犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある5つのこと

80424view

犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある5つのこと

愛犬は大好きな飼い主さんとずっと一緒に居たいと思っているでしょう。しかし、飼い主さんのとある行動によって「捨てられた!?」と感じてしまうことがあります。この記事では、犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある5つの行動をご紹介していきます!

捨てられた!?と犬は感じるかもしれません

悲しい表情の犬

犬は人間の言葉が分かりませんよね。どんなに「必ず迎えに来るから待っててね」と話しても理解はできないものです。特に、初めての場所や慣れない所に自分だけ置いていかれると「どこにいっちゃったの?僕は置いてくの?」と受け取ってしまうかもしれません。
今回の記事では、そんな「犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある行動」のよくあるものをご紹介したいと思います。犬を飼っている方は、ご自身の愛犬の反応と照らし合わせて見てみてください。
では、さっそく見ていきましょう!

犬が捨てられたと勘違いする行為1:ペットホテルに預ける

ペットホテル

飼い主さんがどうしても行かなければならない用事や旅行がある場合、犬の同伴が不可能ならばペットホテルに愛犬を預けますよね。何度も利用していて慣れているワンちゃんは大丈夫だと思いますが、ペットホテルを初めて利用するワンちゃんの場合は「僕(私)だけ今日からここで暮らすの?」なんて思ってしまうでしょう。

犬が捨てられたと勘違いする行為2:迷子になった

チワワ迷子

不注意にも散歩中に飼い主さんとはぐれて迷子になったり、家から何かの拍子で脱走した場合、始めは周りの環境に夢中で気づかないかもしれませんが、時間が経ってふと「あれ?飼い主さんがいないぞ」と気づきます。そして「どうしてひとりぼっちでいるんだろう?」「飼い主さんは僕(私)を置いていっちゃったんだ」と思うかもしれません。

犬が捨てられたと勘違いする行為3:長時間お留守番させる

お留守番する犬

寂しがり屋のワンちゃんの場合、飼い主さんが長時間居ないことによってとても不安になります。そして、ストレスが溜まると「もう二度と帰って来ないのかな」と諦めてしまうかもしれません。外国では犬を6時間以上留守番させてはいけないなどのルールがある国もあります。それぼと留守番が愛犬に与えるストレスというものは大きいのであると自覚を持ちましょう。

犬が捨てられたと勘違いする行為4:他の人に預ける

他人に吠える犬

これもペットホテルに預ける場合と似ていますが、知人に預ける場合も同様に「捨てられた」と感じるでしょう。新しい環境も楽しめるフレンドリーなワンちゃんでなければ、飼い主さん以外の人と過ごすことは不安でしょうがないことでしょう。

犬が捨てられたと勘違いする行為5:動物病院に入院させる

入院する犬

動物病院に入院する、ということは何かの病気や手術を行ったという状況です。その不安や痛みが伴う状況で、飼い主さんが側におらず、ひとりぼっちでケージの中で過ごすことは「こんなひどい目に合わせて、僕(私)のことを見捨てたんだ」と感じるでしょう。病気や怪我での入院は必要なこととはいえ、なるべく入院というイベントが起こらないように日頃から気をつけてあげたいですね。

まとめ 

泣きそうなパグ

いかがでしたでしょうか?
「犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある飼い主の行動」を5つ見てきました。あなたが愛犬にしてしまった行動や、「うちの子は○○をしたら、捨てられたと思っていた」など他の例もありましたでしょうか?これらの行動は基本的に犬に大きなストレスを与えてしまう行為なので、なるべく避けるように心がけましょう。より多くの飼い主さんと愛犬が、ストレスなく、信頼し合う関係を築いて幸せな生活が送れますように!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 丸ちゃん

    パピヨン犬1才の時に、膝の手術4回目は、約4ヶ月入院して退院した時の声はハスキー声になっていました。声が枯れるまで毎日鳴いたんだな?可哀想でした。その時はワンちゃんは、捨てられたと思ったのかな?私は、そんなつもりが無いから毎日足の膝の具合ばかり気になっていました。退院してから毎日ベッタリで一時も離れたくないみたいですから、過保護に育てております。入院の時は、、ずっと病院のケ-ジの中だったから今も家のケ-ジは嫌がる。寝るのも一緒で、ずっと毎日ベッタリしています。可愛いワンちゃんです。
  • 50代以上 女性 匿名

    この記事を読んでとても不安になりました。ペットホテルに預けなければならない等、ストレスを与えることはわかっていながらやむを得ない、避けられない事情が生じた時、飼い主に出来ることなどどなたかアドバイスお願いいたします。
  • 50代以上 女性 だいふく

    ペットホテルを利用する事は、可哀想な事でしょうか。躾の学校にペットホテルがありますが、お留守番の練習をしたいと思っています。自宅では、私がゴミを出しに行くのもパニックになりガラスを割ってしまう状態です。仕事中は事務所で、お留守番出来る様になりましたが、やはりワンコには飼い主である私と離れるとストレスなのでしょうか
  • 50代以上 女性 ベータママ

    だいふくさん

    全てを見ているわけではないのですが、文面からすると今の状況は「飼い主」と「犬」ではなくて「召使い」と「ボス犬」になっているのではないでしょうか?簡単に分離不安によるストレスなどと考えずに真剣に躾を考えてみませんか?だいふくさんの犬は興奮しやすい犬ではないかと推測できますので、「待て」をどれくらいの時間できるか、どれくらい飼い主と離れても実行するかなどパターンを変えてやってみてはいかがでしょう。今のだいふくさんの犬はたぶん「待て」を掛けられても穏やかに待つことができないと思います。「待て」を掛けて時間が経っても待てる犬は、自然と姿勢が「お座り」から「伏せ」に変わり、穏やかに待つのです。だいふくさんの犬はどうでしょうか?ストレスを疑う前に穏やかに待つことを教えてみてはいかがでしょう?
  • 50代以上 女性 だいふく

    ベータママさん、ご指導ありがとうございます。うちのワンコは「まて」「お座り」 「お手」「ハイタッチ」はします。食事前の「まて」はある程度待てる様なのですが、お散歩中に車や人が通ったりすると「まて」が出来なくなる事があり、飛び付こうとします。今、練習中ですが、やはり堪えられない時がある様です(T-T)出来ると誉めてやりますが、暫くするとまた飛び付こうとします。根気ですね。おっしゃる通り私は「召し使い」的存在なのかもしれませんね。ワンコが一歳半の時に里親になり戸惑う事が多い毎日です。私の姿が見えなくなると、また捨てられると思うのでしょうか。あれから、ゴミ捨ては待って居られる様になりましたが、家でお留守番は出来ない状態ですね。仕事も一緒に居られる様にと、変わりました。結構、ワンコ中心になってしまっていて、これではいけないですね(+_+)
  • 30代 女性 ちーしゃん

    私は愛犬が5〜6ヶ月の頃から自分が旅行に行くわけでもないのに、あえて1泊ペットホテル(通っていた幼稚園がホテルもやっていたので)に預けたりしてました。もちろん信用できる、犬自身も大好きな場所です。
    これを、たまにやることにより実際にほんとに出張などで預けなきゃいけないことがあってもうちの子は「必ず迎えにきてくれる!しかもここは楽しい。」という感じになっています。
    最初にコメントしていた方、今はベッタリ、過保護に過ごしてますとおっしゃってますが、あなたが病気や怪我でいなくなったらその子はどうなるんでしょうか?
    私はそういう もしものことを散々考えてからうちの子を迎えました。
    震災があった場合、自分が怪我や病気でそのコと一定期間離れなきゃいけない場合、様々なことを考えていくつかの頼れる場所を作ってます。(それはホテルもやってるトリミングサロンだったり、躾教室だったり、)
    言葉が通じない犬たちにとって少しでも不安要素を取り除いてあげるためにどうしたらいいのか、犬にとっては結果しかわからないです。
    飼い主がいない預けられてる時間が、楽しいお泊まり保育になるか、捨てられたと思って悲しみの中過ごすかは飼い主にかかってると思います。
  • 女性 匿名

    以前やむなくホテルに預ける時、心配で心配で朝すぐに駆け付けたんですが、優しいお姉さん達に囲まれてすごく楽しそうでした。人懐こい犬だし、順応性が高いので自分が思ってたより感動の再会にはなりませんでした…笑
  • 50代以上 女性 匿名

    今まで祖父の代から多くの犬を飼ってきましたが、これらの事が大丈夫な犬もダメな犬も、いました。我が家の傾向では比較的 日本犬は「捨てられた感」を抱く犬が多かったです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんホンポ掲示板(仮)

人気のトピック

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。