犬が人間用のガムを食べた時の対処法と体への影響

【獣医師監修】犬が人間用のガムを食べた時の対処法と体への影響

犬が一瞬の隙をついて落ちているガムを食べてしまい、「あっ!」と思うことはありませんか?特に好奇心旺盛な犬や、何でも口に入れたがる子犬には注意が必要です。よく見張っておかないと、何でも食べてしまいます。万が一、犬が人間用のガムを食べてしまった時の対処法はどんなものがあるのでしょうか。また、体には害はないのでしょうか。今回は犬が人間の用ガムを食べた時の対処法と体への影響について紹介してみたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が人間用のガムを食べた場合の体への影響

犬の口

犬が人間用のガムを食べてしまうと、犬の胃では消化が出来ません。健康な犬であれば1~3日で排泄されますが、上手く排出できない犬は消化不良を起こし、嘔吐や下痢などで苦しむ犬もいます。

犬が人間用のガムを食べてしまった時には「獣医師に診てもらうことが大原則」ですが、犬がガムを喉に詰まらせ、呼吸困難になるなどの緊急を要する場合や、うまく吐き出させられない場合は窒息の危険性があるので、細長い棒などでガムを胃に流し込むなどの対処も必要になってきます。

また、ガムの中でも危険なのは「キシリトール入り」のガムです。犬がキシリトール入りのガムを食べてしまうと重い中毒症状を起こし、死んでしまう可能性があるため、絶対に与えてはいけません。低血糖に陥ったり肝機能の低下が引き起こされてしまうことが判っていますので、無理に吐かせようとせず、すぐに動物病院へ行かれることをおすすめします。

犬が人間用のガムを食べた時の応急処置

なんでも食べる犬

ガムを飲み込んでしまったら犬の口を開け、喉に詰まっていないか、引っかかっていないかを確認しましょう。喉に引っかかり苦しそう、呼吸が苦しそうな場合は緊急を要します。

ガムが柔らかければ、犬の舌を引き出し、気道を開いた後、静かにピンセットなどで取り出します。ガムが固ければ、小型犬の場合は体を持ち上げて頭を下にし、背中を叩く、ゆするなどしてください。大型犬の場合は横向きに寝かせた後、肋骨の下をグッと押すようにします。

呼吸困難から暴れている場合は口に手を入れたり、ピンセットなどの硬いものを喉に入れることはかなり危険な行為になります。手をかまれてしまって大怪我をする場合もありますし、ピンセットなどで食道・気管などを突き破ることも考えられます。十分注意してください。

オキシドールを使う方法

オキシドールを使って犬を吐かせる方法があります。オキシドールは胃酸と混じると酸素と水に変わってしまうので比較的安全な方法ですが、飲み込んでから30分以内が目安です。それを過ぎてしまうと胃を通過してしまい、吐かせることができません。

薬局などで市販されている消毒用のオキシドールを3%に薄めた液を、犬の体重1㎏あたり1~2㎖飲ませてあげるのですが、犬自身から飲もうとはしません。飲ませ方はスポイトやシリンジで口の端から流し込み、口を塞いで上を向かせると飲んでくれます。

オキシドールは消化管に潰瘍を起こす場合があります。また、ガムを吐き出した後も嘔吐が続くこともありますので、注意してください。必ず、動物病院を受診してください。

塩を使う方法

緊急時にオキシドールがご家庭に無い場合、100㎖に3ℊの食塩水(飽和食塩水)を飲ませて吐かせる方法がありますが、注意して欲しいのは、この方法で吐かない場合は犬の体内に塩分が吸収され「塩中毒」になってしまうことです。身体の小さな犬は小さじ一杯にならない量の塩でも命を落としかねないので、与えすぎには注意してください。

以上の3つの方法は、あくまでも緊急事態で行う行為です。基本的には動物病院を受診してください。また、個人の責任で行うようにしてください。

犬に人間用のガムを食べさせないために注意すること

犬の盗み食い

犬は地面の匂いを嗅ぎながら散歩をしますし、人間よりも目線は下になるので、地面や床に落ちているものを飼い主さんが目を離した一瞬の隙にパクッ!なんて、よくあることです。

特に一歳未満の子犬や、好奇心旺盛な犬に多く、飼い主さんが騒ぎ立てると犬は取られまいとして急いで飲み込んでしまうこともありますので、飼い主さんの落ち着いた対応が求められます。

「テーブルの上のボトルガムをいたずらして数十粒食べてしまった」なんていう内容もネットで見つけました。これが愛犬の体に悪影響を与えるものだったら・・・と考えると恐ろしいです。

特に室内飼いで、一歳未満の子犬や好奇心旺盛な犬と暮らしている飼い主さんは、犬が口に入れたりいたずらしそうなチョコやガムなどのお菓子、BOXティッシュやペン、電池などは箱などに入れて犬の手の届かない所に保管することが良いでしょう。

犬の様子を見れない場合は、犬をケージに入れ、その中で過ごしてもらうのが良いでしょう。

お散歩中のガムの拾い食いの対処法

犬にガムを吐かせる

落ちているガムを食べるそぶりを見せたら

お散歩中、犬が匂いを嗅いでいて、落ちているガムに口を伸ばそうとしたら「ダメ!」とリードを引き、ショックを与えます。この方法は常に犬の動きを見ている必要がありますが、物覚えの良い犬だと短期間で覚えてくれます。また、室内飼いの場合は、飼い主さんが目の届かないところに物を置かないことがベストです。

落ちているガムを口に入れてしまったら

犬がガムを口に入れてしまったら、飼い主さんが犬の口に手を入れて吐き出させるのではなく、犬の口の上を開けさせて握り、「ダメ!」「放せ!」などの指示を出し、犬自身で吐き出させる方法があります。

大抵の場合は排泄物と一緒に出てくることがありますが、口に入れたのがガムかの確認は取れませんし、吐き出させることができるに越したことはありません。犬の口の上を開けさせて握ると、噛むことと飲み込むことが困難になるので、舌で押し出すように吐き出してくれます。

まとめ

お散歩中の犬

ガムは犬も口に入れやすく、飼い主さんも気づいたら愛犬がガムを食べていたというパターンが多いと思います。犬は元々「いつ食料にありつけるかわからない」という本能から、誤飲、誤食が多いらしいです。

わが家の愛犬(柴・女の子4歳半)も、散歩コースに人間がポイ捨てしたガムが多く、拾い食いの中でも特にガムが多かったです。それは根気よく「ダメ!」と言い続け、徐々に拾い食いすることもなくなってきました。

ですが、「たかが拾い食い、されど拾い食い」です。ここ日本でも犬が拾い食いをきっかけに命を落とした例がたくさんあります。毒団子や毒餌など、愛犬が命を落としてしまったら飼い主さんは生涯後悔してしまうのではないでしょうか。たとえ嘔吐や下痢でさえも、愛犬が苦しむ姿は見たくないものです。

ガムを始め、犬が何でも口に入れて食べてしまうことがないよう「拾い食い」のしつけも合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 まる

    犬と生活するようになってキシリトールをはじめ、犬に危険な食べ物は家にほとんど置かなくなりましたね。やっぱり最初から無い方が楽ですよ。あとは台所部分だけは入れないように仕切りをにしています。食べてしまってからだと対処が一般人には難しいので食べられない工夫が必要だと思いますね。
  • 投稿者

    20代 女性 にこ

    一歳のトイプードルを飼育しています。
    今日、愛犬がガムを噛んでしまいヒヤッとしまして、こちらにたどり着きました。
    他の方が書かれているように、犬を飼い始めてからガムや小物など、誤飲しそうなものは置かないように努めてきました。

    うちのマンションは特殊で、ドッグランが敷地内エントランスに設備されています。
    毎日そこでお散歩を兼ねて遊ばせているのですが、本日遊ばせている間に植木側でゴソゴソしているので何かと思ったら、吐き捨てられたガムを口に入れてカミカミしていました。
    慌ててコマンドで吐き出させましたが、その後少し吐いて慌てて病院へ…。
    大事には至りませんでしたが、飲み込んでいたらとゾッとしました。

    外にお散歩に行く際は誤飲がないように気を付けて見ていますが、犬が遊ぶドッグランにガムが落ちているなんて想像していませんでした。
    マンションに住んでいる人しか利用出来ないドッグランですし、ペット専用の設備の良さに9割以上の方が犬を飼育しています。
    どこのバカが(口悪くてごめんなさい)捨てたかはわかりませんが、いつどこでも油断出来ないと再確認しました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。