犬が隙間に挟まりたがる理由とは?

犬が隙間に挟まりたがる理由とは?

あれ?愛犬が見当たらないぞ?と思って探すと、家具の隙間やベッドの下などに潜り込んでいることはありませんか?犬って隙間が好きな子が多いですよね。この記事では、「犬が隙間に挟まりたがる理由」をご紹介していきます。

お気に入り登録

犬が隙間に挟まりたがる理由がある?

ドアの隙間に居る犬

犬と一緒に生活をしていると、不思議に思うことがいくつかありますよね。今回は、「犬が隙間に挟まりたがる理由」について考えてみたいと思います。

こんなに広い部屋なのに、どうしてそんな狭いところにいるの!?というようなこともありませんか?私の愛犬も、室内フリーで生活をしていますが、狭いスペースやクレートの中を好んでいます。

人間でも狭い所が落ち着くという人がいますが、犬にも狭いスペースを求める理由があるようです。ではさっそく、見ていきましょう!

隙間に挟まりたがる理由1:安心するから

犬小屋にいる犬

本能的に安心するから、という理由が1番に考えられます。私たち人間を含む動物は、狩りをしたり狩られたりして生活していました。そんな生活の中では、自分が安心して休める場所が必要ですよね。

天敵や自然災害から身を守るために、ほとんどの動物が「巣」を持っています。その巣というものは、周りを囲まれ狭く身を潜めることができるものが好ましいとされています。

それらの理由などによって、犬も狭いところ(隠れ家となるところ)を好むのでしょう。

隙間に挟まりたがる理由2:怖いことから逃げたいから

理由1と同じですが、大きな音や強いストレスを感じたとき、狭い隙間に逃げ込んで、自分を守ろうとします。犬などの動物は、自然界では身を守るために穴の中や少し入り組んだ狭いスペースで過ごしています。

ペットとして生活している犬でも、その習性があり「狭い場所=身を潜められて安全な場所」という認識を持っているのでしょう。

隙間に挟まりたがる理由3:認知症で後退できないから

老犬のゴールデン

遊んでいるうちに狭い所に入ってきてしまった場合、若い犬ならば後に下がったり体の向きを変えたりして脱出することができます。しかし、高齢犬で認知症を発症している場合、そのように抜け出す方法が分からなくなってしまいます。

そのため、狭い場所に取り残された結果「隙間に挟まるのが好きなのかな?」というふうに見えてしまう場合があります。

隙間に挟まりたがる理由4:想像妊娠しているから

避妊していないメスだけにみられる理由になりますが、想像妊娠をした場合にも、赤ちゃんを育てる為の巣として狭い隙間を求め、狭い隙間に挟まりだがるようです。具体的な想像妊娠の様子としては、

  • 床をガリガリと掘って巣を作ろうとする
  • 乳が張り、母乳が出る ようになる
  • 切ない様子でピーピーと鳴く
  • 落ち着きがなくソワソワしている

などが挙げられます。 ヒート(発情期)が終わって大体2、3ヶ月経った頃に 見られることが多いそうです。

まとめ

ゴミ箱に挟まる子犬

いかがでしたでしょうか?
「犬が隙間に挟まりたがる理由」を4つ見てきました。あなたの愛犬にも当てはまりそうな理由はありましたか?

認知症や想像妊娠の場合は、愛犬にも負担が大きいと思いますので、未然に防いだり、獣医師などの専門家に相談することが望ましいですね。

この記事を読んだ皆さんは、犬が隙間に挟まっているのをみたら、今までとはまた違った視点で見えるかもしれませんね。愛犬の気持ちを理解できるようになる手がかりになれば幸いです!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    家の愛犬は8キロの小型犬ですが、ドライブが大好きで窓から身を乗り出して外を眺めて風を受けて喜んでいます。
    またはドライブに飽きると丸まって寝ます。また起き上がり今度は車内を右往左往してまるでトイレに行きたい
    感じでアタフタ始まります。そんな時運転席と補助席の狭いコンソールがあるところに体を入れるとピッタリ体が
    はまって愛犬が落ち着くんです。体がぴったり入っているんで車の左右の揺れなど一切感じないらしく、何が良いのか
    ずーっと静かに寝ているようです。1時間もはまっていることはしばしばですが家の50m前の曲がり角を曲がると
    必ず起き上がってきます。多分超すばらしいGPSが頭か?体についているみたいですね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ミルワン

    私の母は80歳の高齢で一緒に生活しているマルチーズの花という名前の愛犬と仲良しです。毎朝 枕元に行き起こして 居間で居眠りをすれば起こして ドライブへ行くのも一緒ととても可愛いがっていました
    昨年の夏に自宅の居間でお茶を飲んでいる時に急に眠るように意識がなくなりました
    花はいつもの居眠りだと思い一生懸命顔を舐めて起こしましたが全く反応がなく 吠えても全く起きてもらえませんでした
    しばらくして救急隊がきて母を運び出そうとした時に 拐われると思った花は救急隊の人達に吠えて向かって行きましたが花の思いは叶わず運ばれて行きました
    その日花は元気が無く部屋の角の方で丸まっていました。翌日に母は息をひきとり自宅に帰ってきました その時の花の喜びかたは体全体で表していました 花は母の顔を舐めておこそうとしましたが 返事がありません 冷たくなった母を見て異変に感じたのか花の体は震えていました
    そして5か月後に花も母の元へ旅たってしまいました まだ4歳なのにと家族は悲しみましたが 今頃2人で仲良くやってる事でしょう!
    ミルワンの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。