子犬が暴れる5つの理由と対処法

子犬が暴れる5つの理由と対処法

お気に入りに追加

必要以上に暴れる子犬っていますよね。子犬はなぜ暴れているか、理由はわかりますか?暴れている理由を知ることで対処もできます。今回は子犬が暴れる5つの理由と対処法をご紹介します。

5906view

子犬が暴れる5つの理由

ゴールデンレトリバーの子犬

1.欲求不満

サークルの中で長時間大人しくさせているとシーツを噛んだり、おもちゃを振り回す犬がいます。
また部屋の中でもソファを噛んでしまったり、物を壊してしまうこともあります。
これらは犬の欲求不満によってストレスが溜まっている場合が多く、散歩の時間が短かったり、飼い主さんとのコミュニケーション不足などから暴れまわります。
原因は欲求不満からくるストレスなので、ストレスを発散させてあげなければいけません。

2.テンションが上がっている

犬は楽しくてテンションが上がると興奮して暴れることがあります。
遊んでいるときやじゃれあいに夢中になっているとき、また飼い主さんが帰ってきた嬉しさから興奮して暴れる場合があります。
また飼い主さんの楽しそうな反応を見せるとさらに嬉しくなり、興奮してしまうので必要以上に興奮させたくない場合は少し冷静に対応しましょう。

3.分離不安

飼い主さんの留守中に犬が暴れるような形跡があった場合、それは不安分離かもしれまあせん。
分離不安は飼い主さんと離れたことによって、過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動などがあります。
家の中で飼い主さんの後ろをちょこちょこと歩いてついてくる犬に多いかもしれません。
分離不安は飼い主さんの外出後30分以内に始まると言われています。
分離不安がひどくなり飼い主さんにも犬にもよくない困った状態になると分離不安症と呼ばれるようになります。

4.嫌なことがある

何らかの原因で強い不安や恐怖を感じると、パニックを起こして暴れてしまいます。
情緒不安定になり、徐々に落ち着きがなくなっていきます。
不安や恐怖が限界まで高まるとパニックを起こし暴れまわり、物を壊すなどの行動をとってしまいます。
何が犬にとって不安か恐怖になっているのかを把握して、そのものに慣れさせる、またはできるだけ避けるという判断が必要となります。

5.驚いた

なにかに驚いたときにもパニックを起こして暴れることがあります。
例えば他の犬に吠えられたり、家の外から車のクラクションや雷などの大きな音がしたときにパニックになってしまい走り回ることがあります。
神経質な犬は何か予想外のことが起こった時にパニックになりやすいので注意をしましょう。
パニックになって逃げ出してしまい、落ち着いてからも自宅に戻れなくなることがあるので戸締まりやリードをしっかりつけるなどはきちんと確認しておきましょう。

暴れやすい状況

2匹のコーギー

飼い主さんがいない

臆病でさみしがり屋の場合、ひとりでいると不安になったりしやすく飼い主さんが居ない状況が耐えられません。
その結果暴れてしまったり、粗相をしてしまったりという問題行動をとるようになってしまいます。

大きな音が鳴った

犬は基本的に大きな音が苦手です。人間よりも聴力が良いため余計にびっくりしてしまうのでしょう。
雷や車のクラクション、工事の音などを聞くとびっくりしてしまうようです。

お風呂

お風呂が嫌いな犬は徹底して嫌いなため暴れまわることも少なくありません。なかには飼い主さんに噛み付く真似をするような犬もいます。
成犬になる前の子犬のうちにお風呂に慣れることができれば、暴れなくなります。
子犬のうちから暴れる犬もいますので、無理やり抑えつけたりはせずお湯の温度を調整してみたり声をかけてあげたり、不安や恐怖を取り除いてあげられるようにしましょう。

子犬を落ち着かせる方法

2匹の柴犬

運動を増やす

欲求不満やストレスを運動で発散させてあげましょう。
特に子犬は遊びたい盛りなので、いっぱい遊んで、コミュニケーションを取ってあげてください。
疲れたら自然と寝てしまうので、問題行動を起こすことがなくなっていきます。
運動をさせる場合、適度な水分補給や休憩なども必要です。夏場はとくに日陰でも地面が熱くなっている場合がありますので、注意しましょう。

苦手なものに慣れさせる

大きな音や他の犬といったものが怖くて暴れてしまう場合は少しずつ慣れさせていってください。
子犬のうちにそういったものに慣れておくと、成犬になってからのしつけもしやすくなります。
しかし、嫌がっているのにいきなり無理に音を聞かせたり犬に合わせたりすると逆効果になります。
子犬の時期のトラウマは成犬になっても忘れないので、無理に慣らそうとせず少しずつゆっくり慣らしていってください。

噛んでもいいおもちゃを与える

子犬は歯の抜け替わりなどで口がムズムズすることがあります。
何かを噛みたくて仕方がなく、家具を噛んだりするのですが、それを禁止されてしまうと欲求不満を解消することができなくなり暴れまわるようになります。
子犬が噛んでも構わないおもちゃを与えて、欲求不満を解消させてあげましょう。
選ぶときには犬の大きさに合っているか、なにか体に良くない成分は入ってないかなどをしっかりと確認してください。
犬に対しておもちゃが大きすぎても小さすぎてもトラブルの原因になるので、妥協せずちょうど良い大きさを選びましょう。

まとめ

ハスキーの子犬と女性

子犬が暴れまわると少し心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回ご紹介したことを参考に、対処してみてください。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。