老犬は目やにが多くなる?正しい取り方や異常を見分けるポイント

老犬は目やにが多くなる?正しい取り方や異常を見分けるポイント

犬の目に出る目やに。目やにが出ることはよくあることだけど、歳と共に増えてきた気がする…と心配になる飼い主さんもいますね。今回は、老犬の目やにが増える原因と目やにの取り方、異常の見分け方をまとめました。

老犬になると目やにが増える理由

こちらを見る老犬

目やには、どんなに健康な犬でも寝起きやふとした時に出るものです。そして、老犬になると病気でなくても、目やには増える傾向があります。愛犬の目やにが増えると、それが自然のことなのか、病気なのか、分からなくて不安になることもありますよね。ここでは、老犬の目やにが増える理由をご紹介します。

そもそも目やにとは、老廃物の一種で、涙と共に排出された老廃物が目のフチにたまって、水分が抜けて固まったものが目やにになります。起きている時は常に瞬きをして、涙が流れているため、涙と一緒に老廃物は流れ出ていくものです。しかし、寝ている時は瞬きをしたり、涙を流すことがないので、目のフチに老廃物が溜まって目やにが出来ます。

老化による睡眠時間の増加

老犬になると、寝てる時間が長くなるため、自然と瞬きや涙を流すことが減少し、目やにが出来やすくなります。特に、最期の数日〜数ヶ月は、より一層寝る時間が長くなり目やにが増える傾向があります。

新陳代謝や水分量低下

犬も高齢になると新陳代謝が衰えたり、体内の水分量が低下します。すると、本来排出されるはずの老廃物が排出されにくくなり、涙に含まれる老廃物の量が増えます。体内の水分量が減ると、涙の水分量も減り、涙が少しベタついたり老廃物が固まりやすくなるため、目やにが出来やすくなるのです。

このように、老犬は老化による変化から目やにが多くなっていきますが、目の状態に異常が見られたり、目やにの量や色などに違和感がある場合、病気の可能性もあるため注意が必要です。

目やにが増えると心配になる病気

  • ドライアイ
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • 白内障

ドライアイ

犬も人間同様にドライアイになることがあります。通常、犬の目は涙で覆われていて、この涙が目の乾燥を防ぎ、外部からの刺激や細菌感染などから目を守っています。しかし、老犬になると体内の水分量が減少して、涙の量が少なくなり、ドライアイになりやすくなります。

ドライアイになると、不快感から目をショボショボさせたり、目を擦ったり、目やにが増えたりします。このドライアイは、結膜炎や角膜炎といった病気の原因にもなります。

結膜炎

結膜炎とは、まぶたの内側のピンク色の部分が炎症を起こしている状態です。犬の結膜炎には、ウイルスや細菌感染による『感染性結膜炎』と、アレルギーや、目に入った異物が刺激となったり、なんらかの理由で目に傷が出来てしまった結果結膜炎になる『非感染性結膜炎』2つのタイプがあります。

結膜炎というと『うつる』と心配になることもありますが、犬の結膜炎の多くが非感染性結膜炎で、こちらは他の犬にうつることはありません。ただし、どちらのタイプかは動物病院で検査をして調べる必要があります。また、結膜炎は自然治癒する場合もありますが、自然治癒せず重症化すれば、視力の低下や失明の危険もある病気です。

角膜炎

角膜炎とは、黒目の部分の表面を覆っている角膜に炎症を起こしてしまっている状態。目に異物が入ったり、何かにぶつかって角膜に傷が付いたり、目を強く擦すったりすると、角膜に傷が付いて角膜炎を起こすことがあります。

シーズーやフレブル、チワワといった鼻が短く目が大きな犬種は目をぶつけやすいため、角膜炎になりやすいといわれています。また、アレルギーやウイルス、細菌感染が原因となったり、結膜炎や緑内障といった他の眼病から角膜炎に発展することもあります。

白内障

白内障とは、目の中の水晶体の一部や全体が白く濁り、視力が低下する病気です。原因は様々で、遺伝や加齢が大きな要因とされています。そのため、老犬のほとんどが白内障になっているといわれています。初期の段階では、日常生活に問題もなく、目が白くなってることに気付くことはほとんどありませんが、進行すると失明の恐れもあります。

確実な予防法はなく、一度白くなった水晶体を元に戻すことはできませんが、早期発見をすれば症状を遅らせることが出来ます。愛犬が老犬になり、暗いところで動きたがらなくなった、物にぶつかりやすくなったといった様子が見られたら、早めに対処してあげましょう。

老犬の目やにの状態を見分けるポイント

白内障になっているミニチュアダックスフンド

正常な目やにの場合

目やにが少量で「白」「黒」「グレー」「茶色」であれば異常はありません。黒い目やにに驚く飼い主さんもいると思いますが、犬の目やには老廃物やゴミなどが混ざると黒っぽくなったり、茶色くなることがあります。老犬になって増えやすくなる目やにも、正常なものであれば心配はいりません。

異常な目やにの場合

目が開かないほどの大量の目やにが出ていたり、「黄色」「緑色」の目やにが出た時は注意が必要です。また、目やにを拭いてもすぐにまた目やにが出たり、涙が多い、目の充血が見られる、目やにが臭い、といった場合も、なんらかの異常がある可能性があります。

老犬の目やにの取り方とケア方法

ラブラドールレトリバー

目やにの取り方

正常な目やにであっても、放置すると雑菌が繁殖して、それが結膜炎や目の病気の原因になってしまうこともあります。特に、老犬は目やにが出やすいので、こまめにケアしてあげる必要があります。犬の目に目やにが出ていたら、コットンやガーゼなどで優しく拭き取ってあげましょう。

ティッシュは、繊維が荒いため、目を擦ると目を傷付けてしまう恐れがあるため、なるべく使わない方が良いでしょう。綿棒を使う場合もありますが、綿棒のような細いものが目に近付くと、怖がって嫌がる犬もいますし、目を突いてしまっては危険です。慣れないうちは、綿棒の使用も避けた方が無難です。

目やにが硬く固まっている時の取り方

目やにが乾いて硬くなってしまっている場合は、ぬるま湯に浸けたコットンやガーゼを軽く当てて、ふやかしてから取るようにしましょう。強く押し当てたり、ゴシゴシと擦らないように。拭き取った後は、乾いたコットンで残った水分もしっかり拭き取りましょう。目元を湿ったままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、涙やけや目やにが増える原因になります。

目やにが目の中にある時の取り方

目やにが目の中の眼球の上にある場合は、無理して取ろうとせずに、瞬きや涙で自然と目のフチに出てくるまで待つか、犬用の目薬で洗い流してあげましょう。

目が正常な状態であれば、目は涙で覆われているため、目の中に目やにがあっても、痛がることはあまりありません。また、涙には自然に目やにやゴミを排出する作用もあるので、無理して眼球を傷つけるよりも、自然に出てくるのを待つ方が良いです。

その他のケア

目やには老廃物の蓄積によって出来ます。そのため、生活環境やドッグフードの質によって増えることもあります。愛犬の過ごす部屋は埃やゴミが溜まらないように、日頃から掃除をこまめに行いましょう。また、年齢による体調の変化から、これまで食べていたドッグフードが合わなくなることもあります。

老犬には老犬用のフードを選び、愛犬に合ったフードを与えるようにしましょう。フードをふやかして与えれば、水分補給にもなり、老廃物の排出を促す効果も期待できます。老犬は体内の水分量が減少するので、積極的に水分補給をすることで、目やにの予防にもなります。

老犬の目やにで異常がある時の対処方法

トイプードルの目をチェックしている画像

老犬の目やにが出る原因は様々ですが、目になんらかの疾患があった場合、多くは目薬を使った治療を行います。薬局などで犬用の目薬が売られている場合も稀にありますが、目の病気は、痛みや痒みを伴ったり、放置すると視力の低下や失明の危険もあります。

特に、老犬によくみられる白内障は注意が必要です。病気の症状によって治療方法も変わるため、異常な目やにが見られた場合は、自己判断せずに、早めに動物病院を受診して、適切な治療を行いましょう。

まとめ

こちらを見つめる老犬のミニチュアダックスフンド

いかがだったでしょう?可愛い愛犬の目に出る目やに。その目やにが増えると心配になる飼い主さんも多くいますね。ですが、歳とともに目やにが増えることは老犬にはよくあることです。目やにが出ていても、目やにの色や目の状態が正常な場合は、優しく目やにを拭き取るなど、必要なケアをしてあげてくださいね。

しかし、ドライアイや結膜炎といった疾患が疑われる異常な目やにが出た場合は、注意が必要です。目の疾患は、時に視力の低下や失明といった、犬の健康に大きく関わることもあります。

生理現象の目やになのか、なんらかの疾患があるのか、日頃から愛犬の目や目やにの様子をよく観察して、異常が見られた場合は、動物病院に行くなど、早めに対処をしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい