犬が飼い主の後ろに座る時の心理5つ

犬が飼い主の後ろに座る時の心理5つ

お気に入りに追加

皆さんは愛犬に対して「え?なんでわざわざそこに座るの?」と疑問に思うことはありませんか?例えば犬が飼い主の後ろに座る場合、「横に座ればいいのに」と思いますよね。しかし、実は犬が飼い主の後ろに座るのには理由があったのです。

37588view

なぜ犬は飼い主の後ろに座るの?

お座りする柴犬

飼い主の近くに座りたいのであれば隣に座ればいいのに、なぜ愛犬が自分の後ろ側に座っているのだろうと疑問に思うことはありませんか?何か思うところがあるのかな、と不安になってしまう方もいるでしょう。実はこの後ろに座るという行為には、犬の心理が隠されていることがあります。

1.飼い主の背後を守るため

飼い主の後ろで座っている柴犬の子犬

まずは犬の習性として飼い主の背後を守るために後ろに座っているという状況が考えられます。この場合、飼い主の背中に自分の背中を向けるようにし、飼い主が見えない後ろ部分から敵がこないかどうかを見張っています。

元々野生では集団行動する動物であるため、常に信頼し合える仲間とお互い背中を向けるようにし、自分が見ている方角から敵が来ないかを見張っていたと言われています。その名残が今でも残っているという状態です。

「飼い主さんは僕が守る!」だなんて、なんだか嬉しくなってしまいますが、あまりにも防衛本能が働き過ぎてしまうと言うことを聞かなくなってしまいますので、適度に保てるよう飼い主さんが信頼されることが大切です。

2.お尻をくっつけることで安心感を得る

上記で野性時代に信頼できる仲間と背中をくっつけ合うことで敵が来ないかを見張っていたという話がありました。その話に繋がる心理になりますが、飼い主とお尻をくっつけ合うことで安心感を得ようとしている可能性があります。

お尻をくっつけ合うという状況は前述したとおり、自分の背後は相手に守ってもらっているという状況を示します。この名残が今でも残っているため、信頼している飼い主さんと背中を向け愛、尚且つお尻をくっつける(触れ合う)ことで安心感を得ようとしているのです。

この行為は犬の飼い主に対する愛情表現の1つともされていますので、「信頼している大好きな飼い主さん」といった心理が隠されています。

3.飼い主に守ってもらおうとしている

後ろに座っている犬

もしも飼い主の後ろに座り、飼い主が向いている方向を気にする様子を見せた場合には、飼い主さんの後ろに隠れ、不安となっている対象から飼い主さんに守ってもらおうと考えている可能性が考えられます。

これはいざとなったら飼い主さんは頼りになると思ってもらえている一方で、いざという時に「飼い主さんを守ろう!」という気持ちが生まれていないという状況も同時に示しています。臆病な性格の子や甘えんぼうな子に多いでしょう。

4.【高い場所から】監視の可能性

すぐ後ろにぴったりと座るのではなく、飼い主の後ろから飼い主より高い位置で座り、見下ろしているような状況であれば、監視されている可能性も考えられます。いったいどういうことなのでしょうか。

監視の意味は様々です。例えば遠くから敵が来ていないかどうかを見張る野性時代の名残が影響していることもありますし、「飼い主さんがいなくなるのでは」という不安から、いつでも飼い主を見渡せることができるよう、飼い主を監視している可能性もあります。

普段から強気な性格であれば前者、反対に飼い主にべったりな甘えんぼうであれば後者の可能性があります。後者の場合、いなくなってしまうかもという少々信頼に欠ける感情を持たれていますので、もう少し信頼されるような飼い主としての行動を心がけると直ります。

5.【ちょっと遠くから】実は構って欲しい

遠くで座っている犬

飼い主のことを格上の相手として認識している場合、飼い主が忙しそうな仕草を見せると邪魔をしようとはせず、ジッとしている子が多いです。しかし、構って欲しいという気持ちはあるため、飼い主から離れた後ろの方からジッとこちらを見つめていることがあります。

「本当は飼い主さんに遊んでもらいたいけれど、今何かしてるから邪魔できないし」と葛藤していたり、あるいは飼い主から気付いて欲しいと思っているのでしょう。

あまりにも放置しすぎてしまうとスキンシップ不足となってしまいますので、「今日はあまり構ってあげられていないな」と感じたら呼びかけてあげましょう。きっとすぐに側に寄ってくるはずです。

まとめ

ふせをするミニチュアダックス

いかがでしたでしょうか。このように犬が飼い主の後ろに座る心理は様々です。状況やその子の性格からどの心理が当てはまるのか、飼い主さん自身が判断し、その後どのような対応をとるべきかを考えましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 まる

    座ってる時には背中に座ることはないですが、わたしが横になっているときに背中に座ってくることは結構あります。一緒になって寝てますね(*^^*)安心出来るんだと思います。特に留守番させていたあとは寂しいのかすっとやってきて背中におしりをつけてます。感情が伝わってくるのでその時は悪かったね〜お利口だったね〜と言ってたくさん撫でてます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。