犬が『高いところ』に登りたがる心理4つ

犬が『高いところ』に登りたがる心理4つ

犬は高いところが苦手だといわれることがありますが、一方で高いところに登りたがる場合も少なくありません。では、犬はどういった心境で地面より高いところに登ろうとするのでしょうか。考えられる心理を4つお伝えします。

お気に入り登録

1.安全を確保するため

テーブルに登ろうとする犬

基本的に犬は高所を苦手に感じやすい動物として知られていますが、高いところを好む犬も少なからずいるそうです。そういった犬はどういった心理で高いところに登りたがるのでしょうか?考えられる理由の1つには、『本能』があります。犬の祖先は大昔たくさんの敵や危険が潜む世界で暮らしていました。

いつ敵から襲われるか分からない危険な世界では先に相手を見つける能力や方法が必須となり、相手を見つける手段として『高所』が選ばれることがよくありました。高所は見晴らしが良いので周りを見回すのに丁度良く、敵からは見つかりにくいというメリットがあるからです。

つまり高いところは安全を確保しやすい場所となり、大昔の犬は好んで利用していたそうですよ。

ちなみに犬は登ったり下りたりするのが得意ではないので高所といっても木の上に登るとかではなく、足場が緩やかな丘や高台といった他の場所よりも高い場所を利用していたようです。

当時の意味合いとは異なってしまいますが、こういった古くからの本能や習性が今でも名残りとして残っていて、安心感を得ようとソファやテーブルといった高いところに登りたがることがあるそうですよ。

2.高いところは快適な場所になりやすい

眠っている犬

現代の犬は室内で飼われることが多いですよね。室内にある高いところといえば……、ベッドやソファといったフカフカで気持ちのいい場所が当てはまることでしょう。

また、そういった場所は飼い主もよく利用するので飼い主のにおいが付着しやすく、犬の寝床やくつろげる場所にピッタリとなるので快適な環境を得ようと犬が登りたがることが多いといえます。

もし愛犬がよくジャンプをしてベッドやソファに登るのでしたら、足腰を痛めないよう間に段差となるものを置いてあげることをおススメします。そうすることでケガのリスクを大幅に減らすことができますよ。

3.高い場所にあるものに興味がある

テーブルの上の食べものを見つめる犬

愛犬がよくテーブルに乗って困る。家具の上に登ろうとして困る。という悩みをもつ人もなかにはいることと思います。なぜ犬はテーブルなどの家具に登りたがるのか……もしかすると家具の上にあるものに興味を持っているのかもしれません。

例えば、テーブルの上には食べ物や飲み物を置くことが多いですよね。そういった魅力的な光景を見た愛犬が「あれ食べたいなぁ」と感じテーブルの上に登ろうとすることはよくあるのです。

また、テーブルの上に食べ物がなくても、「もしかすると食べ物が残っているかも」と思って定期的にテーブルの上に登ろうとすることも少なくないといえます。

4.刺激を求めている

塀から見下ろす犬

犬は刺激を得るために高いところに登ることもあります。普段地面から見ている景色と数十センチ高いところからみる景色とでは、ずいぶんと世界が違って見えるからです。

特に体が小さい犬は地面よりも少し高いソファなどから周りを見回しただけで見慣れた世界に新鮮味を生み出すことができ、マンネリ化しやすい室内という環境で気分転換しやすくなるといえます。

なかには庭の塀によじ登って外の出来事を楽しむ犬もいるみたいですよ。犬は退屈を感じたとき自分の力で楽しく過ごせるように工夫しているのかもしれませんね。

ただ、高いところを登り下りするときはケガをしやすくなるので、何かしらの対策をすることが大切といえるでしょう。

まとめ

岩の上に立つ凛々しい犬

今回は犬が高いところを登りたがる心理を4つご紹介しました。高いところを登るという犬の行為にはいくつもの理由があるといえます。愛犬が室内にあるソファやベッドなどに登りたがる場合は、心地よい場所でくつろぎたいと感じているのかもしれませんね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。