犬がおねだりしている時の仕草やポーズ7つ

11089view

犬がおねだりしている時の仕草やポーズ7つ

いつもは従順な犬であっても時には飼い主さんに甘え、おねだりすることもあります。そんな時、実はあるサインを仕草やポーズで見せているのですが、お気づきでしょうか。今回は犬がおねだりする時に見せる仕草をご紹介します。

犬がおねだりする時に見せる仕草とは?

お手をする犬

いつも飼い主の言うことをしっかり聞くお利口な犬も、たまには自分から甘えたいと思い、「おねだり」という行動に移すことがあります。ここでは犬がおねだりするときに見せる仕草をご紹介しますので、普段の愛犬の仕草を思い出してみましょう。

1.ちょんちょんと前足で叩く

前足でちょんちょんしている犬

まずは可愛らしくちょんちょんと前足で合図を送ってくるケースです。飼い主さんの邪魔はできないけれど、構って欲しいという気持ちをわかって欲しいという時に軽くちょんちょんと前足で飼い主さんに合図を送ることがあります。

この仕草は飼い主さん側から見ても非常にわかりやすい仕草ですので、「どうしたの?遊んで欲しいの?」と声をかけてあげるという人も多いのではないでしょうか。

2.おもちゃを咥えて持ってくる

おもちゃを持ってきておねだりしている犬

また飼い主さんが構ってくれない時、あるいは飼い主さんの注意を引きたいと思ったときに自分のお気に入りのおもちゃを持ってきて、「遊んでよ」とアピールしてくることがあります。

これは「このおもちゃで遊んで欲しい」とダイレクトに伝えているパターンと、「自分が好きなおもちゃを持ってくることで、きっと飼い主さんもこのおもちゃを気にするはず」という飼い主さんの気を引きたいというパターンが存在します。

前者の場合は声をかけるとおもちゃを渡すような仕草をしてくることが多いですし、後者であれば、声をかけるとおもちゃを放り投げて自らが飼い主の足下に寄ってくることが多いです。おもちゃは気を引くための道具であり、本当は自分自身が構って欲しいという気持ちの現れです。

3.飼い主の後をついて回る

飼い主を見上げておねだりをする犬

構って欲しいからといって「構って」とアピールすることが得意な子もいれば、得意でない子もいます。従順で飼い主さんの邪魔をしてはいけないと強く思っている子ほど、わかりやすいアピールはできないものです。

そのような犬の場合、何をするわけでもないけれど、飼い主さんの後をついて回ったり、視線を感じると思ったら遠くからじっと常に見つめてくるという行動を起こすことがあります。「気付いて、飼い主さん!」といった心理でしょう。これを知ってしまうと、可愛くてついつい構いたくなってしまいますよね!

4.「クゥーン」と鳴く

鳴いている白い犬

子犬の場合、母犬を呼ぶような切ない声で鳴き、「構って欲しい」「遊んで欲しい」などの要求を伝えようとすることが多いです。まだどうすれば飼い主さんが構ってくれるかということを学習していないため、声に出して知らせようとします。

これは鳴く度に構ってしまうと、後々無駄吠えに繋がってしまいますので、鳴いたら一旦退室するなどし、鳴き止んでから戻り構ってあげることで「鳴いたら構ってもらえない。鳴くのを止めたら構ってもらえる」と学習させましょう。

5.ごはん皿を前足で叩く

ご飯の催促をしている犬

お腹が空いたから何か食べ物を、とおねだりする際によく見られる光景として、ごはん皿を指定の位置に置いている場合、そのごはん皿をトントンと前足で叩くことで「入れて」とおねだりしてくる子もいます。飼い主さんにわかりやすく気持ちを伝えようと学習し、「お腹が空いた」とアピールしているのです。

またおやつが欲しいとき、おやつの在処を知ってしまっている場合には、ジッとおやつを見つめたり、見つめながら壁に手をついたりしてアピールする子もいます。

6.飼い主に前足を当て口元を舐める

舌で口元を舐めている犬

これは犬を飼っている人ならば一度は経験したことがあるでしょう。愛犬が寄ってきて前足を飼い主さんにつくように立ち上がり、口元を舐める…これは子犬が母犬に対してごはんを要求するときの習性が残っているものと考えられています。

したがって、飼い主さんのことを自分の親のように信頼しており、尚且つ何かをおねだりする際、口元を舐めることで「お願い」することがあります。また口を舐める仕草は犬にとって愛情表現でもあります。

7.勝手に芸を始めてしまう

勝手に芸を始めておねだりをしている犬

芸をすることでおやつを与えているという家庭は多いでしょう。この一連の流れをしっかり覚えてしまっている犬の場合、おやつが欲しいときになかなか飼い主さんが気付いてくれないと、自ら何も指示していないのに勝手に芸を始める子もいます。

賢いといえば賢いのですが、これによっておやつを与えてしまうのはあまり好ましくありません。毎回この手に乗ってしまうのはやめましょう。

まとめ

女性の顔を舐める犬

いかがでしたでしょうか。犬は賢い動物ですので、様々な手段を使って飼い主さんにおねだりしてきます。しかし、毎回その要求に応えてしまうと、「こうすれば絶対に飼い主さんは言うことを聞いてくれる」とわがままになってしまいますので気を付けましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。