犬がつまらなそうなときに考えている4つのこと

犬がつまらなそうなときに考えている4つのこと

犬がつまらなさそうにしている瞬間ってありませんか?その時、犬は何を考えているのでしょうか?この記事では、「犬がつまらなそうなときに考えている4つのこと」をご紹介します。是非、チェックしてみてください!

はてな
Pocket
お気に入り登録

つまらなさそうなときは何を考えているの?

上を見る犬

トロンとした目でぼーっとしていたり、無気力な様子で横になっていたりしているワンちゃんを見たことがありますか?

私たち人間から見ると「暇なのかな?」「退屈なのかな?」と思ってしまうような様子に思えますよね。実際、そんな時犬は何を考えているのでしょうか?今回は、そんな「犬がつまらなそうなときに考えている〇つのこと」をテーマにお送りしたいと思います。ではさっそく、見てみましょう!

つまらなそうなときに考えていること1:「遊びたいなぁ」

遊ぶ犬

体力も気力も満ち溢れている状態なのに、長時間一人ぼっちでいたり、ケージに閉じ込められていたりすると「もっとたくさん遊びたいなぁ」と思いながら過ごしているでしょう。愛犬が初めて家に来た頃はたくさん遊んであげたり、たくさんお散歩にも連れて行ってあげたりしていたのではないでしょうか?たまには初心を思い出して、今愛犬を幸せに出来ているか考えてみることも大切ですね。

つまらなそうなときに考えていること2:何も考えていない

寝そべる犬

まさに「無」の状態です。人間にもホントにただボーッとしてしまう瞬間ってありますよね。無の状態があることによって、気持ちが落ち着いたりリセットされたりするので、これは必要な行動かもしれませんね。このような時はそっとしておいてあげて良いと思います。

つまらなそうなとき考えていること3:「お散歩いきたいなぁ」

散歩をねだる犬

大多数のワンちゃんはお散歩が大好きだと思います。とっても楽しみなお散歩にあまり行けていなかったり、いつもの時間より遅れている場合、待ちくたびれてしまって「つまらないなぁ〜」といった表情をすることがあります。お散歩は、犬にとっては気分転換や情報収集のたにとても大切な1日のイベントです。飼い主さんの都合でお散歩に行けない…なんてことがないように努力してあげましょう。

つまらなそうなとき考えていること4:「眠たいけど寝たくない」

眠そうな犬

いわゆるウトウト状態です。寝たいけれど、何か気になることがあったり、体調不良などの場合に見られる仕草です。体調不良の場合、痛みや不快感から、横たわってぐっすりと眠ることができなかったりする場合もあります。放っておくと病気が悪化したりするかもしれないので、愛犬の体調の変化には素早く気付いて動物病院に連れていけるようにしておきましょう。

退屈な時間が長いとストレスになります

暗い犬

犬は本来、広い空間を自由に動き回り、外で暮らしていた動物です。お留守番の長いワンちゃんや、運動量が必要ないからといってずっと室内で暮らしているワンちゃんはストレスを抱えます。お散歩に行きたいとアピールしてこないからといって放っておいてはいけません。適度に外の空気を吸わせてあげるなどして、外の環境に触れさせてあげましょう。

対処法

少しの時間でも良いので、愛犬に心を込めてスキンシップをしたり、話しかたりしましょう。その他、たとえ5分の散歩でも、外の空気を吸って地面を歩くことによって犬もリフレッシュできます。

まとめ

犬と飼い主

いかがでしたでしょうか。私たち人間も、つまらないと感じている時って辛いですよね。愛犬がなるべくつまらない時間を過ごさなくていいように、飼い主さんは工夫してあげたいですね。

犬も家族の一員と考えて、こうした心のケアも忘れずにしていきましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。