なぜ犬は色々な物を集めるのか?

なぜ犬は色々な物を集めるのか?

全ての犬がそうとは限りませんが、犬は色々な物を集めては隠したり、自分の寝床に運んで『カミカミ』したりします。どうして犬はその様な事をするのでしょう?犬って何でもコレクターなのでしょうか?今回は、そんな犬の心理に迫って行きます。

はてな
Pocket

なぜ犬は色々な物を集めたりするのか?

物集め

太古の時代の男性は、沢山の獲物を狩る、つまり集める事が出来れば飢える心配がなく、余ったら他の部族や獣に盗られない様に隠していました。これは男性の本能がさせる行動だとされています。

犬によっては色々な物を集めてくる場合もある様ですが、これも本能なのでしょうか?
早速紐解いて行く事にしましょう。

理由①野生の本能

様々なモノを集めている犬

犬が物を集めるのは【野生の本能】がそうさせるのです。
生活の上で支障を来すのならば本能の抑制はある程度必要ですが、それほど生活に支障がなく誤食や誤飲に繋がりそうなものでなければ叱らず、そのまま自由にさせてあげましょう。極端に本能を抑制させてしまうとストレスの原因になりますので、壊されても良い物を使用して愛犬の行動を見守ってあげて下さい。どうしても壊されたくない物は、愛犬の手の届かない場所に置きましょう。

理由②遊びの一つ

楽しむ

犬は遊びの一つとして物を収集する習性あります。自分の好きな物を、お気に入りの場所で遊ぶためにする場合もあります。誰にも邪魔されず独り占めにしてゆっくり楽しみたいと言う心理が働く様です。

理由③大好きな主人の匂いを嗅ぎ常に感じていたい

スリッパにくっつく犬

大好きな主人の匂いを嗅いで常に感じていたいために、主人の靴やスリッパなどを自分の寝床やお気に入りの場所に持ち込んでしまうのです。これは犬の習性によるもので、安心感に浸り自分の心を癒すための行動だとされています。

犬が集めた物を取り返すには?

オヤツと交換

犬が集めて来る物は結構執着している物が多いのです。ですから口で言ってもなかなか返してくれません。
かと言って無理やり取り上げてしまうのは得策ではありません。無理やり取り上げたりすると信頼関係にヒビが入る可能性がありますので、好物のオヤツなどと交換する方法が良いでしょう。

犬が集めて来た物を定期的にチェックする

危険な物

家の中で手に入れて運び込んだ物を貯め込んでいる可能性があります。中には犬にとって危険な物があるかも知れませんので、危険な物がないか【定期的にチェック】する事をお勧めします。もし危険な物があったら直ぐに取り除きましょう。

まとめ

人間には食欲・睡眠欲・排泄欲・知識欲があります。これらの欲求が命令によって制止されたら生きて行けません。
犬の物集めを制止させても死にはせませんが、物集めを何度も制止していると犬はストレスを感じ、場合によっては体調を崩す事だってあり得ます。それに叱ってばかりいると、信頼関係に影響を及ぼす可能性が予想されます。

叱る

この行為をどうしても止めさせたいのなら、叱るのではなく犬に『止めたら良い事がある』と学習させる事です。それにはお気に入りのオモチャや好きなオヤツなどで釣って、気を逸らせる事が最も良い方法だと思います。そして、持って行かれたら困る様な物は愛犬の目の届かない場所に隠しておく事です。
犬の物集めは趣味でやっている訳ではありませんので、出来るだけ犬の本能や習性を殺さない様に躾けて行くのが大事ではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 あい

    昔実家で飼っていた犬が収集癖があった気がします。外飼いだったので犬小屋があったのですが、その奥の方に骨やらボールやら犬にとってのお宝的なものをあつめていたみたいですね。掃除で犬小屋の中を触ろうとすると慌てて取り戻しにきていたのを思い出しました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。