犬がトイレを我慢している時に見せる4つの仕草

67647view

犬がトイレを我慢している時に見せる4つの仕草

お気に入りに追加

愛犬を連れて外出する時に気になることといえば、「愛犬のトイレ大丈夫かな?」ではないでしょうか。そんな時、犬がトイレを我慢している時に見せる仕草を知っておくことで、お漏らし回避することができますよ!

犬がトイレを我慢している時に見せる仕草

トイレ中の犬

人間も状況によってはトイレを我慢しなくてはいけない場面に出くわすことがあります。実はわんちゃん達もトイレを我慢していることがあるのです。

しかし、「ここでトイレしちゃダメかな?」という心理状態の犬は、ある仕草をするため、外出時でも飼い主さんが見逃さなければ、我慢を最小限に抑え、トイレさせてあげることができます。

①床の匂いを嗅ぐ

床の匂いを嗅ぐ犬

今までリラックスしていたのに、急に床の匂いをクンクンと嗅ぎ始めたら、トイレに行きたくなっている証拠です。この行動は、匂いを嗅ぐことでトイレを探すことを目的としていますので、おしっこを我慢していると考えられます。

室内のトイレ以外の場所でこの行動が見られた場合、飼い主さんはすぐにトイレの場所まで連れて行ってあげましょう。

もしかすると以前、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまった際の匂いが床についており、犬の優れた嗅覚がその匂いを察知してしまっている可能性があります。同じ場所で何度もトイレをしてしまうと、その場所もトイレであるという認識に変わってしまいますので注意が必要です。

②自分のお尻を気にし始める

お尻を舐めている犬

自分のお尻を犬が気にし始めた場合、様々な理由が考えられますが、その1つにトイレに行きたいというものが挙げられます。特にお尻ということもあり、おしっこではなく、うんちがしたいという時にお尻を気にし始めます。

家ではもちろん、近年多くの場所にオープンしているドッグカフェ内などでうんちをしてしまうとマナー違反になってしまう可能性もありますので、この仕草を始めたら、一度席を立って外に連れて行きうんちをさせると良いでしょう。

③後ろ足がぎこちなく動いている

立っている犬

犬の足が震えている時は、不安などからストレスを感じていることを表しています。後ろ足がいつもよりぎこちなく動いている場合、様々な要因が考えられますが、その1つにトイレを我慢している心理が挙げられます。

「トイレがあるのに足がぎこちない」という場合には、一度トイレを確認しに行きましょう。

犬の中には人間と同様に、きれい好きな子もいます。そのような犬ならば、1度おしっこをしてそのままになっていると、その場所に足を踏み入れたくないという心理が働き、おしっこをしたくても行けないという理由で我慢している可能性があります。

④くるくる回り始める

回ろうとしている犬

散歩へ行く際、うんちをする前に頻繁に見るという仕草がこれです。犬を飼っており散歩に行っている人ならば一度は見たことがあるのではないでしょうか。

この仕草は野犬だった頃の名残として知られています。野犬は周囲にいつ敵が迫ってくるかがわからないため、トイレを安心して行えるよう、まずは周りの状況を確認するのです。そのため、うんちをする時はくるくると回るのです。

トイレがない場所でくるくる回り始めたら、緊急事態と思いましょう。これは「うんちをする前の段階」ですので、回り終えたらうんちの体勢に入ってしまう可能性があります。

したがって、カフェなどで愛犬がくるくる回り始めたら、緊急の対策としてうんち袋を愛犬のお尻部分にくっつけてキャッチするか、抱きかかえて素早く外に連れて行くかという2つの手段をとらなければなりません。

なるべくこの前の段階である、ここまでご紹介して参りました3つの段階で察し、トイレに連れて行ってあげることが望ましいでしょう。

外出先には「トイレアイテム」を持って行こう

トイレシーツの上に座る犬

ここまで犬がトイレを我慢している時に見える仕草を4つご紹介して参りました。最後に、犬がトイレをする際に必要となるアイテムの中から、外出先で必要となるグッズをいくつかご紹介します。

まず散歩時に必要となるグッズとして、うんち袋やおしっこをした際に洗い流す水などが必要となります。水に関しては、最近では給水も共にできる散歩便利グッズが販売されていますので、そちらも確認してみましょう。

また先ほどご紹介したように、近年、様々な場所に犬が同伴できる多くのドッグカフェがオープンしています。

このような犬と一緒に入れる施設に行く際に必要となるアイテムが、先ほどご紹介したうんち袋とマナーベルトです。マナーベルトというのは、おしっこによるマーキング行為や粗相を防ぐために付ける、「犬用のオムツ」と考えましょう。

マナーベルトの中には、おしっこを吸引してくれるパットがついている物が多く、よくマーキングをするという雄犬も安心です。

まとめ

トイレに座る犬

いかがでしたでしょうか。このように犬がトイレを我慢している際に見せる仕草は4つあります。ぜひ外出した際にはこの仕草を見逃さず、飼い主も犬も快適に過ごせるよう努力していきましょう。

ユーザーのコメント

  • 40代 女性 匿名

    初めてのワンコと一緒の旅行の時は、粗相が心配でペット可の部屋ですが
    オムツを付けて就寝しました。私達夫婦は初めてのワンコ同伴で粗相の心配から
    つけたオムツですが、夜中に月光のシルエットはペットシーツにシッコしてる姿でした。
    オムツなのにキチンとペットシーツにしてる姿が愛おしくそれからは旅行の時は、寝るまでにトイレの散歩をしてオムツは付けなくなりました。もちろん失敗はありません^^
  • 50代以上 男性 ルイ(ビーグル兼)ちゃん

    14年5ヶ月家族同様に生活し楽しみも沢山いただきました。昨年9月頃から体調不変が現れて病院で投薬しながら頑張っておりました。今年の2月中頃から食欲が少なく病院で餌食・点滴治療して夜には我が家で診ておりました。寒さ対策の為、バスタオル・毛布等の洗濯も毎日して環境だけは清潔な床に気を付けておりました。最後のお別れの時には力一杯尻尾振りながら安らかな旅立ちしました。色々な面倒を診た恩返し有り難うを言う姿であったように感じを受け家族同行して火葬してお別れとしました。ありがとう
  • 30代 女性 しろわんこ

    うちの子は基本、外でしかしません。
    だから台風の大雨に、大雪がふろうととりあえず、外に連れていかなければなりません。

    でも、人間でも急にお腹壊したりとかありますよね。
    その時は、必ず人を必死で呼びに来ます。

    ペットシーツでの排泄も出来てたのですが……はみ出した時のショックが彼女には、大きかったようで( 笑 )
    叱ってませんよ。でも、彼女の中ではどうしようもない失敗だったんでしょう。
    それ以来、出来なくなりました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。