愛犬に爪切りを慣れさせる6つの方法

愛犬に爪切りを慣れさせる6つの方法

最近はお家の中で飼われている犬が多く、お外でのお散歩も少なめの子もいるかもしれません。お家中心の生活になるとどうしてもワンちゃん達のお爪は伸びがちだと思います。そして、お爪切りの苦手な犬も多いかと思います。我が家でのお爪切りが少しでも参考になればと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬の爪

近年ワンちゃん達はお家で一緒に生活する子が多く、そして、あまりお散歩に行かないような子もいるかと思います。

そのような環境もあり、ワンちゃん達のお爪は伸びやすい状態になりがちです。

そして、フローリングのお家も多く、ワンちゃん達のお爪が伸びているために歩きにくかったり、滑って怪我をしてしまったりするため、お爪切りは必須ですよね。

しかし、ワンちゃん達はお爪切りが苦手な子が多く、お家でのお爪切りに苦労している方も多いかと思います。

我が家のワンちゃんは小さい頃はじっとしてられず、お爪切りを、嫌がっていたのですが、今では一人でお爪切りが出来るほど慣れました。

我が家でのお爪切りの方法が少しでもお役にたてばと思います。

爪切りに慣らす

爪切りに慣らす

まず、お爪切りはワンちゃん達の協力なしに行うことは難しいと思います。

そのためには、ワンちゃん達に慣れてもらうことが必要になってきます。

そして慣れてもらうまで飼い主さんが辛抱強く行うことが大切です。

我が家でも最初の頃は手をずっと持たれることや、お爪を切ったときの音などを嫌がりどうしても動いてしまうことが多く、大変でした。

しかし、お爪切りをしないと怪我をしたりすることがあるため、我が家ではお爪切りに少しずつ慣れてもらうようにしました。

1、爪切り自体は怖くない

まず最初に行なったのは、爪切りを持った状態で手を触っても怖くないというのを教えました。

2、徐々に時間を長く

徐々にお爪を切り、嫌になったら休憩をしながらとだんだんとお爪を切る時間を長くしていきました。

特に我が家のワンちゃんは前の手を嫌がるので、前の手の練習は時間をかけながら慣れさせるようにしました。

3、爪切り中は動いちゃダメ

今でも時々前の手は嫌がることがあるのですが、お爪切りを始めたらじっとしていなきゃいけないというのを教えるために、動いたらいけないと言って、じっとさせるようにしています。

そして、全てのお爪切りを終え、おとなしく出来ていたらおやつを貰えるという様に教え、お爪切りを頑張ればご褒美が貰えるというように覚えてもらっています。

また、ワンちゃん達はそこまで長時間集中力が持たないため、長くとも10分以内には終わらせるようにしています。

4、こまめに爪切りを行う

慣れてもらうためにも毎週少しずつでもお爪切りをするようにしています。またこまめに爪切りを行えば、1回の爪切りにかかる時間が減り、ワンちゃんと飼い主さん両方の負担が減ります。

5、手足を触られることに慣らす

ワンちゃんの中にはお爪に触られるのも苦手という子もいるかと思います。

そのような子はまずお爪を含め、手足を触らせてもらうことから練習を始めるのが良いかと思います。

6、お家に迎えたら早いうちに始める

出来ればお家に迎えた頃から始めて、慣れてもらうのが良いと思います。

爪切りグッズ

爪切りグッズ

我が家でのお爪切りはトリミングサロンや動物病院で使用しているのと同じ、ギロチン型のお爪切りを使用しています。

切れ味が良く、長持ちするため、他の物と比べると多少値ははりますが、ギロチン型にしました。

また、ワンちゃんのなかにはお爪が黒くて、どこまで切って良いか分からないから心配という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方はトリミングサロンや動物病院で切ってもらう方がよいかと思います。最初はサロンや動物病院で教えてもらってからお家でやってみるのも良いですね。

あまり深爪してしまうと、血管まで切ってしまい出血してしまうことがあるからです。

お爪はからの出血もともと止まりにくく、またワンちゃん自身も痛みや飼い主さんの動揺によって興奮しているとさらに血が止まりにくくなってしまうため、飼い主さん自身もより困ってしまうことがあるかと思います。

そして、お家で出血させてしまったため、お家でお爪切りを出すとワンちゃんが逃げてしまうというお話も聞いたことがあります。

お爪切りは日々のケアとして必要なことなので、是非お家で出来るようになれれば良いですね。

飼い主さんもワンちゃんに慣れてもらうように辛抱強く、無理しない程度に頑張りましょうね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。