排水設備にいた2匹のうち1匹は水の犠牲に。残った子だけは保護したい!

排水設備にいた2匹のうち1匹は水の犠牲に。残った子だけは保護したい!

大水発生の際に水を流すためのコンクリートの排水設備内に、2匹の犬が住みつきました。大雨の濁流にのまれて、1匹は命を落としてしまいました。水が引いた今、残る1匹はどうしても保護したいのです。

お気に入り登録

水道管の奥へと逃げる犬を追って

通報・発見

コンクリートの水路に居ついた2匹の犬のうち1匹が大雨で増水した水に溺れて命を落としてしまいました。それを知った人から、保護団体HOPE FOR PAWS に残る1匹の保護依頼が届きました。

犠牲が出ないと事が動かない典型的な例ですね。とにかく、もう1匹を助けましょう。今回は、協力関係にある別の保護団体とも一緒です。

日が落ちてからの保護活動。懐中電灯片手に長靴で水の中を歩きます。おそらく普段は水はほとんどなく、大雨の時だけ水を流すような水路なのでしょう。

水の上に出ている乾いた場所に犬を発見しましたが、接近する人を恐れて、犬は大きな水道管の奥へと歩いて行ってしまいます。「待って、待って」と声をかけますが、どんどん奥へ。その先は行き止まりでした。

犬を追って

円いふちに沿って、こんな体勢で警戒しています。人がさらに近づくと、壁をお尻からよじ登ろうとして何度もすべっています。よほど恐いのですね。

ワイヤリードの輪を首に通そうとすると、見えますか?後足で立ち上がって、イヤイヤしています。そのまま、レンガの壁際に置かれた古い椅子の後ろに隠れてしまいました。

ちょっとずつ触ってみると、大人しく耐えています。椅子をどけて、正面からなでてみました。緊張して固まっていますが、よーく見ると、緊張が少しだけとけてゆくのがわかる、ような気がします。

この流れでワイヤリードも受け入れてくれた犬を抱き上げて、外に向かいます。放心状態な感じです。

ケア

2時間後、「ビッティ」は病院でシャワータイム!シャワーの後はごはんを手からパクパクと食べて、元気そうです。リラックスできてよかったね。

それから

ビッティは一時預かり施設に引き取られました。先住犬の「フランキー」も大きな水道管から救助された子。元気なフランキーの存在に、ビッティも勇気づけられたことでしょう。

そしてフランキー自身も、保護当時、別の保護犬と寄り添って環境の変化を乗り越えました。犬たちと周りの人たちの輪は広がります。

関連記事
排水パイプで孤独に暮らすチワワを保護。小さな彼を癒したのは大きな…
排水パイプで孤独に暮らすチワワを保護。小さな彼を癒したのは大きな…

高速道路の下を横断する排水パイプにチワワが住み着きました。孤独と恐怖でおびえた小さな犬を癒したのは、同じく保護されて回復中の、ずっと大きな犬でした。

  • コラム
  • 里親・保護犬

動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。