしています。
毛がない場合、紫外線や日光が直接肌に当たってしまいます。
単純に全ての毛をなくしてしまえば涼しいというわけではなく、犬の毛の役割を考える必要があります。

丸刈りだけがサマーカットじゃない!

犬のサマーカットと言えば丸刈り!と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、サマーカットの本来の意味は、暑い季節にむけて犬の毛を少し短くすることです。
丸刈りにしなくても風を通すように整えてあげることもサマーカットのひとつです。
ペットサロンなどでサマーカットをお願いする場合は少し注意が必要です。
サマーカット=丸刈りだと思っているトリマーさんもいるので、丸刈りではなく毛を短く整えて欲しいと言うことが大切です。
どれぐらいの長さに整えるか、どういった形にしてほしいかなどを言っておくとトラブルは少なくなります。

サマーカットをする時期

サマーカットをする時期としては4月〜6月がオススメです。暑くなってしまう前にサマーカットをして慣れておくと良いでしょう。
この時期は換毛期なので、抜け毛が少ないシングルコートの犬も毛が抜け始めます。そのためここでサマーカットをすると抜け毛対策にもなります。

実は危険かも……

パグ

暑いなら丸刈りにしてしまえばいい、と思う方もいると思いますが、サマーカットをした際に考えられる危険性はいくつかあります。
サマーカットをする場合はそういった危険性もよく理解してください。
毛がなくなったり、短くなりすぎると直射日光から皮膚を守ったり、体温の上昇を防ぐことができなくなり、熱がたまりやすく逆に暑さを感じやすくなって熱中症になりやすくなります。
毛がなくなった体は水で濡らすと、濡らしてすぐは涼しくなりますが必要以上に体を濡らして体温が下がってしまったり、水分が蒸発するときに体が乾燥してしまったりします。
またダニやノミなどがすぐに直接皮膚にくっつきやすく、炎症などを起こすこともあります。
丸刈りにした場合、毛穴がダメージを受け毛質が変化して縮れた毛が生えてきたり、毛が生えなくなったりすることがあります。
サマーカットは見た目が涼しいため、犬も涼しくなっていると思いがちですが逆に犬を苦しめることになる可能性があるのです。

こんなメリットも!

シャンプーする犬

しかしサマーカットは危険なことばかりではありません。
きちんと危険性を理解して、気をつけたカットをすればメリットもあります。
例えばシングルコートの長毛種などの場合は、少し短めにカットすることで空気の流れをよくして涼しくなるようにすることができます。
またシャンプーをした際に簡単に手入れができるため、日頃から綺麗にすることができます。毛や皮膚を清潔に保つことで皮膚病やその他の病気から犬の健康を守ることができます。
サマーカットとは少し違いますが、皮膚病になった犬の場合は毛を短くして薬を塗りやすくしたりお手入れをしやすくすることがあります。
そういった場合は病院で毛を短くしてもらったり、皮膚病の部分だけ毛を刈ってしまったりします。
皮膚病の場合は勝手に判断して毛を短くするのではなく、必ず獣医さんに相談するようにしてください。
ペットサロンでサマーカットをお願いする際に、短くしすぎないようにお願いしておきましょう。
飼い主さんが犬の毛の長さを把握しているのが1番良いのですが、もしわからない場合はトリマーさんと相談してみてください。
獣医さんに聞いてみても良いですね。

まとめ

ウインクする犬

犬のサマーカットは見た目も涼しく、犬のためにもなりそうですよね。
でも犬の毛は意味があって生えているので、単純に丸刈りにしたり、極端に毛を短くするのは逆効果です。
断熱材や皮膚を保護する役目があるので、毛を無くしてしまうと暑さに弱くなってしまったり、皮膚が炎症を起こしやすくなる場合があります。
しかし、サマーカットが全て悪いわけではありません。
危険性を理解して正しく毛を短くすれば、涼しく手入れも簡単になり犬にとって良い効果をもたらす可能性もあります。
何も考えずに毛を無くしてしまうのではなく、どういった長さが良いのか、皮膚病などになっていて毛を剃る必要があるかどうか、など犬のことをよく理解してサマーカットをしましょう。
ペットサロンに行く前に、一度獣医さんにサマーカットの必要があるか、サマーカットをする場合愛犬の毛だとどれぐらいの長さが良いか、などを聞いておくのも良いでしょう。
飼い主さんが正しい知識をつけることで、犬に良いものを与えるようになります。
サマーカットもその中のひとつなので、積極的に調べていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。