犬の健康診断の頻度はどのくらいがベスト?適切なタイミングから必要性まで

【獣医師監修】犬の健康診断の頻度はどのくらいがベスト?適切なタイミングから必要性まで

お気に入りに追加

犬の健康診断は年に一回がベストです。体調が悪くなったことをタイミングやきかっけとせず、ワクチン接種や狂犬病の予防注射を受けるタイミングで健康診断も受ける、などと決めておくと良いのではないでしょうか。

6790view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の健康診断について

女性獣医師とゴールデンレトリーバー

体調が悪くなったことをきっかけに初めて健康診断へ連れて行った、という方も多いのではないかと思うのですが、病気の発見が遅れてしまったことで「手の施しようがありません」なんて言われてしまってはショックが大きいですよね。

早期発見によって治療の内容も変わってくると思いますし、投薬によって治療するのか、手術によって治療するのかでは全然違います。定期的な健康診断によって防ぐことができる病気もありますし、完治させることだってできるんです。

健康診断の内容とは?

犬の健康診断にも検査項目はたくさんあります。カラダのどの部分の健康を知りたいのか、歯なのか、目なのか、臓器なのか、知りたい部分によって検査項目を飼い主さんが決めなければなりません。

また、病院や獣医さんによっても健康診断の内容が異なる場合があります。「食欲はありますか?」「一日どれくらい運動させていますか?」「何か気になることはありますか?」などの問診から始める獣医さんもおり、愛犬の健康について細かく伝えることで適切な診断ができるのではないでしょうか。

とくに問診することもなく、カラダ全体を触診し、聴診器を当て、「問題ないですね」という獣医さんもいますし、問診することも触診することもない獣医さんもいます。ただ黙って抱き上げて検査室に連れて行かれることもありますし、「がんばろうね~」と優しく声をかけてくれる獣医さんもいます。

この病院ではどんな検査を受けることができるのか、獣医さんはどのように診てくれるのか、検査項目や費用などをじっくり調べて病院選びをした方が良いなと感じています。

健康診断を受ける頻度

年に一回の健康診断を受けさせてあげることがベストなのではないでしょうか。
うちの愛犬たちが受けている年に一回の健康診断の検査項目は「問診・身体検査(触診)・便検査・尿検査・耳科検査・血液検査・レントゲン検査・甲状腺ホルモン測定・腹部と胸部の超音波検査」です。
二匹で数万円の費用がかかりますが、検査費用は病院によって異なります。

健康診断を受けるタイミングは?

年に一回の健康診断がベストだと思うのですが、費用を心配される場合など、私の周りには血液検査のみを受けさせているという飼い主さんが多いです。血液検査の結果によって追加する検査項目を獣医さんと一緒に決めているようです。

季節の変わり目は体調を崩しやすく、そのタイミングで健康診断を受けさせているという飼い主さんもいらっしゃいます。犬種によっても発症しやすい病気には違いがありますし、愛犬の様子を見ながらタイミングを見つけてあげると良いのではないでしょうか。

犬種によって異なりますが、犬は5歳~7歳くらいになるとシニアと呼ばれるようになり、シニアの年齢になるタイミングで健康診断を受けさせるという飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。10歳を超えると年に2回健康診断を受けることをお勧めします。

健康診断の必要性について

聴診器とポメラニアン

元気だし食欲もあるし若いから年に一回も健康診断に連れて行く必要はないんじゃないか?体調が悪くなったらすぐに病院に連れて行けば良いんじゃないのか?と思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。愛犬に健康診断を受けさせるのかどうかの決定権は飼い主さんのみにあります。

健康診断を受けさせることのメリット

  • 病気の早期発見と早期治療を受けさせることができる
  • 異常がないことを知ることで安心して過ごすことができる

などのメリットがあり、普段の生活の中では見つけることのできない異常を発見するきっかけにもなります。犬は敵から身を守るために痛みや異常を隠すという習性があり、飼い主さんにも気づけないことが多いです。

普段の様子を獣医さんに伝える(問診)だけでも、食事の内容や運動についてなどの指導を受けることができます。肥満などの生活習慣病を抱えている犬も増えていますし、健康診断によって健康に元気に若々しく長生きすることができる可能性をもっともっと広げることができるのではないでしょうか。

健康診断を受けさせることにデメリットはあるのか

飼い主さんにとっては経済的な負担がかかるというデメリットがあります。犬にとっては身体的な負担や精神的な負担がとても大きいです。また、100%正しい診断ができるとは限りませんし、誤診にも注意しなければなりません。

検査項目はたくさんありますし、必要に応じて飼い主さんが選択してあげてください。選択することが難しい場合には、どのような検査が必要なのか、獣医さんに相談しながら決めても良いと思います。

まとめ

獣医師と白い仔犬

犬の健康診断は「年に一回」がベストです。老犬の場合、半年に一回など増やしてあげると良いかもしれません。

定期的な健康診断を受けさせていなかったため、病気の発見が遅れてしまい、初代わんこに対してとても大きな手術を受けさせてしまった経験があります。ちゃんと健康診断を受けさせていれば早期発見によって簡単な治療で済んだのに…とても後悔しました。費用もとても大きく、家族に助けてもらいました。

みなさんやみなさんの愛犬にも同じようなつらい経験をして欲しくないため、年に一回の健康診断を強くおすすめしたいです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    健康な時の状態を残すことによって、数値が正常範囲外でもこの仔にとってはこれが普通、とかが分かってきます。
    いざ、具合が悪くなった時、普段の状態からどれだけ逸脱しているのかが分かるので、診断も早く出来ますし、誤診も少なくなると思います。
    また、元気な内に病院に馴れさせておけば、緊急事態でも嫌がらず、ストレスも少なく受診出来ると思います。
    と言う訳で、我が家では年一回、お誕生日健診と称して通っています♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。