犬がカメラを嫌う理由と克服する方法

犬がカメラを嫌う理由と克服する方法

ご飯を食べているところ、一人遊びをしているところ、眠っているところ、楽しく遊んでいるところ…愛犬と暮らしている日々の中には、記録に残しておきたい瞬間がたくさんあります。けれども、なかなか思うような愛らしい写真や、決定的瞬間は撮れないもの。モデルである愛犬が撮影に乗り気でない、それどころかカメラを向けると表情が曇ってしまう…というようなカメラ嫌いのワンコさんもいると思います。今回は、なぜ、カメラが嫌いなのか?克服する方法はないのかを考えてみたいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬がカメラを嫌いな理由

視線を外す犬

目線を合わせたくない

犬にとって、自分以外の生き物と目を合わせることは、「敵意」を持っていることを意味します。スマホのカメラのように、レンズが小さく、どこにあるかわからない場合はこの限りではないと思いますが、1眼レフのカメラの大きなレンズは、犬にとってどんな風に見えているでしょう?
おそらく、見慣れない生き物の大きな目のように見えているのではないでしょうか?
それが自分を見据えて、ピントを合わせるために時折動いているのを見れば、もしかすると「なにか得体のしれないものが自分を見てる」と感じて、警戒している可能性があります。

「動いちゃダメ!」と叱られた、カメラを構えている飼い主さんの声にびっくりした

携帯で写真を取られる犬

利口なワンコさんなら、一度叱られたことをずっと覚えていることも珍しくはありません。
楽しく遊んでいる時や、のんびりと、なんの警戒心も持たずくつろいでいたのに、突然、飼い主さんから「じっとして!」と大声を出された…ということがあったとしたら、どうでしょう?
そして、それが何度も繰り返されると、「あの目玉がこっちを向いていると、飼い主さんが大声を出して、自分を叱る」と、カメラと飼い主さんに怒られることが関連づいてしまった…と考えられないでしょうか?

飼い主さんの顔が見えなくなって、不安になる

カメラを構えている姿を客観的に真正面から見たことがありますか?
撮影している最中は、スマホにしろ、一眼レフ、デジカメにしろ、飼い主さんの目や顔の全てか、顔の一部を隠してしまいます。
飼い主さんの顔や目の表情が見えにくい状況が、ワンコにとっては不安になったり、不快になったりする要因なのかも知れません。

カメラ嫌いを克服する方法

カメラに撮られるダルメシアン

日常的にカメラがある生活に慣れさせる

撮る目的がなくても、日常的にカメラがある状態に慣れさせます。
飼い主さんがカメラごしに自分を見ていることを見慣れて、なんの違和感も感じないようになれば、愛犬の何気ない日常の姿を撮ることが出来るようになるでしょう。

遊びながら写真を撮ってみる

海で遊ぶ犬

旅先や、普段頻繁に出かけないような特別なシュチュエーションの時ほど、思い出として愛犬の写真を撮りたいと思いますよね。
けれども、そんな時は愛犬のテンションもいつもと違いますし、思うような表情の写真が撮れなくてもどかしい思いをすることもあると思います。
そんな状況を避けるためにも、愛犬の写真を撮るときは、飼い主さんも写真を撮ることを楽しみましょう。
出来れば、愛犬と遊ぶ人、それを撮影する人、というパターンで撮れば、とても生き生きした表情で、躍動した写真が撮れると思います。

カメラがあると、嬉しいことがある!と覚えさせる

飼い主さんの顔が見えない、怖い目玉に見られている…と、警戒している愛犬でも、「おいしいオヤツ」があれば、テンションが上がります。
おやつに気をとられて思うような写真が撮れなくても、まずは、カメラを向けられているとおやつが貰える!と覚えてもらうのが最初の一歩。
カメラを見れば、テンションがあがってノリノリになれば、きっと誰が見てもハッピーな気分になるような素敵な写真が撮れるようになるでしょう。

まとめ

犬にカメラを向ける少年

昔のカメラ撮影は、フィルムを使っていて現像を出して…と大変でした。写真を撮りそこなうことは、お金を無駄に使ってしまうことでもありました。でも、今はデジタル撮影になり、失敗を恐れずに思う存分、愛犬の写真を撮ることが出来ます。まずは、愛犬のカメラ嫌いを克服し、たくさん、幸せな時間の記録を残してあげて下さいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。