歪んだ鼻、突き出した歯...悪質ブリーダーから救出されたクッキーのお話

歪んだ鼻、突き出した歯...悪質ブリーダーから救出されたクッキーのお話

悪質なブリーダーから96匹もの犬が保護されました。その中でも特にひどい状態のミニチュアダックスがいました。リハビリを乗り越えてセカンドチャンスを楽しむわんちゃんのお話をご紹介します。

お気に入り登録

手術とリハビリを乗り越えて幸せになった犬

ブリーダーによるネグレクト

ブリーダーのネグレクトが原因で、なんと96匹もの犬が保護されました。

降りしきる雨の中、次々に犬たちが保護されて行きます。

特にひどい状態のミニチュアダックス

その中にミニチュアダックスの「クッキー」がいました。

クッキーの鼻は歪み、耳は所々裂けて穴も開いています。歯は違う方向に伸びて口からはみ出し、歯茎には穴が開き、腐敗した歯がグラグラしていて、直ちに獣医師の診察と治療が必要でした。

手術とリハビリ

クッキーは手術を受け、悪質ブリーダーから救出された他の犬たちと共にリハビリを開始。

その後、里親募集に参加できるまでに回復しました。

クッキーのお世話をしてくれたドナさんは「クッキーはどちらかといえば物怖じしない方ですが、初めて会う人には、まだ少しだけ警戒していました。ですが元々人懐っこい性格で、すぐに慣れますので良い里親さんが見つかると確信していました」と語っています。

永遠のお家へ

そして、オリビアさんという女性に出会い、永遠のお家が決まりました!

オリビアさんは、クッキーと一緒に「アップル」というわんちゃんも一緒に引き取りました。クッキーとアップルは、先住犬のマーニーとアルフィーとも仲良しになり、4匹のわんちゃんの ”ハッピー・ファミリー” ができました。

オリビアさんは「RSPCAは、クッキーにセカンドチャンスをくれました。クッキーを救い、私たちに出会わせてくれました。クッキーは得るべき愛情を受けながら、生涯にわたって私たち家族や他の犬と幸せに暮らします」と語っています。

クッキーのこの表情から、幸せが伝わってきますね!

まとめ

飼育のプロであるべきブリーダーがネグレクトするなど、命をお金儲けの道具としか思っていない、本当に悪質で許し難い行為です。世界中で取り締まりが強化されることを願います。

そして救出されたすべての犬がセカンドチャンスを楽しめることを願ってやみません。

クッキーの保護から、幸せそうに新しい家族と戯れる様子までぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。