トイプードルのひげにはどんな役割があるの?お手入れ方法も解説

トイプードルのひげにはどんな役割があるの?お手入れ方法も解説

普段は隠れていて見つけにくいプードルのひげ。プードルのひげはどこにあるかご存知ですか?今回は、プードルのひげに注目しました。ひげの役割やお手入れ方法も解説していきます。

トイプードルにはひげがある!その役割とは?

かわいいトイプードル

トイプードルのひげはどこにある?

ぱっと見た印象では、ひげがないように思われるトイプードル。しかし、トイプードルにも他の犬と同様にしっかりとひげが生えています。

トイプードルのひげがないように見えるのは、トリミングをしたときに美しく仕上がるよう被毛と一緒に整えられているからです。

トイプードルのカットで人気が高いのは、顔周りの被毛を丸く整えて可愛らしく見せるテディベアカットやマッシュカット、アフロカット。このようなカットをしていると、顔周りの巻き毛に覆われていてひげが目立ちません。

顔周りの被毛をかき分けて観察してみると、ひげが生えているのを確認できます。マズルにバリカンを入れているカットスタイルのプードルだと、ひげがあることがよくわかります。

トリミングしたてだと、マズルの横にひげの毛穴が見えます。被毛が伸びてくるとひげも一緒に伸びてくるので、ひげを確認しやすいでしょう。

トイプードルのひげがある箇所は、下記のとおり他の犬種と同じです。

  • マズルの横(鼻の横)
  • 口元
  • アゴ下
  • 目の上

トイプードルのひげは、カットスタイルによって顔周りの巻き毛に隠れていることがあるので、わかりにくいでしょう。しかし、よく観察してみると他の犬種と同じようにひげが存在しているのです。

ひげの役割とは?

トリミングではカットしてしまうことが多いトイプードルのひげ。犬もひげをカットされて困ったような様子は見られません。では、犬のひげは何のためにあるのでしょうか。

ひげには下記のような役割があるとされています。

  • 平衡感覚を保つ
  • 障害物や獲物との距離を測る
  • 風向きを確認する
  • 気分を表す
  • 獲物に触れ、振動で生死の確認をする

犬のひげは「触毛(しょくもう)」と呼ばれる特殊な体毛に分類され、ひげの根元には神経と血管が通っているのです。ひげ自体は筋肉で動かすことが可能で、ひげで感知した情報を神経へ伝えます。

ひげは、犬にとって感覚器官としての役割をしているといえるでしょう。

トイプードルのひげは切っても問題ないの?

カットをされているトイプードル

トイプードルのひげを切っても問題はありません。トイプードルのひげを切るのは、ひげがなくても生活ができるからという理由とトリミングをするときの外見上の理由からです。

犬が主に狩猟犬や使役犬として活躍していた時代には、ひげの役割が重要でした。トイプードルの祖先犬も水猟犬として活躍しており、猟で仕留めた水鳥を回収する仕事をしていたという記録があります。その時には、ひげは獲物との距離や生死の確認をする際に役立ったことでしょう。

現在、ほとんどの犬が愛玩犬として飼われているので、ひげの役割はあまり重要視されていません。飼い主さんによる整った環境での生活で、犬はひげに頼らなくても生きていけるようになったからです。

トイプードルのようなカット犬は、被毛と一緒にひげを整えたほうが可愛らしく見えます。しかし、ひげの必要性が全くないとは言いきれません。

ひげを切っても良いのは、聴覚や視覚に問題がない場合です。視覚や聴覚に問題がなければ、ひげがなくても周りの情報は得ることができます。

視覚や聴覚に問題があって、ひげも切られている状態だと、犬は周囲の情報を得ることが難しくなってしまうのです。基本的には、ひげは切っても問題はありませんが、聴覚や視覚に問題がある犬や老犬にはひげを残しておいた方が無難といえるでしょう。

老犬の場合は短く切りすぎないようにする

犬も歳を重ねていくと、聴覚や視覚が衰えていきます。視覚や聴覚が衰えていくと周りの情報を得ることが難しくなってきます。障害物にぶつかりやすくなってしまうことも少なくありません。

前述したように、ひげには平衡感覚を保つ役割と障害物との距離を測る役割があります。ひげを残しておくと、ひげが視覚と聴覚の代わりとなり、障害物との衝突を避けることが可能です。そのため、老犬には、ひげという感覚器官が残されていた方が安心でしょう。

老犬になると、ひげの生え変わりが少なくなり、ひげも貧弱になるので切りすぎには注意してください。トイプードルはカット犬なので、老犬だからひげを残したいという理由があればトリミングに出すときにトリマーに相談してみると良いでしょう。

トイプードルのひげを抜くのはNG

トイプードルのひげは抜いてはいけません。ひげの根元には、感覚受容器が豊富に存在しています。環状洞という血液で満たされている部分があり、ひげの振動を増幅して視覚神経へと情報を伝えます。

無理にひげを抜くことは、痛みを伴うだけではなく、とても大事な感覚器官としての機能を失う恐れがあるのです。ひげを切るのは問題ありませんが、抜くことはやめましょう。

トイプードルのひげのお手入れ方法

自宅でひげを切る

まず自宅でひげを切る場合は、小さいハサミを用意します。刃先が丸くなっているものを使用してください。人間用の眉毛切りハサミや鼻毛切りハサミでもかまいません。

ひげを切る時は、被毛をかき分けてひげの生え際をしっかりと見えるようにしましょう。切る場所を確実に確認することができたらひげを切ります。

ひげは根元より少し上を狙って切りましょう。ひげの根元は神経に近い敏感な部分なので、根元ギリギリに切ると犬が嫌がる場合が多いです。

ひげだけを切ることが難しい場合は、マズルを丸く整えるイメージで被毛と一緒にひげも切ってしまうと良いでしょう。こちらの方法は犬も嫌がりにくく、怪我もしにくいです。

ひげを切るときにじっとしていられない犬や口周りを触られることが嫌で暴れてしまう犬には、無理に切ることはやめてください。ひげ切りはハサミを使うので、怪我に繋がるおそれがあります。刃を犬の目に向けないこと、皮膚を傷つけないようにすること、慎重に切っていきましょう。

プロのトリマーに頼む

ひげのお手入れにはプロのトリマーに頼む方法があります。しかし、トリミングサロンでは、トイプードルのひげだけお手入れすることは一般的ではありません。通常、カットスタイルに合わせて、きれいに見えるようにひげも整えていきます。

ひげが気になる場合は、トリマーにひげが目立たないカットができないか相談してみると良いでしょう。顔にバリカンを入れてマズルをすっきりさせたカットだとひげも気にならないかもしれません。

老犬でひげを残したいという場合にも、トリマーに相談してみることをおすすめします。顔を全体的に丸くしたカットスタイルに整えてもらえれば、ひげを残してもらうこともできるでしょう。

まとめ

トイプードルのかわいい画像

今回はトイプードルのひげについて解説していきました。

トイプードルはカットによってひげがないように思われますが、他の犬種と同様にひげが生えています。ひげは、障害物との距離を測る、平衡感覚を保つ、風向きの確認など感覚器官としての役割があることがわかりました。

現在、愛玩犬として飼われている犬が多いので、ひげの役割はそこまで重要視されていません。しかし、視覚や聴覚に問題がある犬や老犬には、ひげが必要です。

トイプードルのひげをお手入れする場合は、プロのトリマーに任せる方法と自宅で切る方法があります。プロに頼む方法だと、ひげが気になる場合はどのようなカットスタイルにするかしっかりと相談することが必要です。

自宅で手入れをする場合は、嫌がる犬も多いので、怪我をさせないように気を付けて、出来る範囲でお手入れをしていきましょう。愛犬の状況に合ったひげのお手入れをしてください。本記事が参考になれば幸いです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい