犬の毛を自宅でカットする仕方は?必要な道具やコツと注意点

犬の毛を自宅でカットする仕方は?必要な道具やコツと注意点

愛犬の皮膚病予防や健康維持をするために、お手入れは必要不可欠です。愛犬のカットを自宅でするために、適した道具選びと正しい知識で、安全にカットするポイントを紹介します。

犬を自宅でカットをする際に必要な道具

ここに画像の内容を表す説明文を書く

初めて自宅でカットをする際、まずは愛犬に適した道具選びをしましょう。プロが使うような道具は、仕上がりはキレイですが、初心者が使うには難しいものもあります。

間違った道具を使うと、愛犬の皮膚を傷つけてしまうかもしれません。まずは、ペットショップやホームセンターなどで売っている、ペット用の道具を準備することをおすすめします。

必要な道具を揃えよう

  • スリッカー
  • コーム
  • ピンブラシ
  • カットハサミ
  • スキバサミ
  • ミニバサミ
  • バリカン
  • トリミングテーブル

ブラッシングをするためのスリッカー、コーム、ピンブラシを準備しましょう。カットをしながら毛を整える時にも必要になります。必ず揃えておきたいのがカットする仕上げ用のハサミです。

とても切れ味が良いので、切りすぎに注意が必要ですが、全体的に短くカットしたい場合は、バッサリ切ることができるカットハサミを準備しておきましょう。

スキバサミもあると便利なハサミです。少しずつカットすることができるので、バランスを崩さず、スッキリと仕上げることのできるハサミです。一度にたくさん切れないので、切りすぎてしまうのが不安な方や、あまり長さを変えたくないという方におすすめです。

ミニバサミは、お顔のカットが必要な犬は特に便利です。刃の長さが短いので、カットしづらい部分や、細かい部分を整えるのに使います。ボブバサミとも呼ばれています。

バリカンは、短時間で仕上げたい方におすすめの道具です。ハサミで仕上げるよりも一定の長さでカットできるので、慣れたら素早く仕上げることができます。刃を付け替えることができるタイプのものは、好みの長さに変えられるので、季節に合わせて長さを調節することもできます。

初めて使う方は、重いバリカンよりも、軽くて小さいバリカンの方が手も疲れにくく、小回りも効くので、使いやすくておすすめです。バリカン特有の音と振動を嫌がる子もいるため、低振動で消音タイプのものを選びましょう。コードレスの商品が扱いやすいです。

ミニバリカンは、足裏の毛を刈るのに便利な小型のバリカンです。1ミリの刃に付け替えれば、体用のバリカンで足裏を刈ることもできますが、ミニバリカンはコンパクトサイズで持ちやすく、細かい部分のカットに使えるので、一台あるととても便利です。

トリミングテーブルはできるだけあると便利ですが、高価で場所も取るので、愛犬を乗せることができる台を用意できるととても作業がしやすくなります。アイロン代や、折り畳みテーブルに滑り止めシートを貼ったりなど、様々な工夫をしてカットをしている方が多いようですが、すぐに飛び降りてしまったり、転倒してしまう危険もあるので気を付けてください。

ペット用と人間用道具の違い

ペット用の製品と人間用の製品は基本的に刃が違います。犬の毛は人の毛よりも柔らかいので、人間用のバリカンでは毛が逃げてしまい、うまく刈ることができません。犬用のバリカンは、柔らかい毛でもカットしやすく肌を傷つけにくく作られています。毛が硬めの犬もいますが、人間用のバリカンを使うと毛が絡み、壊れてしまう場合があります。

ペットに人間用のハサミを使うことはできますが、人間用のハサミは刃の形が違うので、毛が逃げるように設計されています。ペット用は毛を逃さないということが重要視されていますが、基本的に人間用との違いはないので、使用して問題はないでしょう。

しかし、ペット用のハサミは、ペット用に研ぎを施したハサミなので、人間用のハサミはすぐに切れ味が悪くなってしまうので注意が必要です。どの製品も負担が少なくなるように、ペット用に考慮して作られています。

人間用の道具を使うこともできるかもしれませんが、トラブルをできるだけ防ぐためにも犬専用の製品を使用しましょう。

犬のカットを自宅でする方法

バリカンでカットされている犬

カットをする前にすること

カットをする前にシャンプーをして、余分な油分や汚れ、ホコリを落としておくことで、仕上がりのキレイ差が変わってきます。しっかり根本からブラシをかけて、抜け毛の処理もしておきましょう。

カットのポイント

いきなり身体をカットするのが不安な方は、まず足回りからカットしてみましょう。

足を持ち上げ、肉球の間を指で広げ、ミニバリカンを使って毛を刈ります。難しい場合は、肉球からはみ出している毛をカットできれば大丈夫です。

足裏のバリカンが終わったら足を下ろし、ミニバサミで足の形が丸くなるようにカットします。次に尻尾を持ち上げて、肛門周りにかかっている毛をミニバリカンでカットします。難しい時は、ミニハサミを使って肛門にかかる毛をカットしましょう。

お顔のカットは苦手な犬が多いですが、放置しておくと目の中入ったり、ご飯を食べたり水を飲んで濡れて汚れたままにしておくことで、悪臭を放つことがあります。目の周りや口周りの細かい部分はミニハサミで、慎重に整えていきましょう。気を付けながら全体を、好みの形にカットしていきます。

身体にバリカンをかける時は、強く押し当てないようにし、毛の流れに沿って刈っていきます。頭の方からお尻に向かってバリカンを一気にかけていきます。バリカンをかける時は皮膚に平行に当て、滑らせるように動かしていきましょう。

バリカンをかけ終わったら、カットバサミやスキバサミでカットしていきます。コームを使って整えながら理想の長さになるように整えていきましょう。スキバサミを使う場合は、使いすぎると梳きムラができてしまうので、同じ箇所を何度も梳かないようにハサミを入れていくことがポイントです。

犬を自宅カットするときのコツと注意点

トリミングをされているトイプードル

体のカットを上手にするコツ

毛玉やもつれが残ったままだと、犬が痛い思いをしてしまったり、ガタガタになりやすくなります。きちんとブラシを通してからカットに入りましょう。ガタガタなカットになってしまった場合は、スキバサミでぼかしてあげましょう。なんとなくいい感じに誤魔化してくれる優秀なハサミです。

バリカンは強く当てすぎると跡が入りやすくなります。バリカンの重さだけでかける感覚で刈っていくと上手に刈ることができます。

顔のカットのコツ

普段から顔を触られることに慣れてもらいましょう。ほっぺの下あたりの毛を持つと切りやすくなりますが、急な動きに対応できるように気を付けましょう。目の周りをカットする時は、ハサミ全体を寝かせながらカットします。

シワの多い犬の場合は、シワを伸ばしながらカットしましょう。時にはプロにお任せし、自宅でできるお手入れの仕方を教えてもらうと上達の近道になります。

ケガをさせないために良い道具を正しく使う

ハサミを大きく開かず、カットする分だけ開き、皮膚を傷付けないようにしましょう。切れ味の悪いハサミを使うことは無理な力が入るので危険です。道具選びにも注意しましょう。使っている道具を持ち変える時に、犬の足元に置くと踏んでしまい危険です。離れた場所に置くか、きちんとしまいましょう。

刃先を犬に向けないことは基本です。犬の皮膚は薄く、とてもデリケートです。バリカンを強く当てるとケガをさせてしまいます。バリカンをかける時は、イボや傷に引っかけないように手で確認しながら刈っていきましょう。

カットを嫌がる時の対処法

バリカンを嫌がる場合はまず、刃の付いていない部分を犬の身体に当て、振動や音に慣らしてあげましょう。道具が怖くないことを知ってもらう事が大切です。いきなり全身カットに挑戦せず、顔だけ、体だけ、足だけ…など、部分ごとに絞って何日かに分けて少しずつカットしていきましょう。

まとめ

ご機嫌でカットをされている犬

犬のカットを自宅でできるようになると、愛犬とのスキンシップにもなり、サロン代も節約できるうえ、連れて行く時間がない時や簡単なお手入れがしたい時など、好きなタイミングで行うことができ、時間を有効的に使うことができます。

自分の手で愛犬を清潔に、可愛くできることはとても嬉しいことです。正しい道具選びや正しい知識で、安全に取り組みましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい