犬の顎がガクガクなる原因と対処法

【獣医師監修】犬の顎がガクガクなる原因と対処法

お気に入りに追加

犬が顎をガクガクしているのを見たことがありますか?病気のこともあるでしょうし、この行動で犬が何か伝えたいと思っているカーミングシグナルの場合もあります。犬の顎がガクガクなる原因と対処法を知っておくと、病気にも早めに対処してあげることができますし、犬の気持ちに気づいてあげることもできます。今日はそんな点をお話したいと思います。

24518view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の顎がガクガクなる原因

舌を出す犬

犬が顎をガクガクさせることに痛みを伴っているかのか、痛みは感じていないのかによって、犬が顎をガクガクする原因が違ってきます。

犬がごはんを食べたあとや犬の下顎を触った時、犬があくびをしたあとなどに顎をガクガクさせているのを見かける飼い主さんは多いようです。犬をよく観察することが大切です。

犬が顎をガクガクさせている時はこのような病気や原因などが考えられます。

  • 顎関節症
  • 顎の痙攣
  • 歯周病
  • あくびをした時
  • 痛みを和らげようとしている時
  • 食べ物が歯につまっている時
  • 老化

犬の顎がガクガクなる時の対処法

顎を飼い主に乗せる犬

それでは犬の顎がガクガクなる時の対処法について、病気やその他の原因別にご説明します。

犬の顎関節症の場合

犬の顎関節症の場合は、下顎の関節がうまく開かなくなりガクガクするようです。

犬のガムなど硬いものを食べたあとや噛み合わせが悪い場合に、軟骨が硬くなり顎の開閉がしにくくなってしまうようです。顎をガクガクさせることのほかに、舌や口をクチャクチャとさせる症状をすることがあります。顎に痛みもありひどくなると犬の口が完全に開かなくなってしまったりすることもあるので、早めに気づいてあげることが大切です。

犬の顎の状態が軽度なら消炎剤の服用や手術で治すことができますので、そのままにせず、すぐに動物病院で受診することをおすすめします。

犬の顎の痙攣の場合

犬が顎をガクガクと痙攣させている時はこのような原因が考えられます。

  • 子犬の成長期の、歯の生え変わりのストレス
  • 食べたものが歯に挟まって気持ちが悪い場合
  • 発情期間中に匂いに敏感になっている時

子犬の成長期の、歯の生え変わりストレスの場合は、歯がグラグラしていることから違和感を感じているのかもしれません。顎をガクガクさせて、自分を落ち着かせようとしているカーミングシグナルとも考えられます。何か噛んでもよいおもちゃを与えてあげたり、歯ブラシでブラッシングしてあげるとストレスの軽減になるかもしれません。

犬の歯に食べたものが挟まって顎をガクガクさせている時は、丁寧な歯みがきで対処することができます。人間でもそうですが、食べ残しが歯の間に残っていることはストレスになるので歯ブラシでしっかり汚れをとってあげてください。

発情期間中、これはオス犬に限りますが、メス犬のヒートの時に出されるフェロモンの匂いを嗅いで興奮し、顎がガクガクなることがあります。これは、フレーメンに近い行動ではないかと考えられています。フレーメンとはフェロモンをより嗅ごうとするときにおこる反応です。臭いをかぐために鼻を使うのではなくヤコブソン器官という特殊な臭覚器官を使います。犬にはフレーメンはおこらないとされていますが、中にはあたかもフレーメンかのような反応をする個体もいるようです。

犬の歯周病の場合

犬が歯周病で、痛みがひどくなるほど悪化すると、顎をガクガクさせて痛みを少しでも和らげようとしている場合があります。犬がご飯を食べたあとや、あくびで口を大きく開けたあとに顎をガクガクさせている場合が多いようです。これをチャターサインといいます。

犬の歯周病は、動物病院で歯周病菌や炎症をおさえる抗生剤などの薬をつかって治療します。ひどくなると顎の骨まで炎症が進んでしまうこともあります。あまりにも炎症がひどい末期の歯周病は、抜歯しか方法がないようですが、すべての歯が末期ではない場合は、歯の歯石をとることで改善することができるようです。

犬の歯周病を引き起こす原因の大半は歯石や歯垢です。そうなる前にスケーラーという器具をつかって歯石を除去する根本的な治療をする必要があります。無麻酔下で処置する方法と、全身麻酔下で処置する方法があります。全身麻酔下での処置は、犬の健康状態や年齢も関係してきますので、1度動物病院で相談してみてください。

老化の場合

犬の老化の場合は顎の力も弱ってきますし、歯周病が原因でガクガクさせている場合もあります。他にも寒さや甲状腺の機能の低下などの病気のことも考えられます。歯周病の治療も含め心配なことがあれば、やはり早めに動物病院の受診をおすすめします。

まとめ

飼い主に口を見られる犬

犬の顎がガクガクなる原因と対処法についてお話してみました。

突然、犬の顎がガクガクなっているのを見かけたらびっくりしますね。子犬の歯の生え変わりや、犬の歯に食べたものがはさまったストレスは、顎をガクガクしても歯みがきによって改善することができます。

ですが、痛みが出るほどの歯周病や顎関節症は、犬にとって相当のストレスです。顎をガクガクさせて痛みを和らげようとしていたり、自分を落ち着かせようとしているカーミングシグナルに敏感に気がついてあげたいですね。

日頃から犬の様子、特に口の中の様子に気を遣い、犬の顎のガクガクなる症状がひどくなる前に動物病院で受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。