犬が布団に入りたがる5つの理由

犬が布団に入りたがる5つの理由

お気に入りに追加

寝ようとすると愛犬が布団に一緒に入ってこようとすることはありませんか?人間にとって至福の時間・睡眠をとる場所である布団の中ですが、犬も同じ気持ちなのでしょうか。今回はなぜ犬は布団に入りたがるのかという点について見ていきましょう。

156847view

なぜ犬は布団に入りたがるの?

布団に乗るトイプードル

人は寝る時、布団に入って眠ります。すると、そこにノソノソと愛犬が入ってくる、ということはありませんか?犬はなぜ飼い主の眠っている布団に入りたがるのでしょう。その理由を5つご紹介します!

①飼い主と離れたくないから

飼い主に抱きつく犬

まずは「飼い主さんと離れたくない!」という理由が挙げられます。とても甘えん坊な犬の場合はこの理由から布団に入ってきている可能性が高いでしょう。

また飼い主さんが日中は仕事をしており、外出中にあまり構ってあげる事ができないのであれば、その時間を寝ている間に一緒にいることで埋めようとしている可能性も考えられます。「今日は一緒にいる時間が短かったから、寝ている間だけでも一緒にいたい」という健気な気持ちが行動に現れているのです。

「今では毎日布団に入ってくる」という犬の場合には、この行動を繰り返すことによって、最終的にはこれが習慣となってしまい、布団に一緒に入ってくるようになっているのです。

②寒さを凌ぐため

布団にくるまる犬

もしも寒い季節のみ、布団の中に入ってきているのであれば、寒さを凌ぐために温かい布団の中に入ってきている可能性が高いでしょう。

犬も同じように寒い時には暖かい場所で寝たいと思います。そのため、飼い主さんが入っている布団ならば、布団が寒さから凌いでくれますし、尚且つ飼い主さんの体温で中がより暖まっていますので、最高の場所と言えるでしょう。

犬には寒さに弱い犬と強い犬がいますので、寒さに弱いとされる犬がこのような状況で布団に入ってくる場合には、多くの確率で寒さを凌ぐことが理由となっています。

③飼い主の匂いがするから

女性と一緒に寝る白い犬

多くの犬は飼い主さんが大好きなため、飼い主さんの声を聞いたり、匂いを嗅ぐことで安心感を得ています。寝ている間は安心感が欲しいと思うのは人間だけでなく犬も同じなので、飼い主さんの匂いのする布団の中に入ってくることがあります。

特に飼い主さんが外出が多い場合、多くの時間を不安で過ごしています。「まだ帰ってこないのかな?」「早く飼い主さんに会いたいな」と感じているはずです。

そのため、夜仕事から帰ってきた飼い主さんの匂いを嗅ぐことで、その不安を解消するという意味もあります。布団に入ってしまえば、寝ている間は一緒にいられますし、匂いも夜通し嗅いでいられるため、布団の中は犬にとって安心が詰まった場所となります。

④布団が快適だと知ってしまったから

ベッドでヘソ天する犬

こちらは人間と同じような理由です。普通に床に寝るよりも布団の中で寝る方が遥かに居心地が良いですよね。また眠りにも就きやすいでしょう。

犬も同じように、一度布団の中で寝てしまうと、「眠る時はここ(布団の中)が快適だ!」と覚えてしまうため、またその快適さを求めて布団の中に入ってきているのです。

ここまでご紹介してきたすべての理由に繋がるものがありますが、やはり犬も安心で快適な場所を求めるのは人間と同じです。多くの犬はそれを理由に布団に入ってきているのでしょう。

⑤飼い主を下に見ている可能性

黄色いカーテンと犬

そして最後にご紹介する理由は、「飼い主を下に見ている」か「飼い主と同等の立場だと思っている」という飼い主さんにとって聞き捨てならない理由です。

犬社会において、上位と見なしている犬の位置に下位の者が立ち入ることは許されていませんでした。この習慣は人間と過ごすようになった今でも残っているとされています。

したがって、飼い主さんのことをきちんと自分より上の立場の人だ、リーダーであると認識している場合には、通常飼い主さんの寝る場所である布団の中に自分から入ってくるということはないのです。

飼い主さんが座るソファなどでも同じ事が言えるのですが、毎日必ず入っていく場所である布団に入ってきているのであれば、すでに自分より上の立場だとは認識していない可能性があります。

犬は布団に入れない方が良い?

犬と添い寝をする女性

先ほどもお話しした通り、犬は自分より上位として見なしている者の場所には立ち入ろうとはしません。そのため、犬の方から自分で布団の中に入ってくる場合には、飼い主さんのことをリーダーとして認識していない可能性が高まります。

もちろん、中には一時も離れたくないという究極の甘えん坊である可能性もありますが、多くの場合は「自分と同等の人間」として見ています。

しかし、これが続くと「同等の人間」から「自分より下位の者」とエスカレートしてしまい、飼い主の言うことを聞かなくなってしまう恐れがあります。

したがって、布団には余程の理由が無い限り、なるべく入れないようにした方が、今後の上下関係をしっかりと作っていく上では良いでしょう。

まとめ

布団の上で寝るチワワ

いかがでしたでしょうか。犬が布団に入ってくる理由の多くは、飼い主さんと少しでも長く一緒にいたい、安心感を得たいという可愛らしい理由でした。

しかし、毎日のように一緒に布団で寝ていると、上下関係があやふやになってしまう恐れもありますので、一概に良い事とは言えません。ぜひ愛犬との接し方には、上下関係も考慮した接し方をするように心がけましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    うちのワンコは、お布団が大好き❗
    呼べば中に入ってきますが、自ら進んで入りません。身体が暖まれば、布団の上に移動してます。冬はお互いに暖をとってます❗
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    リーダーシップを取るべきで、その為に一緒に寝ないというのはよく聞くことですが、経験上一概に流布されるのはナンセンスだと感じています。
    外で飼うより家の中で。別に寝るより一つの布団で。とすることでよりお互い愛情が強くなることが多いです。何のために犬を飼うのか、によりますが、家族として迎えたのであれば出来るだけ生活を共にする事が、より大切な存在として感じられる方法とも言えます。もちろん、家族構成や犬の特性にもよって検討すべきことでもあります。
  • 投稿者

    女性 匿名

    雄のジャーマン・シェパードとずっと暮らしています。先代のシェパが高齢の時は低体温症対策で毎日あんかで暖まった布団に一緒に寝ていました。最期まで24時間付きっきりの介護が出来て良かったです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 野バラ

    東日本の地震以来 ゲージに寝かせていたが地震に怖がるからベットで一緒に寝ました。地震が落ち着いたので元に戻しました。それが何日かするとゲージから無理矢理出て階段を上り二階まで上がりベッドに入ります。ヨークシャテリアなので骨折も心配で五年一緒に寝ていました。ところが 1月の寒い夜いつもの様に二階へ なかなかベットに入りません。階段から下りたいようです。それからは一階のこたつの中で(電気カーペット)猫と寝るようになりました。今年13才になります。

  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    うちは、トイプードルが2匹居ますが
    1匹は布団に入ってきます!
    そして、腕の中で寝てくれるのですが
    少しすると足の方に行ってしまいます。
    もう1匹の方は、掛け布団の上で
    足元に寝てます(๑・̑◡・̑๑)
    お休みの日のお昼寝も
    毎日夜寝るときも
    どちらも私の顔より上で
    寝ることがないです!
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    チワワ2歳、パピヨン3歳、昼間は仕事なので2匹ゲージで賢くお留守番。
    一緒に居られる時間は一緒に居たいので、同じベットです。
    長生きでも20年前後・・・夜も休みの日も一緒に過ごせる時間は大切にしたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。