排水パイプで孤独に暮らすチワワを保護。小さな彼を癒したのは大きな…

排水パイプで孤独に暮らすチワワを保護。小さな彼を癒したのは大きな…

高速道路の下を横断する排水パイプにチワワが住み着きました。孤独と恐怖でおびえた小さな犬を癒したのは、同じく保護されて回復中の、ずっと大きな犬でした。

お気に入り登録

パイプを逃げて逃げて

通報・発見

高速道路下の排水パイプに犬が住み着いていると連絡を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が緊急出動。

チワワです。捨てられたのでしょうか。

道路の片側の開口部をふさいで、反対側の穴から「フランキー」の保護を試みます。

追跡

パイプの奥へと逃げるフランキーを追って、懐中電灯片手に四つんばいで前進。疲れる!

パイプの奥に水がたまっています。フランキーは水の中を少し歩いて止まり、振り返ります。

「おいで!」と声をかけながら、うわあ、人も四つんばいで水に浸かっているようですよ。

結局フランキーはさらに奥へと逃げてしまい、また水のないところまで歩いてきました。でもその先がふさがれていると悟ったのか、今度はこちらに向かってきます。

フランキーはキャンキャンと叫びながら、懐中電灯に咬みつく素振りを見せます。

そしてまた奥へと走って行ってしまいました。

結局、反対側の端まで来てしまいましたね。穴はプラスチックフェンスでふさがれています。

ゴミと水がたまっています。これは、大変だわ~。

フランキーは隅で小さくなっています。さあ、どうやってつかまえる?

保護

顔をそむけて、現実逃避作戦に出るフランキー。

赤いリードをかけようとすると、キャンッと鳴きましたが、首にリードが巻かれました。

外で待機しているもう1人のメンバーが、フェンスを開けました。

小さな牙にかまれないよう、毛布でくるんで抱き上げます。

ケア

はぁ大変だった。

病院でほこりまみれの体を洗います。こんなに小さいのですね。

友情

おびえていたフランキーを、数週間前に保護され、皮膚病が回復中の「ミリー」に引き合わせると、2匹はサイズの違いを乗り越えて、すぐに打ち解けました。

お互いに癒し、癒されているようです。

それから

フランキーは里親さんとの出会いを待ちます。

孤独に排水パイプに住み着いていた小さな小さな犬のフランキー、心も体も癒されて、素敵な里親さんに出会えたことを願います!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel


Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。