犬が安心しているときに見せる5つの仕草や行動

10263view

犬が安心しているときに見せる5つの仕草や行動

自分と一緒にいる時に犬が安心しているのであれば、飼い主として信頼されている証ですから嬉しいですよね。犬が安心しているかどうかは行動や仕草に現れていることが多いです。今回は犬が安心している時に見せる行動や仕草をご紹介します。

犬が安心している時に見せる行動や仕草

お腹を見せるトイプードル

①お腹を見せる

まず犬の代表的な弱点とも言われているお腹を飼い主さんの前でさらけ出している場合には、安心しきっている状態であると考えて良いでしょう。

犬を飼っている人ならばわかると思いますが、犬のお腹というのはポニョポニョという擬音が似合うような柔らかい部分です。そんな柔らかい部分を襲われてしまっては、ひとたまりもありません。

したがって、そんな襲われたら一巻の終わりとも言えるお腹をさらけ出し、さらにいびきをかいて熟睡してしまっているのであれば、飼い主さんに対して最大の安心感を感じていると言えるでしょう。

②背中をこちらに向けて座っている

ソファーに座る犬と男性

野生の頃の名残として、背中を無防備に晒してしまうということは、もし相手が敵であれば攻撃され、最悪の場合は命を落としかねないということから、信頼していない相手に対して背を向けるということはあまりしません。

そのため、背中をこちらに向けて座っている、あるいは伏せた状態でリラックスしているのであれば、愛犬は安心して飼い主さんに背中を預けているということになります。

③飼い主さんに寄りかかって眠る

こちらも信頼できていなければできない行動ですよね。敵に寄りかかって眠ってしまったら、すぐに襲われてしまいます。しかし、安心できる家族、そして仲間だからこそ、寄りかかって眠ることで安心感を得ているのです。

「この人ならば、僕が寝ている隙に誰か襲ってきても守ってくれる」という信頼を置いているのでしょう。

また、大好きな飼い主さんの匂いを一身に受け、感じながら寝るということは犬にとって、とても安心できることなのです。したがって、寄りかかりくっついて眠ることで、飼い主さんの匂いを嗅ぎながら安眠できるのです。

④飼い主にお尻を付けて眠る

ソファーで眠る犬

最近では、この飼い主さんにお尻を付けて眠るという行動が一番信頼している証拠だとも言われています。「なんでわざわざ私にお尻を付けて寝ようとするんだろう?」と不思議に思っていたという方もいるかもしれませんね。

先ほど話した通り、背中を見せるということは自分の弱点を見せることでもありますので、この時点で既に飼い主さんに対して信頼感を持っているのはわかります。

犬にとって弱点となる急所は、最初に紹介したお腹以外にも後ろ足が挙げられます。後ろ足を怪我させられてしまえば走れなくなってしまったり、不便になりますよね。

この後ろ足を預けるようにしてお尻をくっつけているというのは、犬にとっての弱点を丸々預けているような感覚なのです。飼い主としては嬉しいですよね!

⑤飼い主の口元を舐める

飼い主の顔を舐める犬

犬が相手の口元を舐める時は愛情を表現しようとしています。「あなたのこと大好き!」という気持ちと同時に「あなたのこと信頼しているよ」という意味も込められているので、愛情と安心感を同時に伝えてくれているのです。

自分の気持ちを精一杯飼い主さんに伝えようとしてくる姿はとても可愛いですよね。この時の犬の状態としては、リラックス状態となっていますので、周りに不安に思う対象がない、ということです。

もしくは少々気になることがあっても飼い主さんが近くにいてくれているから大丈夫だと思っているのかもしれません。頼りにされている証拠ですね!

まとめ

女性の顔を舐める犬

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主さんに対して安心している際に見せる行動や仕草というのはたくさんあります。見逃してしまいそうな仕草もありましたので、ぜひこれからは注意して愛犬の様子をチェックしてみましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。