PostThumbnail

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

43件の書き込み

  • 投稿者

    41: 匿名 女性 50代以上 2019/09/24 23:14 [通報]

    先代のワンコは、ゲージに慣れてくれなくて子犬の時からフリーでしたが、やっぱり躾が大変でした。共働きなので長時間のお留守番も必至だったので、帰って来たら家の中が大変な事になっていて、結局お留守番中はトイレと化したリビングのゲージと半分のリビングから玄関迄の廊下だけをフリーにして家に帰ると完全フリーでした。子犬の時は大変だったけど、どんどん落ち着いて嫌がらせはたまにされてたけど、普通に自分の行きたい所(涼しい所等)を探して暮らしてました。2代目はまだ3ヶ月の子犬ですが、ゲージに居る事は慣れてる様で留守番中はずっとゲージにいます。
    ゲージの中で、あらゆるわるさはするけどフリーにするより安心出来ます。でも、成犬になってキチンと躾が完全に出来る様になればまた、フリーにさせたいですね。それが1歳になるか2歳になるかは分かりませんけど…でも、それまで使って来たゲージはオープンにして、そのままにしておこうと思っています。賛否両論あるとは思うけど、私は、死んでしまった先代の様に、いつか一緒に寝たいと思っているので。でも本人が寝る時はゲージでしょう~とゲージで寝るのなら、それはそれで寂しいけどOk ですしね。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    42: 匿名 女性 2019/09/30 09:15 [通報]

    家は、基本フリーですけど自分の部屋としてサークルとクレートは置いてます。
    ドアは開けっ放しで好きに出入りしてますよー。
    長時間閉じ込めるのは犬の生態からすれば虐待に近い事ですが、クレートやサークル等で静かに過ごす事を教えるのも飼い主の役目かなと思います。
  • 投稿者

    43: あや 女性 40代 2020/02/23 21:41 [通報]

    私は実は獣医師ですが、今は仕事していません。
    筆者様の仰りたいことはみなさん仰いますし、お気持ちはよくわかります。うちにもワンコ、猫いますので、
    彼らの本能的なものや、自由意思を尊重したい飼い主様だと思います。
    クレートは、あまり必要性が普段からないように感じますが、ゲージは要ります。ゲージ及びゲージ内に設置できる小屋のようなハウスがあれば尚良いです。なぜなら、残念ながら四六時中犬も飼い主だけに従いたくはないからで、自分だけのテリトリー、すなわち飼い主が入って来られないような狭さの空間がどうしても欲しいときもあるからです。犬はあまり熟睡しませんが、本来は人間と離れて熟睡できる時間が必要で、ほんの数時間でも構いませんので一人で熟睡できる場所をあげてください。
    怖ければ犬はゲージの中に入りますが当たり前です。その場所もないのであれば、隅っこにうずくまるしかなく、
    また、犬はテリトリーを大事にしますので、家全体及び飼い主の寝室までがテリトリーになってしまうと、毎日そのテリトリーを隈無く巡回し、異常がないか確認しなければならず、大変なストレスになります。
    災害時にはキャリーです。
    災害時は、共に犬にも我慢してもらう。
    それが、愛する犬との幸せな生活であると思います。人間が、犬に依存すると、犬は確実に寿命を縮めてしまいます。
    いろいろな方に、そういったことをお話ししても、特に家族よりペットを大事にしていて、依存している方には解っていただけないのが現状です。
    犬を愛することと、共依存になることは違い、
    共依存でも構わないのであれば、飼い主とペット、という位置付けではなく、対人間、すなわち言うことを聞かなくなる覚悟、よそ様に迷惑をかけたなら、自分も同じ罪に問われる覚悟がなければいけませんが、現状そういった法律がないので、自分の犬は必ず先に死ぬということをよく考えてみては、と、思います。
    愛する気持ちは素晴らしいのです。だからこそ、
    飼い主が我慢しなければならないのが、
    犬と飼い主との健全な関係性なのです。
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。