高齢で盲目、ガンに冒された犬。保護したその日に飼い主が見つかる!

高齢で盲目、ガンに冒された犬。保護したその日に飼い主が見つかる!

道端で発見された高齢の白い犬は、どうやら目が見えず、精巣ガンに冒されているようです。腰も弱々しく、歩行もままなりません。このかわいらしい犬の運命やいかに?

お気に入り登録

遠目には子犬のようなかわいらしさ。

通報・発見

道路脇で鳴いている白犬を発見した人がタキス・シェルターに保護依頼しました。

犬は目が見えないようです。その上、精巣ガンのよう。この状況から、獣医師に見せれば安楽死をすすめられるかもしれません。

下の静止画では、まるで子犬のようにさえ見えますが、よく見ると病変をかかえた老犬であることがわかります。

犬の状態

どうやら目が見えていないよう。

股間をちょっと、失礼。睾丸にガンが広がっているのが確認できました。

歯は黒ずみ、

腰に力がない様子は、老犬によく見られます。こんなヨボヨボで病気の犬はいらない、と捨てられたのでしょうか…?

犬を車に乗せました。これから病院へ向かいます。

この子の運命やいかに…。

シェルターにて

続いて「動画2」です。

ものすごくのどが渇いていたのでしょう。ペタペタ、ペタペタ、と水を大量に飲みます。

病気の作用でのどが渇くのかもしれません。

後足を踏ん張ることができないので、ビョンと腰を跳ね上げるようにして立ち上がりました。

そしてチョコチョコと、小刻みに歩きます。おじいちゃん、という感じ。

「食べなさい?」とカリカリを口元に持って行くと、気づいてポリポリ、と食べ始めました。

ほんの3、4粒食べたかな?犬は周りにいる犬たちに興味を持ったよう。

左右に振れるようにチョコチョコ、チョコチョコ、と少しずつ前進して、他の犬に近づきます。なんて微笑ましい。

その後

さらに「動画3」で思わぬ展開に!

床で眠り込むこの子を撮影しながら、タキスさんが驚きの経緯を口頭で説明します。

なんとこの子の飼い主が見つかったというのです!

今朝何かの拍子にフラフラと出て行ってしまった愛犬が、タキスさんの元に保護されていることをフェイスブックで知って連絡してくれたそうです。

家は犬が発見された場所からほんの100mの所でした。でもこの子は盲目で体力もなく、帰れなくなっていたのです。

16年間この子を飼っていた飼い主家族は、今朝からずっと探していたそう。

「もう間もなく家族が迎えに来ることになっています。この子はかわいがられているので、安心して家族の元に帰せます」とタキスさんは言っています。

残念ながら飼い主さんとの感動の再会の動画はありませんが、この子の身元が判明し我が家に帰れることになり、めでたしめでたし。

なるべく今の状態を維持して、幸せに長生きしてね!

ところで「動画3」には、黒犬1匹と猫1匹も映り込んでいるのですが、その黒犬はあの黄色い車輪が印象的な「ブラック」です!(家の中では車輪ははずしています。)

この白ちゃんは、ブラックと一瞬交差していたんですねえ(しみじみ)

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

ブラックのお話はこちら

ブラックを知らない方、もう一度あの子の姿を見たい方は、下のリンクからどうそ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。