犬が撫でてほしい時にする5つのサイン

54054view

犬が撫でてほしい時にする5つのサイン

基本的に犬は飼い主に撫でられることが大好きです。そのため、犬のサインを知っておくと愛犬が飼い主に「撫でて欲しい」とアピールしていることがわかります。今回は犬が撫でて欲しい時に出すサインをご紹介します。

犬が撫でてほしい時にするサイン

お腹を撫でて貰う犬

犬は飼い主さんに撫でてもらうことで幸福度が上がると言われています。つまり、飼い主さんに撫でてもらうことが大好きであり、安心感を得ることができるのです。では、犬は飼い主さんに撫でてもらいたい時、どのようなサインを出しているのでしょうか。

①前足を乗っけてくる

足をのせようとする犬

飼い主さんがテレビを観ていたり、ソファーに座って寛いでいる時、愛犬が近寄ってきて、何かを催促するように膝の上などに前足を乗せてくるということはありませんか?これは撫でて欲しい、構って欲しいというサインです。

基本的に前足を乗っけてくる行動は、自分に注目して欲しいという気持ちが強く、飼い主さんに甘えたいと思っている時に起こす行動です。

ぜひ前足を乗せてくるようなサインを見せてきたら、「どうしたの?」と体の側面や顎の辺りを撫でてあげましょう。

②ごろんとお腹を見せてくる

転がる犬

目の前にやって来て急にごろんとお腹を見せるように仰向けに寝転がったら、これも撫でて欲しいというサインです。特にお腹を見せてきているので、お腹の辺りを撫でて欲しいと甘えているのです。

犬にとってお腹というのはとても柔らかい部分ですので、この部分を襲われたらひとたまりも無いという弱点でもあります。

そんな弱点を敢えて見せ、撫でて欲しいと甘えてくるということは、飼い主さんに対して強い信頼感を持っているという証でもあります。

③体を擦り付けてくる

犬と少年

自分の体を飼い主さんの体に擦り付けてくるような動作を見たことはありますか?「なんでこんなに体を執拗に擦り付けてくるんんだろう」と気になるところですが、これも構って欲しいというサインです。

この時に撫でてあげるとそれに満足し、隣に寝転がる子もいるので、まずは撫でてあげて満足度を上げてあげましょう。その後も構って欲しそうな仕草を見せたら、散歩に連れて行ってあげたり、一緒におもちゃで遊んであげると良いでしょう。

④顔を舐めてくる

顔を舐める犬

顔や口を舐めてくる犬はとても多いですよね。飼い主さんの中には顔や口を舐められるのは少し嫌、と感じている方もいるかもしれませんが、これはあなたのことを信頼し、愛情を表しているサインでもあります。

元もこの行動は子犬が母犬に対して甘える時に行う動作です。それが今でも残っており、母親のように思っている相手に甘えたい時にこのサインが出てしまうのです。

したがって、顔や口を舐めようとしてくる時の犬の心理としては、やはり撫でて欲しい、構って欲しいという思いが強いということになります。

もちろん、口を舐めさせることは人間にとっても犬にとっても健康上あまり良いとは言えません。ばい菌が口の中に入ってしまうこともありますし、人間の口に付いた食べ物の残りを犬が舐めとってしまい、それが犬にとって毒になってしまう恐れもあるからです。

なるべく口を舐めようとしてきたら、止めさせ、犬が口を舐めることを止めたら褒めてあげるというしつけをしておきましょう。

⑤顎を乗せてくる

顎を乗せるいぬ

前足を乗せてくるのではなく、飼い主さんの傍に寄ってきて顎を乗せるというのは、「撫でて欲しい」「構って欲しい」という意味合いは同じですが、犬の心理状態が少々違います。

前足を乗せてきている時は「撫でて欲しい」という気持ちが前面に出ていますが、顎を乗せて休むような仕草を見せている時は、飼い主さんの傍にいることで安心感を得ている方が強く、「あわよくば撫でて欲しい」といった感じです。

そのため、撫でて欲しいと強くは思っていませんが、撫でてあげるとより安心し、眠りに就くことができる事もありますので、優しく撫でてあげましょう。

要求に応えすぎるのは良くない?

足を伸ばして仰向けで寝転がる犬

上記のように愛犬が可愛く撫でて欲しいとおねだりしてきたら、飼い主さんとしては毎回要求に応えてあげたくなりますよね!もちろん筆者もそうです。

しかし、愛犬が撫でて欲しいと感じている時、飼い主さんにはやらなくてはいけない事がある、という時もあります。そんな時は無理に時間を作り構ってあげるのではなく、用事が終わってから撫でてあげるようにしましょう。

毎回、無理して撫でたり構ってあげたりしていると、犬は「こうすれば絶対に構ってもらえる」と覚えてしまい、自分が1番だと勘違いしてしまうことがあるのです。

すると、いざどうしても外せない用事がある時に構ってあげられない状況が出来上がってしまうことで、犬は「どうして構ってくれないの!?」と起こったり拗ねてしまうこともあります。また構ってもらえないことに大きな不安を感じてストレスになってしまう子もいます。

さらに四六時中「撫でてー」と要求してくる子に毎回応えてしまうと、分離不安症になってしまう恐れもありますので、それを防止する意味でも毎回応えてしまうのではなく、飼い主さんが忙しい時や何かをしている時は「後でね」と言ってあげることも大切です。

まとめ

ソファーの上で撫でてもらう犬

いかがでしたでしょうか。「この仕草、よく見る!」というサインもいくつかあったのではないでしょうか。しかし、あまり構い過ぎてしまうと分離不安症の恐れも出てきますので、適度に応えてあげるようにする事が大切です。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。