犬があなたを信頼している時に見せる4つの愛情表現

犬があなたを信頼している時に見せる4つの愛情表現

お気に入りに追加

幸せを感じている犬は、愛情表現をたくさんしてくれますよね!中でも、あなたを信頼している時に見せる愛情表現があります。この記事では、あなたを信頼している時に見せる仕草や、逆に信頼を損ねてしまう飼い主さんの行為もご紹介していきます。

113608view

愛犬に信頼されていますか?

カメラ目線の犬

ワンちゃんを飼っている人なら、愛犬が自分のことを信頼してくれているかどうか気になりますよね。
そして、犬は信頼している人にだけ見せる仕草があります。
この記事では、愛犬があなたを信頼しているときにする愛情表現を4つ挙げていきたいと思います。
また、注意すべき信頼を損ねる行為もご紹介していきます。
では、さっそく見ていきましょう。

その1:落ち着いて見送る

ドアの隙間から見つめる子犬

あなたの愛犬は、お留守番のときどのような反応であなたを見送りますか?
「行かないで!」と吠えたり、不安そうな表情をするならば、あなたがまた帰ってくるのかどうか不安になっているのでしょう。
一方、飼い主さんと信頼関係がバッチリ築けているワンちゃんは、「いってらっしゃい。」と余裕な態度で見送ります。あなたが必ず帰ってきてくれると信じているのでしょう。

その2:寄り添って眠る

飼い主と一緒に寝る犬

あなたに体の一部をピタっとくっつけてウトウト眠る行動をよくする場合、あなたのことを信頼していると言えるでしょう。
信頼している飼い主さんの側にいると、犬は安心して休むことができます。

その3:おなかを見せる

おなかを見せて嬉しそうな犬

あなたにお腹を見せて寝転び、笑顔でしっぼを振っている場合は信頼して愛情表現をしています。
こちらも愛情表現のお返しとして、優しく撫でてあげましょう。
一方、警戒していたり、嫌いな相手には急所であるお腹は決して見せません。
ですが、とても恐怖を感じたり、自分より強い相手に対して「降参!」の意味を表すためにお腹を見せる場合もあります。この降参のサインと愛情表現のサインの違いを見分けられるようにして、恐怖を感じていそうな時はストレスを感じないように守ってあげましょう。

その4:一緒にいると笑顔

笑顔のチワワ

柔らかな目で、口角が上がって楽しそうにあなたを見つめているときはありませんか?
いつもそういう状態ならば、あなたといることが幸せで信頼している証です。

注意!信頼を損ねる行為

叱られる犬

体罰や厳しすぎるしつけ

殴る蹴るなどの体罰はもちろんいけません。信頼など得られるはずはありませんが、厳しすぎるしつけもよくないのです。
命令が多く自由度の少ない生活を強いられていると、飼い主さんの言うことは聞きますが、心から信頼するということはないでしょう。

統一されない指示

愛犬に愛情を持って接している素晴らしい飼い主さん。しかし、飼い主さんが発する指示の言葉(コマンド)や指示の後の反応はいつも同じで統一されていますか?
たとえば、名前を読んで呼び寄せた後、褒める場合や叱る場合などバラバラになっていませんか?(名前に反応してほしいならば、名前を呼ばれたあとはいつも良いこと=褒められることが起こるように覚えてもらうのが良いのです。)

このように、統一されない反応や指示では愛犬が混乱してしまい、そして信頼されないようになってしまうのです。

まとめ

飼い主と手を合わせる犬

いかがでしたでしょうか?
信頼されているときの愛情表現として、

  • 落ち着いて見送る
  • 寄り添って眠る
  • おなかを見せる
  • 一緒にいると笑顔

の4つをご紹介してきました。

あなたの愛犬も見せる仕草はありましたか?
当てはまったものがあって嬉しい方、当てはまるものがなくてちょっと残念だった方…。
残念だった方も、愛情表現にもワンちゃん一匹一匹に個性があり、ここにある仕草だけではありません!
あなたの愛犬をよく観察して、愛情表現を敏感に受け取ってあげて下さい。きっとあなたの愛犬もあなたのことが大好きで何かサインを出しているはずです!
この記事が少しでも素敵な信頼関係を築くヒントになって、幸せなワンちゃんと飼い主さんが増えますように。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 アイカ

    自分の愛犬に信頼されているかどうか聞かれたら、すごく迷います。もちろん、毎日一緒に暮らし、お散歩にも連れて行き、お世話をしているので信頼されている!と自信を持って言いたい所ですが、実際はどうなんだろう?と考えたことがあります。ただ、よく考えてみるといつも私の側へ来て寄り添って寝ています。お腹を見せて寝ていることもあるので、完全に家には敵がいないと思ってリラックスしていると思います。落ち着いて見送ってくれているか分かりませんが、吠えたりはしません。記事の中の意見を踏まえてみると、愛犬は一応私のことを信頼してくれているんではないか?と思いました。犬にとって安心な場所を作ってあげられることは飼い主にとっても嬉しいことですよね。これからもみんながハッピーに過ごせるように頑張りたいです!
  • 投稿者

    30代 女性 セリ

    飼い犬には誰よりも信頼されたいです!
    私のことを甘く見ているのではないか、私のこと信頼しているかな、とたまに不安に思うことも昔はありましたが、きっと時間が私と愛犬の関係を確固たるものにしてくれたと最近では自負しております。
    昨年愛犬が夜急に体調を悪くしたことがありました。普段は私のベッド脇で寝ている愛犬が、夜中私の枕元にきて肩を叩くのです。
    どうしたの?と目を開けた瞬間、ゲロゲロゲロ~と嘔吐しました。
    わざわざ私の枕元でゲロを吐かなくても、とも思いましたが、具合が悪くなって私に助けを求めに来たのでしょう。弱ったときには私、きっと頼りにしているからです。やっぱりこの子には私なのね、と主人に自慢しました。
  • 投稿者

    20代 女性 シーナ

    4番目のもの以外はとりあえず当てはまるので合格ラインでしょうか?口角をあげて口を開けていることはありますが、走り回って疲れてハアハアしている時などなのでちょっと違いますよね(;^ω^)確かに子犬の頃は留守番をさせようとすると不安げについてきて、ドアが閉まったとたんキュンキュン鳴いていました。でもものすごく短い留守番をくり返しくりかえしやっていたら段々慣れてきて、今ではベッドに寝たままお見送り&お出迎えというだらけっぷりです(笑)でもこれも「飼い主は出かけても絶対帰ってくる」という信頼というか、安心感から来るものなんでしょうね。そう考えるとうれしいです。寝る時は私のベッドに乗って、ペタッと背中を付けるようにして丸まって寝るので、この時は確かに安心しきっているんだろうなぁと感じます(*´ω`*)
  • 投稿者

    40代 女性 あひる

    5歳のオスのポメラニアンを飼っています。4つともほぼ当てはまると思いホッとしました。
    でも家族には全く態度が違います。出掛ける時はもう大騒ぎ!準備をしてる段階からずっと付きまといながらワンワン吠えまくりうるさくてたまりません。でも玄関の戸が閉まった途端、ピタッと吠え止むのです。 なんとかして静かにさせたいのですが、これは家族が努力をしなくてはいけないのでしょうね。
  • 投稿者

    女性 Kaeko

    久々にほっこりした記事でした。犬が大好きな方の多くは、飼い犬が自分を信頼してくれている姿を見た時や感じた時に、すごく充実した気分になると思います。私は自分がソファーに座っている時に、愛犬が側にやってきてピッタリ寄りかかりながら寝てくれている姿を見る度に、最高に幸せな気分になりますよ。また、犬も幸せだったりすると表情に出ますよね!いつまでも笑顔でいさせてあげたいと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    「落ち着いて見送る」これはできますね。毎朝私が出かける姿を「どこ行くの?」ときょとんとしながら見送ってくれています。
    眠る時は同じ部屋ですが、愛犬は自分のベッドがあるのでそちらで眠ってます。たまに夜中に私の存在を確認しているようなので信頼されてはいるのかな?と思います。
    愛犬も16歳になるとさすがに怒られるようなことはしなくなりますね。体罰なんてもってのほかです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    何時もありがとうございます?とても参考になります❣️
    我が家の夢ちゃん2歳半から全盲で今年7月に14才になり急に方向感覚が鈍く耳も聞こえ難いです!どの様に接して上げれば良いかと悩んで居ます。何か良い方法を教えて下さい。お願いします?
    匿名の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。