柴犬と北海道犬の違いとそれぞれの奥深い魅力について

柴犬と北海道犬の違いとそれぞれの奥深い魅力について

お気に入りに追加

近年、海外では日本犬の人気が高まって非常に注目を集めています。柴、秋田、紀州、甲斐、四国、北海道という日本犬保存会が定める6つの犬種が日本犬とされていますが、ここでは国内で長年安定した人気を誇る柴犬とテレビCMから広く認知されるようになった北海道犬の違いやそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

4734view

柴犬と北海道犬の違い

野原にいる2頭の柴犬

柴犬と北海道犬の最も大きな違いは、その大きさではないでしょうか。柴犬の平均体高はオス40cm、メス36cm、体重9~14Kg程度で中型、ないしは小型犬に分類されることもあります。それに対し北海道犬の平均体高はオス49cm、メス45cm、平均体重は20~29Kgとされ大型犬に分類されるため、極端に大きい柴犬や極端に小さい北海道犬でない限り大抵の場合は大きさで違いが分かると思います。

被毛に関してはどちらも下毛と上毛のあるダブルコートで似た毛質を持ち、毛色も赤、黒、虎、胡麻、白などほぼ同じバリエーションになっています。ただし柴犬の場合は白色はめずらしく北海道犬では比較的一般的。また、北海道犬には灰色の個体もいます。

さらに北海道犬の舌には「舌斑(ぜっぱん)」と呼ばれる黒い模様があり、柴犬には見られない特徴となっています。

柴犬の詳しい特徴や魅力

赤と黒の2頭の柴犬

柴犬は元々安定的な人気を誇る犬種ですが、近年特に人気を集め毎年発表される<人気犬種ランキング>では純血種に限ればトップ3にランクインすることも少なくありません。テレビなどのメディアやSNSに登場し注目を集め、グッズが販売されたり出版物が発行されるような柴犬も数多くいます。また、飼育されている日本犬種の8割に当たる頭数が柴犬だとされています。

柴犬の歴史は非常に古く、縄文時代の遺跡から柴犬の骨が発掘されており太古の昔から日本人とともに暮らしてきたことがわかっています。この歴史は日本犬の中だけに限らず、世界的に見ても非常に古い歴史となります。小柄ながら独立心や警戒心、捕食本能も高い傾向にあり小動物の狩猟や番犬として活躍してきましたが、近年では家庭犬として国内外で愛されています。飼い主以外にはあまりなつかないことやいわゆる「ツンデレ」といった素振りや仕草を見せることで愛好家が多く、その魅力を知ると他の犬種は飼えない!という柴犬オーナーも少なくありません。

北海道犬の詳しい特徴や魅力

白い北海道犬の横顔

北海道犬は北海道の先住民であるアイヌ民族が飼育していたことから「アイヌ犬」とも呼ばれています。柴犬と同様に、縄文時代に東北から北海道に渡った民族に同行したマタギ犬が北海道犬のルーツだと考えられています。

日本犬らしい野性味や我慢強さを持ち、その勇猛さは群を抜き熊と対峙しても遜色ないほどだと言われています。また、太い足と頑丈な体が特徴的で寒さにも非常に強い。見知らぬ人には警戒心を持ち、それをあらわにする傾向にあるため、その大きさと相まって犬の飼育初心者には難しい犬種だとされています。

まとめ

青空バックの笑顔の犬

柴犬と北海道犬の違いは体の大きさを中心に、部分的なところでは毛色の出る傾向や舌の模様、目の形など細かいところにあらわれます。しかしどちらも古くから日本で暮らし、人間とともに狩りをしながら生きてきた犬種ということから共通する部分が多いと感じます。頑強な体躯や寒さに強い密集した被毛、勇猛果敢さや警戒心の強さなどは柴犬にも北海道犬にも見られます。どちらも犬に慣れていない人が気軽に飼うにはやや難しい犬種だと思います。

ただし、どちらかというと柴犬の方が体が小さいことや遊び好きな面などから家庭犬として受け入れられやすい傾向にあります。どちらも飼うのが難しい犬種とはしましたが、小さな頃からきちんとしつけをして性格を把握し適切な対応を取っていけば、深い絆と信頼関係で結ばれることは十分に可能です。

柴犬や北海道犬の飼育に興味のある方は、それぞれの違いを含めた特徴や性格をしっかりと理解して「本当に自分に飼えるか」ということをじっくり考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。