犬の早食いを止める6つのアイデア

【獣医師監修】犬の早食いを止める6つのアイデア

お気に入りに追加

食べることが大好きなワンちゃんは、ご飯をあっという間に平らげてしまいます。犬食いという言葉があるように、犬は本来、早食いの傾向にあるようですが、早食いは人間と同じく満腹感が得られにくく、肥満や腸捻転などの病気のもとになってしまいます。普段の食事を工夫して、愛犬の早食いを防止するアイデアを6つご紹介します。

6344view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にご飯をゆっくり食べさせるアイデア

ご飯を食べている犬

人間でもそうですが、お腹が空きすぎていると、ついつい食事を掻き込んでしまいます。
ワンちゃんも一緒で、お腹が空きすぎていると、やっぱり、ついつい早食いになってしまいます。
慌ててご飯を食べてしまうワンちゃんを飼っている方は参考にしてみてください。

アイデア1:食事の回数を増やす

少ない量のご飯を食べている犬

食事は1日分のフードを、たとえば朝、夕方、寝る前など3回から4回に分けてあげると、空腹の時間が少なくなり早食いを予防できます。
ワンちゃんからしてみると、食事の量より、もらった回数で満足しているようなので、ワンちゃんの満足感にもつながります。

アイデア2:手で一粒ずつあげる

手でご飯を食べさせてもらっている柴犬

食器からだと一気にパクパク食べてしまう子が多いです。そこで、飼い主さんの手から少しずつあげると早食いを防げます。

これには他のメリットもあり、ワンちゃんからして飼い主さんの手は、美味しいものをくれる手だと認識するので、食べている最中にフードに手が触れてもワンちゃんが怒ったりしなくなる。という躾の意味でも有効だと思います。
しかし、手からしか食べなくなってしまうかもしれませんので、お気を付けください。

アイデア3:早食い防止の食器を使う

上から見た食事中の犬

食器の中がデコボコしていたり、食べにくい細工がなされている食器が売られています。
ワンちゃんにとっては、食べにくくて大変かも知れないですが、病気を防ぐためなら普段からゆっくり食べる癖をつけるのは、とても良いと思います。

アイデア4:おやつを入れられるゴム製のおもちゃを使う

おやつを入れられる犬のおもちゃ

固めのおやつをあげても、すぐにパクパク!あっという間に食べ終わってしまうワンちゃんには、犬用クッキーや、ささみジャーキーなど、なめて水分を含むと徐々に柔らかくなるおやつをゴム製のおもちゃに詰めて与えると、固いおやつを与えるよりも、ゆっくり食べさせることができます。

長い時間、美味しく味わえるのでワンちゃんの気持ちも満たされます。口を使うとエネルギーの発散にもなるだけでなく吠えにくくなる効果も。
上手におもちゃを使って、ゆっくり味わい、ストレスも発散させてあげましょう。

アイデア5:オスワリで落ち着かせる

オスワリをしているトイプードル

食事の前にマテ。とさせる飼い主さんもたくさんいますが、マテ=ご飯!という風にワンちゃんが覚えてしまいます。
なので、食事を前にするだけで、マテを待てずに食べてしまう子達もいます。

マテ。という合図は普段の生活でも、危険を回避したり、静かにさせたりと、大切なコマンドなので、食事の際には使わずに、まずオスワリをさせて、気持ちを落ち着かせるのはどうでしょうか。
少しでもオスワリできたら、それはマテ。と同じ事。オスワリからの、どうぞ。という指示であげると、気持ちが少し落ち着いた分、慌てて食べるという早食い防止になるかも知れません。

アイデア6:フードの大きさをバラバラにして混ぜる

フードの大きさはメーカーによって、ある程度決まっていますが、大きめ、小さめをバラバラに混ぜてあげるのはどうでしょうか?
犬は本来、噛まずに飲み込む傾向がありますが、少しでも食べにくくすることで早食いを防ぐことができます。

まとめ

食事中の犬

ワンちゃん達は食べるのが大好きな子が多いですから、いつもの調子であげていて、急に腸捻転などの病気になってしまうと本当に心配です。
普段から、落ち着いて食べさせる習慣や、工夫をして病気を防ぎましょう!
早食いをやめて、おやつをゆっくり味わうのも悪くないなとワンちゃんが思ってくれたら、お留守番の時にも役立つかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。