犬が体をピーンと伸ばす理由4つ!実は病気が隠れていることも…?

犬が体をピーンと伸ばす理由4つ!実は病気が隠れていることも…?

犬が体をピーンと伸ばすしぐさを見かけることがあるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。「体が凝っているのかな?」と人間の観点から想像してしまいますよね。犬が体をピーンと伸ばすのには、さまざまな理由があります。そこで、今回はその理由を解説していきます。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が体をピーンと伸ばす理由

伸びをするトイプードル

愛犬がまるで人間がストレッチをしている時のように、ピーンと伸びをしている姿を見たことはありませんか。「犬もストレッチしているのかな?」と思ってしまいますが、犬の場合、ピーンと伸びをする仕草には、さまざまな理由があるのです。

1.凝りをほぐそうとしている

ストレッチする女性と犬

まずは、人間側もよく行うストレッチです。特に、犬は四足歩行しているため、肩や背中などの筋肉が凝り固まってしまうことがあります。犬自身もそれを感じているため、定期的に伸びをして凝りをほぐすことがあります。

伸びをすることで、体全体がリラックスする感覚は人間と同じです。「体が凝っているのかな?」と察し、マッサージをしてあげたり、一緒にストレッチを楽しんでみたりと、おうち時間を楽しむのもいいですね。

2.不安や恐怖を感じている

クッションの下に隠れる犬

ストレッチのために体を伸ばしているという状況は、私たちも行うので理解しやすいですよね。しかし、犬の場合は不安や恐怖など、ストレスを感じている際にも伸びをすることがあります。

先ほど、ストレッチと同じ効果を持つ伸びには、リラックス効果があるという話が少し出ました。これを犬も本能的に理解しているため、不安や恐怖を感じている時に伸びをすることで、ストレスを緩和させようとしているのです。

ストレッチとの見分け方は、愛犬の様子や周囲の環境です。愛犬がぶるぶると小刻みに震えていたり、尻尾が足の間に丸め込まれていたりしていませんか。また、外から大きな音が聞こえたり、他の犬の声が聞こえたりしていませんか。

このように愛犬にとって不安や恐怖を感じるような状況が起きている場合は、ストレスが原因で伸びをしている可能性があります。

3.遊びに誘っている

遊ぶ2匹の犬

ピョンピョンと飛び跳ねるように、また明るい表情でこちらに向かって伸びを繰り返すようであれば、遊びに誘っている可能性があります。

犬はボディランゲージと呼ばれる行動や仕草で、自分の気持ちや要求を相手に伝えます。この頭を低くし、お尻を高く上げ、ふりふりとお尻を振るような仕草を見せている場合、「一緒に遊ぼうよ!」というサインです。

体を動かしたい時や飼い主さんに構って欲しい時などに見られるため、ぜひ一時的に自分の作業を中断し、愛犬との時間をつくってあげてくださいね。

4.痛みや違和感を感じている

お腹付近に痛みや違和感を感じている際も、その違和感をどうにかしようと伸びをして見せることがあります。1日に頻繁に伸びをしている場合は、このように病気も視野に入れておきましょう。

また、痛みや違和感を感じている場合、犬は不安や恐怖も同時に感じていることが多いです。そのため、尻尾が足の間に丸め込まれていたり、耳が後ろ向きに倒れたり、ぶるぶると震えたりと、さまざまなストレスサインを見せることが大半です。

他にも食欲不振や動こうとしないなどの症状が現れている時は、病気や体調不良の可能性を疑い、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

犬が体を伸ばしている時に考えられる病気は?

診察される犬

犬がピーンと伸びをする時に考えられる理由は、大きく分けて4つありました。その中には、病気や体調不良が疑われる場合もあるため、注意が必要です。では、具体的にどのような病気が考えられるのでしょうか。犬が体を伸ばしている時に考えられる病気は、下記のような病気です。

  • 腹痛
  • 胃捻転
  • 膵炎

この中でも、特に胃捻転は非常に怖い病気です。一般的に大型犬が発症しやすいと言われていて、名前の通り、胃が捻じれてしまう病気です。短時間で急死してしまう事例も珍しくない恐ろしい病気です。主に、ごはんを食べた後に運動してしまうと胃捻転を引き起こしやすいと言われているため、散歩の前にごはんを食べさせることは控えましょう。

他にも腹痛や膵炎などの病気が考えられます。どの病気にせよ、早めに診察してもらい、治療してもらうことが大切です。命にかかわってしまったり、重症化してしまうリスクを軽減できるのは、飼い主だけです。

まとめ

伸びをする犬

いかがでしたでしょうか。犬が体をピーンと伸ばすのには、さまざまな理由が考えられます。その時の様子や状況に応じて、飼い主は適切な対応をとるようにしましょう。病気が疑われる場合は、早急にかかりつけの動物病院で相談してくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。