犬に柑橘類を与えても良い!その効果や適した量から注意点まで

【獣医師監修】犬に柑橘類を与えても良い!その効果や適した量から注意点まで

お気に入りに追加

犬に柑橘類を与えて良いのかと、疑問に思ったことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。犬にオヤツとしてリンゴやバナナなどの果物を与えている人はいると思います。実は柑橘類も与え過ぎなければ、犬にとって良い効果が得られる優秀な果物なのです。ここでは、柑橘類がもたらす犬に与える効果や、食べても良い目安量、そして与える際の注意点などをご紹介します。

4314view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に柑橘類を本当に与えてもいいの?

柑橘類色々

結論から言うと、犬に柑橘類を与えても基本的には問題はありません。柑橘類には様々な成分が含まれており、犬にとっても良い効果となるものもあります。それでは、犬に柑橘類を与えて得られる良い効果をみていきましょう。

  • 水分補給として良い
  • ビタミンなどの抗酸化物質を摂取できる
  • 低カロリー

水分補給として良い

柑橘類は犬の脱水症状の防止にもなります。果物の成分には水分が多く占めており、暑い夏や乾燥気味の日に、水分補給として与えるのも良いでしょう。

ビタミンなどの抗酸化物質を摂取できる

柑橘類に多く含まれている抗酸化物質には、犬にも皮膚や美容に良いビタミンを多く含む他、免疫力を高め、老化や動脈硬化などの病気を防ぐと言われています。

犬にビタミン摂取は必要か

犬は体内でビタミンを合成することが可能なため、無理に食べ物から摂取する必要はありません。人やモルモットなどは体内でビタミンを合成することができず、体外から取り入れる必要があります。

ただし、高齢犬や体調が悪い犬などは、ビタミンを合成する力が低下しているため、食べ物やサプリメントなどから摂取が必要な場合もあります。

低カロリー

柑橘類のみかんやオレンジなどを好む犬が多いのではないでしょうか。果糖を多く含んでいる果物は、甘いにもかかわらず低カロリーです。

犬に柑橘類を与える方法

オレンジジュースを飲むビーグル

犬に柑橘類を与えようとしても、匂いを嗅ぐだけで食べないことはありませんか?

実は犬にとって柑橘類特有の爽やかな香りは、少し刺激がある匂いになります。また、酸味を嫌がり、すぐ出してしまう犬も少なくはありません。犬に柑橘類を与える場合は、初めから無理に与えるのではなく匂いに慣れさせ少しずつ与えると良いでしょう。

与える量の目安

  • みかんやオレンジは1~2房
  • グレープフルーツは約10~15g

柑橘類は食欲がない犬や、同じご飯に飽きている犬にトッピングとして混ぜると食べてくれることがあります。また、ヨーグルトと一緒に与えると、乳酸菌も一緒に取り入れることができるため、便秘気味の犬にはおすすめです。

オレンジジュースを与える場合

犬にジュースとして飲ませたい時は、市販で売られているオレンジジュースは果糖が含まれているので、家で手作りしたものを与えましょう。ミキサーを使うと簡単に作ることができます。

犬に柑橘類を与える時の注意点

一口大みかん

柑橘類は犬にとって与えてもいい食べ物ですが、与える際には様々な注意点があります。

  • 皮や白い筋などは全て取り除き生で与える
  • 与え過ぎには注意する
  • 柑橘類アレルギーに注意する
  • 中毒物質が含まれている部分を知っておく

皮や白い筋などは全て取り除き生で与える

犬に柑橘類を与える際は、加熱はせずに生で与えましょう。皮や房の袋、白い筋は消化に悪いため、必ず取り除き細かくしなければなりません。種は喉に詰まらせる可能性があるので、綺麗に取ってあげましょう。

与え過ぎには注意する

柑橘類だけでなく果物全般は水分が多く、犬に与え過ぎると消化不良で嘔吐や下痢を起こすこともあります。また、果糖が含まれていることから、肥満体型の犬や、糖尿病を患っている犬の場合は特に注意が必要ですので、与えて良いか事前に獣医師に相談しましょう。

柑橘類アレルギーに注意する

犬にも様々なアレルギーがあり、柑橘類に反応する可能性も否定はできません。犬に柑橘類を与えてから下痢、嘔吐、蕁麻疹、ぐったりしているなどの症状が出てしまった場合は、すぐに病院へ行きましょう。何を与えたか、どれくらい与え、あらわれた症状を詳しく伝えるとスムーズに診察することができます。

また、柑橘類にアレルギー反応が出ない犬であっても、食後約30分間は様子をよく見ておく必要があります。

中毒物質が含まれている部分を知っておく

柑橘類にはソラレン(光毒性物質)と呼ばれる、紫外線を吸収してしまう中毒物質が外皮に含まれています。多量に摂取しなければ問題ないと言われていますが、犬の体質にもよるため注意が必要です。また、犬にとって中毒となる物質がみかんの茎や葉には含まれているため、必ず取り除いてあげましょう。

投薬中の犬には、グレープフルーツを与えないようにしましょう。グレープフルーツの成分には、薬の効果を強くさせてしまうフラノクマリンが特に多く含まれています。

まとめ

獣医さんとポメ

犬に柑橘類を与えることは、その方法や柑橘類の種類、犬の体質に気を付けながらであれば良い効果を得ることができます。特に夏に向けて暑い日が続く場合は、食欲不振や熱中症を防ぐ効果も期待できます。

ですが、犬は体内でビタミン合成ができるため、無理に摂取する必要はありません。また犬にとって、柑橘類に含まれる中毒成分などの心配もあることから、与える際には注意も必要です。

犬によって柑橘類アレルギーや中毒が心配される場合は、事前に獣医師と相談し、アレルギー検査を受けておくのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。