マルチーズの涙やけの原因と対策!おすすめのケアグッズも紹介

マルチーズの涙やけの原因と対策!おすすめのケアグッズも紹介

マルチーズの目元が涙やけで変色すると毛色が白いだけに目立ってしまい、気になるものです。ここでは、涙やけする原因や予防・対策方法、涙やけのケア方法について詳しく解説します。

マルチーズの涙やけの原因

見上げるマルチーズ

涙やけとは、涙の成分によって目の回りの毛が変色してしまうことです。被毛の白いマルチーズは変色すると目立ちやすく、どうにかしたい飼い主さんも多いでしょう。

涙やけの根本的な要因は涙の量が多すぎることですが、そうなるのはなぜでしょうか。ここでは、涙の量が増える主な原因を4つ挙げて解説します。

  • 食事(アレルギー)
  • 遺伝
  • 病気
  • 目に異物が入った刺激

食事(アレルギー)

涙の量が増える原因の1つとして考えられるのが、毎日の食事やおやつです。添加物や油脂分の多いフードやおやつを与えていませんか。添加物や油脂類を摂取し過ぎると、体内で老廃物となって鼻涙管が詰まりやすくなります。

鼻涙管とは、涙を鼻の方に流す管のことです。これが詰まると、涙は行き場を失います。すると目からあふれて周囲を濡らすようになり、酸化や細菌の繁殖によって涙やけを起こすのです。

また、フードやおやつに含まれる成分によってはアレルギーを引き起こすこともあり得ます。アレルギー結膜炎が起こると涙の量が増え、涙やけにつながります。

遺伝

マルチーズなどの小型犬は、鼻涙管が狭かったり閉塞していたりして遺伝的に流涙症になりやすい傾向があります。流涙症とは、常時涙があふれる疾患です。

常に目元が涙で濡れるため、涙やけが起こるだけでなく、湿疹やかゆみを生じることもあります。流涙症でかゆみが起こると引っ掻いて症状を悪化させる可能性が高いため、注意が必要です。

病気

目の病気にかかって涙を流していることもあります。涙を頻繁に流すだけでなく、目が充血していたりしきりに目をこすっていたりする様子が見られるなら、眼病にかかっている可能性が高いです。目の病気には、以下のようなものがあります。

  • 結膜炎:結膜が炎症を起す
  • 角膜炎:角膜に傷が月い、炎症を起す
  • ものもらい(マイボーム腺炎):まぶたの縁にある皮脂を分泌するマイボーム腺が炎症を起す

目に異物が入った刺激

目にゴミやほこり、被毛などが入ってしまい、その刺激によって涙が止まらないこともあります。目の周りの被毛は手入れをしないと伸びて目に入るようになるため、定期的にトリミングするか結ぶかすることが必要です。

涙やけの予防対策

涙やけをしているマルチーズの目

涙やけすると、元の白い状態に戻すまでに時間がかかります。愛犬の目元が涙やけを起こしているのに気がついたときは、対策してあげましょう。ここでは、涙やけの予防・対策方法について解説します。

  • 質の良いドッグフードを与える
  • 目の周りの毛をこまめにカットする
  • 室内はこまめに換気し掃除して清潔に保つ
  • 動物病院を受診する

質の良いドッグフードを与える

安価なドッグフードは質が悪いものが多く、鼻涙管を詰まらせる原因となりやすいです。涙やけを予防するためだけでなく、愛犬の健康を維持するためにも、質の良いフードを選んであげましょう。

ポイントは、良質なたんぱく質やオメガ3脂肪酸が配合され、低脂肪で無添加のフードを選ぶことです。パッケージの原材料を確認し、最初に「チキン」「牛肉」「ラム」など何の肉か明記されているフードを選ぶと良いでしょう。

「肉副産物」や「〇〇ミール」などと書かれているものは何の肉を使っているか不明なため、おすすめできません。穀物類が最初に記載されているフードも、アレルギーを起しやすいとされるため避けたほうが良いでしょう。

オメガ3脂肪酸は、炎症を抑えるとされる栄養素です。脂質は重要な栄養素の1つではあるものの、配合割合が高すぎると涙やけだけでなく肥満も招く恐れがあります。合成着力料や酸化防止剤、保存料などの添加物は、犬には不要なもの。入っていないことが望ましいです。

目の周りの毛をこまめにカットする

被毛が目に入って涙が出ることもあるため、こまめにトリミングすることも有効です。とはいえ、目の回りの毛を素人が自分でカットするのは危険を伴います。自信がなければ、トリミングサロンや動物病院でお願いすると良いでしょう。

忙しかったり遠方だったりしてトリミングサロンに行くのが大変なら、目の周りの被毛をシリコンゴムなどで結ぶ方法もあります。ただし、きつく結ぶと肌に負担をかけ、愛犬のストレスにもなりかねません。根元から離れた部分をふわっと結うようにしましょう。

愛犬が嫌がるようなら無理に結ばないようにしてください。また、結びっぱなしは被毛や皮膚を傷める恐れがあるめ、2~3日に1度は外して優しく毛をほぐしてあげましょう。

室内はこまめに換気し掃除して清潔に保つ

ほこりやゴミが目に入らないよう、ふだん過ごす部屋は定期的に換気し、きれいに掃除しましょう。

動物病院を受診する

先にも述べたように、マルチーズは遺伝的に流涙症になりやすい傾向があります。また、逆さまつげだったり、目の病気にかかっていたりする場合、自宅でいくら対策しても治りません。

拭いても追いつかないほど涙があふれる、フードを変えたり掃除を徹底したりと対策しても治まらないなど症状がひどいといった場合は、動物病院を受診することが必要です。原因を特定し、適切な治療を施してもらいましょう。点眼や服薬による治療のほか、場合によっては手術が必要なケースもあります。

マルチーズに涙やけができた時のケア方法

涙やけのシャンプー

愛犬が涙やけを起こしていたら、すぐに目元のケアをしてあげましょう。ここでは、目元ケアの方法について具体的に解説します。

  • ローションをしみこませたコットンで優しく拭く
  • 目頭を優しくマッサージをする

ローションをしみこませたコットンで優しく拭く

まず、清潔なコットンやガーゼに涙やけ専用ローションか精製水をしみこませ、目の周りにあててなじませましょう。ただし、目を完全に覆うと愛犬が驚いて嫌がる可能性があります。目じりから始め、少しずつなじませていくのがコツです。

ローションがなじんで毛がほぐれたら、そっと拭きとります。このとき、こすったりしてはいけません。涙で固まってしまった部分があれば、ふやけているはずなので目の細かいコームで優しくほぐしましょう。

最後に清潔な乾いたコットンやガーゼを優しくあて、水分を拭きとります。水分をとらないと雑菌の繁殖を促すことになるため、必ずふきとってください。

目頭を優しくマッサージをする

鼻涙管のつまりは、マッサージである程度解消できることがあります。愛犬を後ろから抱っこして膝にのせ、目頭から目の下のあたりに親指をあてて軽く押すようにしましょう。

長々やる必要はなく、短時間で十分です。また、決して力をいれてはいけません。マルチーズの目を傷つけないよう、飼い主さんは手の爪を短く切り揃えておきましょう。

マッサージは、鼻涙管のつまりを解消して涙の量を減らすことが目的です。マッサージによって変色した被毛が白く戻ることはありません。涙の量を抑えて新たな涙やけを防ぎ、新しい体毛が伸びるのを待ちましょう。

マルチーズの涙やけケアに適している商品のご紹介

涙やけをケアするグッズはたくさん出ています。ここでは、特におすすめの商品を3つ紹介しましょう。

ラファンシーズ クリアフェイス

ラファンシーズ クリアフェイス 125ml
¥2,850 (¥23 / ml)円(税込)

弱酸性なので肌への刺激が低く、愛犬のデリケートな目元にも使えるアイケア用のローションです。香料を配合していないため、匂いに敏感な犬も嫌がらないでしょう。ただし、ごく軽く原料の香りがします。使い方は簡単で、適量をコットンに出し、気になる変色部分にあててなじませたあと、乾いたコットンでふきとれば完了です。

高級 目ヤニ取りクシ (ミニコーム)

涙で固まった被毛は、ローションなどでふやかしたあとコームをかけてほぐすことが必要です。このミニコームは、小さなお顔のマルチーズの目元に使うのにもぴったりのサイズです。ほどよい重さなので手に良くなじみ、使いやすいでしょうう。価格がやや高めですが、丈夫な金属製で壊れにくく長く使えるので、長い目で見ればお得です。

【メイド オブ オーガニクス】オーガニックコットンシート 

メイドオブオーガニクス フォードッグ オーガニック コットンシート 80枚
¥1,470円(税込)

愛犬のデリケートな目元をケアするなら、拭くものにも気を配る必要があります。メイドオブオーガニクスのコットンシートは、製造過程で漂白剤や接着剤などの合成成分を一切使っていません。

肌あたりの優しいシートなので、目元ケアにおすすめです。指にまいて愛犬の歯を磨いたり、お手持ちのイヤークリーナーをしみこませ耳掃除に使ったりと、目元ケア以外のさまざまな用途にも使用できます。

まとめ

タオルにくるまっているマルチーズ

涙やけとは、涙によって濡れた目の周りの毛が変色してしまうことです。涙やけそのものには健康上の問題はありません。とはいえ、涙やけしているということは、何か問題があって涙の量が増えていることを意味します。

涙の量が増える原因は、品質の悪いフードによる鼻涙管の詰まり、目に入った毛やほこりなどの異物による刺激、眼病などさまざまです。まずは、質の良いフードにかえる、目の周りの毛は短くカットする、部屋は掃除するなどの基本的な対策をしましょう。

そのうえで、症状が治まらないのであれば動物病院で受診して適切な治療を受ける必要があります。適切な対策とケアで、大切な愛犬の目元を涙やけから守ってあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい