ガレージに隠れ無反応だった小型犬の保護。里親に見せる表情の違いに感動!

ガレージに隠れ無反応だった小型犬の保護。里親に見せる表情の違いに感動!

ガレージの奥に隠れていた小型犬を保護。初めは表情もなく、人にも無反応でしたが、保護後にやっとリラックスし、その後、里親さんに引き取られると、明るい表情と活発さが戻りました。

お気に入り登録

無表情、無反応

通報・発見

個人宅のガレージの中に犬がいるとの通報を受け、保護団体HOPE FOR PAWS がかけつけました。

通報したのは以前に同団体が保護した、泣き虫な大型犬「レイン」の里親さんでした。

犬好きさんは、どこにいても犬が目に留まるのでしょうね。

色々なものが置いてある広いガレージの奥に、小さな白い犬が不安そうに隠れていました。

確保

ただ黙って座り、ワイヤリードをかけられても、手でさすられても、「見ない見ない」戦法を繰り出す犬。

リードを右の方に引っ張ると、頭が傾いて…このスクリーンショットの次の瞬間、首からリードがするっと抜けてしまいました。

やり直しです。

リードを首にかけましたが、結局、手でつかまえました。

終始大人しい…というよりは、無表情、無反応のこの子。「モンキー」と名付けました。

ケア

病院で全身を洗います。

犬には珍しく、ずぶ濡れでも完全にリラックスしているようです。

舌まで出して、「何それ!?」とスタッフを驚かせました。ここからやっと、モンキー本来の性格が出てきたようです。

ブラッシングも気持ちいい~。

それから

しばらくして、モンキーは一時預かり施設から、里親さんに引き取られました。

子供もいる明るい家庭で、モンキーの表情は明るく、外でも家の中でも元気です。

無表情、無反応だった保護の時とは見違えるモンキーの動画をご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

泣き虫レインの保護のお話はこちら

「保護が不安で「ヒーン」と鼻を鳴らす犬。幸せになった姿に涙」

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。