犬が『ギャン』と短く鳴く時の心理4つ

犬が『ギャン』と短く鳴く時の心理4つ

この記事では「犬が『ギャン』と短く鳴く時の心理4つ」をテーマに、ワンちゃんが短くギャンと鳴く際の心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が『ギャン』と短く鳴くときの心理1:驚いている

驚いた様子で口を開けて吠えそうな犬

ワンちゃんがギャンと吠えた際の心理として、まず考えられるのが驚いているからということが考えられます。

人間も驚いた際に、わっ!などの悲鳴をあげますが、ワンちゃんも驚いたら同様にギャンと吠えてしまうのかもしれません。それに驚くというのは、様々な状況で起こり得ます。寝ているときにそっと顔を近づけた際も驚くかもしれませんし、尻尾を急に踏まれて痛いと思った際も驚きます。

ワンちゃんの性格にもよりますが、このように驚く機会が多いと臆病な性格になってしまう恐れがあるので、驚かす原因が飼い主さんにある場合はなるべく注意して、ワンちゃんを驚かさないようにしてあげると、ワンちゃんもより安心して休んだりできると思います。

犬が『ギャン』と短く鳴くときの心理2:怖いと思っている

こちらを見上げて吠えている犬

ワンちゃんが怖いと思ったときもギャンと吠えることがあります。これは人間でいう悲鳴と同じ意味合いであると思います。
ギャンと吠えて助けてと言っているのかもしれませんし、これ以上はやめてほしいと言っているのかもしれません。

犬が『ギャン』と短く鳴くときの心理3:怒っている

歯を剥き出して怒っている様子の犬

ワンちゃんがギャンと鳴く理由に怒っているからということもあります。大抵のワンちゃんは怒っている際はワン!ワン!と、少しギャンとは違う形で吠えますが、個体差によってギャンと鳴いてもおかしくありません。

もし、ギャンと短く何度も吠えていたらまずは尻尾の形を確認してください。下に下がっていたら、そのときはワンちゃんが怒ってギャンと吠えている可能性が高いと思われます。

犬が『ギャン』と短く鳴くときの心理4:嬉しいから

こちらを見て嬉しい様子の犬

ワンちゃんがギャンと鳴く理由として、嬉しいから鳴いているということも考えられます。ギャンと短く何度も鳴いていて、尻尾が揺れていて、明らかに怒っている様子でなかったら、その際はワンちゃんが喜んでいて、その嬉しさを表現したいからギャンと鳴いていたのではないかと思います。

まとめ

伏せながら口を大きく開けている犬

ワンちゃんは話すことができないため、ギャンと鳴くときは何か思っている気持ちを伝えようとしています。怒っているや怖がっているなどの負の意味合いもあれば、嬉しいとか喜んでいると言った正の意味合いの場合もあります。

いずれにせよ、ワンちゃんがギャンと鳴く際は何かしらの出来事が直前に起き、鳴いた直後においてはその出来事がどのようなことであったか、何かしらの行動を取ることが多いです。そのため、特に自宅でいきなりワンちゃんがギャンと鳴いた際は、何が起きたか探るためにもワンちゃんやその周りを確認し、それが解消できることや物であったら、それを取り除くことによりワンちゃんもより安心してお家でくつろげるのではないかと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。