犬が反省してる時に見せる4つの仕草

犬が反省してる時に見せる4つの仕草

お気に入りに追加

愛犬を叱った際、「本当に反省しているのかな?」と思うことはありませんか?実はしっかり怒られたという実感がある場合、犬はある仕草をします。今回は犬が反省している時に見せる仕草をご紹介します。

13965view

犬が反省してる時に見せる仕草

トイプードルのあくび

愛犬がイタズラをしてしまった時には、飼い主さんがしっかり叱って「ダメなことなんだよ」と教えてあげる必要があります。しかし、いざ叱っても犬は話すことができないため、「本当に反省しているのかな?」と不安になりませんか?

そこで、まずは犬が「叱られてしまった」「反省していますよ」といった気持ちを持った時に見せる仕草をご紹介します。下記で紹介する仕草をしていれば、しっかり飼い主さんの気持ちが伝わったと思って良いでしょう。

犬が反省してる時のしぐさ①「あくびをする」

あくびする犬

まずは「あくびをする」という仕草です。「イタズラしちゃダメでしょう」と叱った時、あくびをされると、人間ならば「ちゃんと聞いてる?」と思ってしまいますよね。

しかし、犬にとってあくびをするという仕草には2つの意味があります。1つは眠い時ですが、もう1つは強いストレスや不安に駆られている時にあくびが出てしまうのです。

そのため、この状況では飼い主さんから叱られているという状況に緊張したため、あくびが出てしまったと考えられます。なので、しっかり「飼い主さんに怒られた」という事実を把握しているということが言えるのです。

犬が反省してる時のしぐさ②「お腹を見せる」

お腹を見せる犬

2つ目の仕草はお腹を見せるという仕草です。こちらもあくびと同様に2つの意味を持っており、1つは「飼い主さんのこと大好き」という敬愛の意味を持っています。

もう1つは「あなたには刃向かいません」「ちゃんと悪いと思っているから許してください」という反省に似た意味を持っているのです。

犬にとってお腹というのは弱点に当たります。したがって、自分の弱い部分を晒すポーズというのは、「降参です」「もう怒らないでください」という意思表示なのです。人間で言うと「白旗を揚げる」と同じ意味合いがあることになります。

犬が反省してる時のしぐさ③「違う方向を向く」

柴犬

犬が悪い事をしてしまった際、飼い主さんの方をまったく見なくなることがあります。これも1つの「悪い事をしてしまった…」という犬の気持ちを表している仕草と言えるでしょう。

犬を飼っている方ならば経験があるのではないでしょうか。例えば、外から帰ってきた際、いつもなら走り寄ってくる愛犬が今日は寄って来ないため、おかしいなと思い見るとゴミ箱が荒らされていた…という例が挙げられます。

「悪い事をしてしまったから、飼い主さんに怒られちゃうな」とわかっているからこそ、飼主さんの方を見ることができないのです。

犬が反省してる時のしぐさ④「呼ぶとゆっくりと近付いてくる」

椅子の下に隠れる犬

こちらは犬自身が飼い主さんが怒っているという確信を持っていないものの、「もしかすると飼い主さん怒ってるかも…」と勘付いている時に起こす行動です。

いつもならば名前を呼ぶとすぐに寄ってくるけれど、この時ばかりはゆっくりと近付きながら、飼い主さんが怒っているか否かを確かめようとしているのです。

そのため、反省とは少し違いますが、どこかで怒られるようなことをしてしまったという罪悪感が働いているのかもしれません。

犬は「反省」よりも「怒られる」という恐怖のほうが強い

上目遣いの犬

ここまで犬が反省した時に見せる仕草ということでご紹介してきましたが、実は犬が人間と同じように、悪い事をしたら反省するということは難しいと言われています。

「反省」したから先ほどご紹介したような仕草をするのではなく、「飼い主さんに怒られちゃう…どうにかしなきゃ!」といった思いから今回ご紹介したような仕草をしているのです。

2009年に行われたある実験では、「おやつを食べてはいけません」と犬に指示し、実際に食べてしまった犬のグループと、食べずに実験者がおやつを隠してしまった犬のグループに分け、それぞれを同じように叱るという実験が行われました。

すると、実際に食べてしまった犬はもちろん、食べていない犬も同様に反省しているような仕草や表情を見せたのです。

したがって、やはり犬は反省しているから上記のような仕草をするのではなく、怒られてしまうから飼主さんを宥めようとして上記の仕草をしているという説が濃厚なのです。

まとめ

こちらを見つめる柴犬

いかがでしたでしょうか。なんと犬は反省することは少なく、飼い主さんに怒られないように「反省」と見られていた仕草をするということがわかりました。

しかし、飼い主さんがしっかりと叱ることで、自分のしたことが良いことなのか悪いことなのかということは伝わりますので、正しいしつけをして善し悪しを教えてあげるようにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 オチョン君

    反省してるふり‼︎あんなに全力でゴメンナサイしてるくせに⁈・・・確かに思い当る節はある。顔だけ背けて、目を上目遣いで心配そうな顔で私を見てる。ナルホドそうか。オチョンはその時「うわぁ〜母ちゃん怒っとるがなぁ〜どうしよ〜」って事ですな( ̄∀ ̄) アハハハ(^∇^)母ちゃんは怒っちゃいないのよ⁈あなたに危ないからいけないよ!と教えているだけなんだよ(^∇^)愛しいあなた達が悲しい事にならないように。でも、分かってくれていたんだね。ありがとうね〜(ᵔᴥᵔ)
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    ワンコと暮らして今年で10年目になります。シニアになりさすがにいたずららしいいたずらはしなくなりましたが、止めてほしいことをする時はあります。その際、○○すると○○になるから止めてくれない?と話をして止めてもらうことはよくありますが、犬に反省するという感情があるのかな~?というのが正直な感想です。止めて欲しいと伝えて止めてくれたとしても、はいはい、分かったよといったところが実際の感情なのかなと愛犬を見ていて感じるところです。
    欠伸をする、目をそらす(違う方向を向く)、お腹を見せる、全て犬のカーミングシグナルですね。興奮していたり、緊張している相手に対して、まあまあ落ち着いて、そんなに怒らないでといったメッセージだと思います。お腹を出すという行為は服従のサインとも呼ばれていますが、と同時に、ひどく緊張していたりナーバスになっている相手に、そんなに緊張しないで、落ち着いてといったサインでもあると言われています。または、これをすると飼い主さんが怒るのを止めたという記憶に基づいての行動かもしれません。
    名前を呼ぶとゆっくりと近づいてくるのは、相手の様子を伺っているのと同時に、自分は敵意がありませんよというサインのように思います。
    いずれにしても、記事の最後にあったように、反省するというよりはむしろ、怒っている飼い主さんに対して、まあまあ、そんなに興奮しないで、落ち着いて、怒らないでといったことを伝えたいのだと思います。怒っているということは伝えられているので、それで良しとする考えもあると思います。
    ただ、怒られても何でこの行為が怒られることなのかが理解出来ていないと、あまり解決にはならないのかなと思います。
    怒られるから止めておこうと従ってくれるワンコもたくさんいると思いますが、理解出来ないまま怒られたという状況はストレスをかけてしまいます。
    犬に説明しても理解出来るわけないという意見もありますが、犬は状況と言葉を関連付けて理解していく能力を持っています。私自身も愛犬がパピーの頃はいたずらに対してコラ!っと怒ってしまったことが何度もありますが、愛犬自体は???といった感じであまり効果がなかったように思います。いつもビクビク、私の顔色を伺ってばかりいる時期もありました。どれだけ怒っていたのかと今考えると、愛犬に申し訳なくなってしまいます。
    怒るのではなく、○○だから止めてくれない?と静かに伝えた方がきちんと分かってもらえるように感じています。
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま


    我が家の愛犬は両親が甘やかしているので滅多に怒られる方はありません。
    よって、あまり反省している姿を見た事がありません。

    しかし、あくびやそっぽを向くといった動作もワンちゃんなりの反省している姿だとすれば、何回かそのような姿を見た事があります。

    特に怒られている最中にあくびをされると飼い主としては「こちらの言ってる事が分かってないのでは?」と余計に腹が立ってしまいます。

    ですが、あくびをする事によって怒られている状況を理解しているというサインとも捉える事が可能です。

    行動に示すかどうかは別として怒られる事によって愛犬は少なからず反省の感情を抱いていると考えられます。

    中には悲しそうな表情をして飼い主に謝罪の念を述べようとするワンちゃんもいるので、反省の態度が見られないからといって余計に怒る事が無いように気を付けていきたいです。
  • 投稿者

    女性 名無し

    強く噛まれた後とか、皆さん叱りますよね?手とかをペロペロしてくるのは、反省してるように見えますが、実は「もう僕に逆らうんじゃねぇぞ」って意味らしいです?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。