犬が寄り添って寝てくる4つの心理

犬が寄り添って寝てくる4つの心理

飼い主が寝ていると横にすっとやって来て、寄り添うようにして眠る犬は意外と多いです。なぜ犬は飼い主に寄り添って寝ようとするのでしょうか。今回は犬が飼い主に寄り添って寝てくる時の心理をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が飼い主に寄り添って寝てくる時の心理

飼い主の足で眠る子犬

飼い主さんが寝ているとそっと傍にやって来て寄り添うようにして一緒に寝るという犬は意外と多いです。飼い主としてはなんだか嬉しく、愛しいと感じるこの行為ですが、なぜ犬は飼い主に寄り添って寝たがるのでしょうか。

1.安心して眠れるから

飼い主の方にお尻を向けて寝る犬

飼い主さんと一緒に寝ることで、寝ている間も飼い主さんの匂いをすぐ近くで感じる事ができるという理由から、安心してゆっくり眠れるという心理が働いていることが影響していると考えられます。

これは特に犬が飼い主に対して絶大な信頼を持っているため、飼い主さんの匂いを嗅いでいると落ち着く、安心するという気持ちになるのでしょう。

いつもはウトウトしながら起きたり寝たりを繰り返している愛犬が、飼い主さんに寄り添うようにして寝ているときはいびきを掻いて寝ているということはありませんか?それは飼い主さんから離れて寝ているときよりもずっと安心して眠れていることの表れでしょう。

2.寝ているときも飼い主と一緒に居たい

飼い主のお腹に顔を載せている犬

飼い主さんが大好き、と普段から全身で表現してくれるような犬であれば、上記で紹介した理由に加えて、どこでも飼い主さんと一緒に居たいという気持ちから、飼い主が寝ているときは傍に寄り添っていることが多いです。

そのため、飼い主さんが起き上がり、別の場所へ移動すれば、すぐに自分も飛び起き、飼い主さんの後をついて歩きます。

しかし、あまりにも飼い主さんにべったりの場合には注意が必要です。もしかすると飼い主さんと離れてしまうと極度な不安感に襲われてしまう分離不安症になってしまっている可能性があります。

3.寄り添うことで暖かさを得ようとしている

飼い主の頭に密着している犬

寒い冬に一緒に寄り添って寝てくることが多いという犬の場合には、飼い主さんの体に自分の身体を密着させることで暖を取ろうとしている可能性が考えられます。犬も1人で眠るよりも誰かにくっついている方が暖かいということを知っているのです。

また、最初の「安心感を得るため」という理由にも繋がってきますが、人肌の温かさというのは安心感があり、気持ちが落ち着きます。それは犬も同じです。安心して眠れて、尚且つ暖かい場所で眠りたいという心理から寄り添って寝ようとしているのかもしれません。

4.布団の感触が好き

ベッドで寝ている子犬

もしも飼い主が布団やベッドの中で眠っているときに寄り添ってくる場合には、飼い主さんと一緒に居たいという理由の他に、ふかふかの布団が好きという理由が考えられます。

ふかふかの布団や毛布は触り心地も良く、その上に寝転がるだけでも気持ち良いですよね。犬も同じように感じる事が多く、飼い主さんが布団の方へ行ったタイミングを見計らい、「じゃあ僕も」と布団を堪能しようとしていることがあります。

中には図々しくも飼い主さんが寝室にいないのに勝手に入り、飼い主さんが気付いたらいつの間にか1人でベッドを占領していたというケースもあります。この場合には、ほぼ確実に布団が目当てと言えるでしょう。

まとめ

男性と一緒に眠る犬

いかがでしたでしょうか。このように犬が寄り添って寝てくる理由は様々です。しかし、犬と飼い主が一緒に寝ることは必ずしも良いとは限りません。一緒に寝る場合には、きちんと上下関係や信頼関係を構築した上で寝るようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。