犬のアレルギーの原因は食べものが多い!その理由を知ろう

【獣医師監修】犬のアレルギーの原因は食べものが多い!その理由を知ろう

食物アレルギーになりやすい物や、それに対する療養の仕方から、アレルギー症状が起こりにくいワンコの本質に近づいたドライフードの紹介させていただきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬が痒がる・毛が抜ける…アレルギーかも

かゆい犬

愛犬が耳の辺りをかきむしったり、換毛期でもないのに、やたらと毛が抜け落ちた又は脱毛していたりしていませんか?

もしそうだとしたら、アレルギーを起こしているかもしれません。

そして幸い今のところは大丈夫だと思っている方も、いつどんなタイミングで愛犬がアレルギーを起こすかは分からないですよね?

なので、今回はワンコがアレルギーにならない為にはどう対策を取れば良いのかを、主に食事面をメインにお話ししていきます。

では主にワンコは何が原因でアレルギーを起こすのでしょうか?

一番最初に考えられるのは食べ物だと思いますが、実は花粉やハウスダストといった空気中の物質でも症状が出てしまう子もいます。この点では人間と同じですね。

食物アレルギーが多い

穀物アレルギー

でもやはり圧倒的に食べ物の方が多いのです。

そして主なワンコのアレルギーの原因となる食べ物の例を挙げていくと、大豆、牛乳、卵、肉や魚等ですが、小麦粉をはじめとした“穀類”でアレルギーが起こることもあるのです。

そしてその穀類は普段ワンコが食べているドライフードに多く含まれているんです。

なので愛犬をアレルギーから少しでも守りたい方は、なるべく穀類を避けるフードを探してあげたほうがよいでしょう。

もちろん中には穀類以外での物で症状が出るワンコもいるので一概には言えませんが(我が家の愛犬は葉物野菜アレルギーです)それだけ多いので念のため注意して下さい。

アレルギーになってしまったら?

では、もし仮にワンコがアレルギーになってしまった場合どうしたら良いのでしょうか?

まず一番先に行うのは動物病院に連れて行く事ですが、その後はワンコに食事療法によって免疫力をつけさせてあげます。その為には、消化の良い物を食べさせてあげるのが良いそうですよ。

そして人の場合、消化の良い物と言ったらウドンやお粥といった穀物になりますが、ワンコにとっての消化の良い食べ物は何だと思いますか?
実は“肉類”なんです!ちょっと驚きですよね!

ワンコの消化器官は人間よりもずっと短くできているので、タンパク質をエネルギー源としています。こういう構造から、ワンコには肉類が最適なのだと言えるのだそうです。

ただしここでは“穀類”のアレルギーの事を言っているので、決して“肉類”アレルギーのワンコには行わないで下さいね!

オリジン レジオナル・レッド

オリジン レジオナル・レッド

では最後に、穀物によるアレルギーを避けたい飼い主さんにオススメのドライフードをご紹介します。

カナダにあるチャンピオンペットフーズ社から出ている「オリジン レジオナル・レッド」です。

この製品は主にイノシシや羊肉、日本では珍しいバイソン肉が豊富に含まれていて、もちろん穀類はほぼ入っていない、ワンコの本質に適したフードなんです!
是非一度お試し下さい♪

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。