犬が心を許した時に見せる5つのサイン

犬が心を許した時に見せる5つのサイン

お気に入りに追加

犬が人間の心を許すということは、その人を信頼しているということでもあります。愛犬からそのように思われれば、飼い主としてこれほど嬉しいことはありません。では、飼い主に心を許した時、犬はどのようなサインを見せるのでしょうか。

218579view

犬が心を許した時に見せるサイン

トイプードルのアップ

犬には自分が心を許していない人には決して見せない、「あなたのことを信頼していますよ」「あなたに心を許していますよ」という意味を持つサインがあります。飼い主ならば、ぜひこの姿を日頃から見ておきたいものですね。

では、その犬が心を許した時に見せるサインには、どのような行動や仕草が当てはまるのでしょうか。皆さんも自分の愛犬が見せたことのある姿かどうかを思い返してみてください。

①仰向けになる

仰向けの犬

まずはお腹を出すように仰向けになるという仕草が挙げられます。お腹というのは犬の体の部分の中でも特に柔らかい場所であり、そこを襲われたらひとたまりもない、という弱点でもあります。

したがって相手に対して見せると襲われるかもしれないため、「危ない」という野性時代からの防衛本能が働きますので、知らない相手や敵として認識している相手には見せることがないのです。

もしも飼い主さんの目の前でお腹を出すようにごろんと頻繁に横になるというのであれば、飼い主さんに対して絶対の信頼感と安心感を抱いている証なのです。

②顔を鼻でちょんと当ててくる

鼻をチョンチョンする犬

「愛犬が私の顔を頭や鼻で軽くツンツンと突き上げるように触れてくる」という経験はありませんか?これも愛犬が飼い主さんに対して心を許した時に見せるサインの1つです。

相手の顔を頭や鼻でちょんと突く行為というのは、「あなたのことを信頼していますよ」「あなたは私のリーダーです」という意味があります。つまり、信頼している、心を許しているという意味以外にも、しっかりリーダーとして認めていることも意味しているのです。

これは飼い主さんがしっかりとしつけをしており、正しい上下関係ができていることを表しています。正しいしつけをすることで、犬は飼い主のことをリーダーとして信頼するようになるので、ただ可愛がるだけでなく、しつけをするということはお互いの関係を深めるためにも必要です。

③尻尾をゆっくり振る

尻尾

尻尾というのは犬の気持ちを表すパラメーターとも言われています。もしもこちらを見つめながら尻尾をゆっくりと左右に振っているのであれば、あなたの姿を確認し、安心していることを意味しています。

また、このゆっくり左右に尻尾を振るという行為には、「今、機嫌が良いですよ」と気分が良い時にも現れます。

どちらにせよ、飼い主さんの前でゆっくりと尻尾を振っている場合には、大好きな飼い主さんの姿を見ることで安心感を得ているため、機嫌が良くなっていると考えられます。これは心を許している相手だからこそ起こる感情と言えるでしょう。

④おしりをくっつける

ベッドで寝る犬

先ほど「お腹を見せる」というサインを挙げましたが、それと同じような意味を持つサインが「お尻をくっつける」という仕草です。

想像してみてください。お尻を相手にくっつけるということは、相手に背を向けるという行為でもあります。もしも敵に背を向けてしまえば、すぐに襲われてしまう可能性があります。そのため、信頼していない相手にはお尻をくっつけることはないのです。

また、野性時代の名残として、お尻をくっつけるという行為は、自分が向いている方向は自ら敵が来ていないか監視し、お尻をつけている相手に対して「こっちは俺が見張っているから、反対側をよろしく」という意味もあったそうです。

⑤顔や口周辺を舐める

舐める犬

顔や口の周辺を愛犬が舐めてくるということはありませんか?「構って欲しいのかな?」「甘えたいのかな?」と瞬時に感じ取る方もいると思いますが、これも実は犬が心を許した時に見せるサインです。

先ほどの「甘えたい」という気持ちからこの行動を起こすのですが、元々は母犬に対して子どもが行う行動です。そのため、口や顔を舐められるのであれば、愛犬はあなたのことをお母さんのように慕っているのです。

皆さんも実家に帰ると安心するという感覚になる事はありませんか?それは慣れ親しんだ場所であり、心を許しているから起こる感覚です。このように、犬も心を許した相手に甘える際、このサインを見せるのです。

まとめ

お腹を撫でてもらう犬

いかがでしたでしょうか。このように犬のサインには、野性時代の名残が関係していることが多々あります。これらを踏まえて考えると、「今はとてもリラックスした状態なのかも」「安心してくれているのね」とこちらも嬉しい気持ちになりますよね!ぜひ日常生活の中で愛犬がこれらのサインを出していないか、観察してみましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ロッキーじぃ

    以前勤めていた所に飼われていた犬の話です。
    いつも繋がれっぱなしで……新人の私は、たまに暇をみてはお散歩に連れて行ってました。

    ある日、みんなで、ロッキーを囲み話をしていたときでした。
    そしたら、ロッキーは、私にお尻を向け座るのです。
    先輩から、やっぱ新人って分かってんだね!
    尻かけ!って言ってんじゃないの?と言われていました。
    今考えると……。ロッキーじぃは、私を信頼してくれてたんだな。
    虹の橋で元気にしてるかい??
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    確かに背を向けてお尻をくっつけてお座りしてます。1番は名前を呼べば振り向いてくれたり 私のそばへ来てくれたり…初めは当たり前だと思っていたのですが もう1匹の1歳の犬は振り向きもしない 来ない…性格もあるのでしょうが 少し寂しいかも…。でも 朝起きてきたり 私が買い物や仕事から 帰って来た時の 2匹のお出迎えが 尋常じゃないくらいの喜びよう。毎回が何日かぶりの再会のようです。心を許したとは少し違うかもしれませんが 家族の中では 1番に心を許してくれてるんだなぁと感じます。
  • 投稿者

    40代 女性 ロップ

    ウチには4頭の犬がいます。その子それぞれですが、お尻をくっつける、お腹を見せる、鼻でツンツンすると言うのをやります。1~2時間留守にしただけで大歓迎してくれます。8才のシュナウザーは6才から嬉ションするようになってしまいました。あの喜びぶりは本当に嬉しいです。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちの子は、炬燵で座っていると炬燵布団の膝の上でヘソ天でネンネします。鼻で手を押し上げて身体に触れてって甘えてきます。もう5歳なのに甘えん坊さんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。