犬のバリカン負けについて 対処法や失敗しないコツ

犬のバリカン負けについて 対処法や失敗しないコツ

お気に入りに追加

暑い夏が近付くと、犬に少しでも快適に過ごして欲しいので、長い毛をカットする飼い主も多いと思います。しかし、あまり短くカットしすぎると犬の肌がバリカン負けして荒れてしまうケースが多くなっています。今回は犬のバリカン負けについて述べていきます。

7806view

犬がバリカン負けしたときの対処法

塗り薬画像

犬がバリカン負けしたときの対処法として、人間用の軟膏や薬なども使用できます。しかし人間用に作られた薬なので犬に使い方を一工夫、凝らさなければなりません。

また、あくまで人間用の薬を利用することは応急処置的な意味合いを含みます。人間の薬が犬の皮膚炎に応用できるというわけではないので、応急処置をした後は必ず動物病院に連れて行ってください。

マキロン

犬のバリカン負けにより、皮膚から血が出ているようなら水などで5倍くらいに薄めてから患部にかけると良いでしょう。絶対にそのままの濃度で犬に使わないでください。確実に皮膚が、より荒れてしまう原因となります。

ワセリン

ワセリンはそのまま犬のバリカン負けをした患部に塗ることが可能です。少量を皮膚に塗って、バリカン負けをした赤くなっている部分に保湿と保護をしてあげましょう。場合によって、ベビーパウダーを併用するとより効果的に保湿ができます。

オロナイン

オロナインは少量を犬のバリカン負けをした患部に塗ることで応急処置が可能です。しかし、犬のバリカン負けにはあまり効果は期待できないと考えます。オロナインは犬の痒みを抑える薬ではないので、根本的な治療法とはなり得ないからです。

とはいえバイ菌の繁殖を防ぐ効果が期待できるので、気になるようなら犬の皮膚に塗ってあげてください。

使用を避けたい薬

ゲンタシン軟膏は犬に応急処置として利用しない方がいいでしょう。ゲンタシン軟膏もバイ菌の繁殖を防ぐ薬ですが人間用の抗菌薬のため、犬にとって強すぎる薬となります。もし、犬のバリカン負けをした皮膚に塗るのであれば、ゲンタシン軟膏ではなくオロナインに留めておきましょう。

犬がバリカン負けしたときの症状

犬が怪我を負った画像

犬がバリカン負けしたときの症状は、皮膚が赤くなり、ときには血が滲みます。更に痒みを訴えることがあり、患部がかぶれてしまうという特徴があります。

犬がバリカン負けしやすい箇所は首から顎にかけてです。首から顎は皮膚が薄いため、肌の弱い犬だとあっという間にバリカン負けしてしまいます。

放置しておくと、血が滲んでいる箇所から切り傷や擦り傷を起こしてしまい、犬の皮膚の赤みが全身に、一気に広がるという点がバリカン負けの特徴的な症状です。

犬がバリカン負けする原因

トリミング中のチワワ

技量不足

トリミングの経験が浅いと、皮膚が強い犬であってもバリカン負けする場合があります。バリカン中に、刃が犬の皮膚の一部に強く押し当てられると、犬の皮膚に傷ができてしまい結果的にバリカン負けしてしまいます。

特に新米トリマーだと力の加減がまだ不安定なので、よりバリカン負けのリスクが上がります。

犬の体調や皮膚の状態

犬の体調や皮膚の状態が悪いと、トリミングの技量が十分であってもバリカン負けしてしまいます。多くの場合は、犬の皮膚が弱いことによるバリカン負けのトラブルが多いです。ですが、バリカンで毛を刈ってもらうことは犬にとっては緊張を強いられます。

したがって少しでも犬の体調が悪い場合は、トリミングの日程を変えてもらう方がベターです。また、皮膚が弱い犬は毛の長さをより多く残してもらうことによって、バリカン負けを回避できます。

犬がバリカン負けしないためのコツ

犬の足にバリカンを入れる

犬にバリカン負けをさせないコツは、あまり短く毛をカットしすぎないようにすることです。犬の毛を短く刈れば刈るほどバリカンの刃が犬の肌に当たりやすくなり、バリカン負けしてしまうリスクが高まります。

もし、トリミングサロンでお願いするときは、8ミリや10ミリといった長さで、犬の毛をバリカンで刈ってもらいましょう。

また飼い主、自らがバリカンで犬の毛を刈る場合のコツは、まず足の部分を少しずつ刈っていくことがポイントです。少しずつ犬の毛を刈ることで、力の加減を間違えずに安全に毛を刈ることができます。

また、犬の顔部分はバリカンではなくハサミでカットすると、首回りの肌が荒れることなくバリカン負けせずに短くできます。

まとめ

犬とカット用品

犬のバリカン負けする理由は様々ありますが、多くの場合は犬の皮膚が生まれつき弱いという点が挙げられます。しかしどのような理由であっても、犬の毛を短くカットしすぎなければバリカン負けするリスクを減らすことが可能です。

毛を短くカットすることは、犬の夏を快適に過ごすために、飼い主がバリカンを使って毛を刈り、何回もトリミングに通わなければならないので手間はかかります。しかし、犬がバリカン負けをして皮膚炎を治すのも時間を要するものです。

万が一、犬がバリカン負けをしてしまった場合は、人間の薬でも代用ができますが、念のため獣医に診てもらい、犬用の薬をもらいましょう。犬に痛い思いをさせる前に、予防策を取っておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。